別れたばかりの男と付き合うのは要注意!落とすのは簡単だが、速攻で飽きられる可能性大?!

男は、心に傷を負っている時、ひたすら一人になりたいと考えるケースと、めったやたらに性欲を発散したいと考えるケースに分かれます。

後者だと、女性にとっては落とすのは簡単。

ただし、その恋を長続きさせるのは、おそらく至難の技でしょう。

ここでは、

別れたばかりの男の心理と、上手な接し方

について解説します。

心の傷を女性で穴埋めしている?!

愛する女性と別れた男性は、しばらく悲嘆に暮れることが大切です。

ただ悲しむだけで、やがて気持ちが整理されていき、自然と、「また、本気で人を愛したい!」と思うようになってきます。

 

しかし、そうした苦痛と向き合うことから逃げ、

 

誰かと付き合いさえすれば、その愛で心が慰められんじゃないか……?

 

と考えてしまう人もいます。

 

そんなに男性にあるのは、「とにかく誰かと付き合わねば!」という目的意識です。

手っ取り早く、セックスの相手を見つけて、男らしさや男としての能力を証明し、自分を癒そうとするのです。

 

このような男性は、例えるなら、まるで、

空腹なら何でも美味いと感じる状態

 

本当に美味しいもの、自分に適したものを、見極める目を、まるで持ち合わせていません。

(女性を食べ物に例えて恐縮ですが。)

ですから、女性にとって、落とすのは簡単です。

体を捧げることも含めて、ひたすらに“尽くせば”、高確率でモノにできるでしょう。

 

ただし、長期的な付き合いは期待できません。

男性は心の傷を癒し切っていないのですから、いくら尽くされても、満足感を覚えることはありません。

むしゃくしゃした気持ちを引きずったまま、次から次に相手を変えていくことを考えるでしょう。

なお、その際、自分の感情を「すぐ飽きてしまう」と表現するかも知れませんが、これはまさに、自分の心の傷と向き合えていない証拠です。

 

……逆に、

もし、あなたが、男性との長期的な付き合いを望まないのであれば、このような男性と付き合いを持つ(落としてみる)のも、悪くはないでしょう。

しかし、いつ相手からの連絡が途絶えても構わない、という心構えが必要です。

→仕事にのめり込んでいる男の恋愛観

男は「母親のようなやさしさ」からは、いずれ逃げ出す

前の女性と別れた直後だろうがなかろうが、女性から尽くされるってことは、愛されてるってことでしょ?

私と付き合いながら、その男性の心が癒されていくってこともあるんじゃない?

 

と反論したくなった方もいるかも知れません。

 

それは、「豊かな男女関係」の本来の姿を知らないからそう思うのです。

そもそも、「豊かな男女関係」というものは、男性のほうが「この女性に尽くしたい!」と思っていなくては、成立しません。

 

なぜ、前の女性と別れたばかりの男性が、尽くしてくれる女性に惹かれやすいかというと、そうした女性の行為を、「母親のようなやさしさ」ととらえるからです。

 

心の傷が癒えていない男性には、

 

“大人の男”として女性を幸せできなかった……

 

という罪悪感のようなものがありますから、そこには、「母親のようなやさしさ」こそぴったりハマるのです。

 

しかし、大人の男としての「強さ」や「自立心」は、すべての男性に“本能”として備わっています。

 

それらが目覚めようとすると、いくら自分に尽くしてくれようが、

いえ、

自分に尽くしてくれるからこそ、別の相手を探さざるを得ない

のです。

 

それが、言わば、正常なのです。

→どんな男にも必ず眠っている「男らしさ」

やさしくしたからって、貸しをつくった気になってはダメ

これを聞いて、

 

じゃあ、前の女性と別れた直後の男性と付き合い始めたら、絶対にハッピーエンドにはなれないの?
と思った方もいるでしょうが、そうとも言い切れません。

大事なのは、恩着せがましくしないことです。

 

「これだけ尽くしたのだから、お返ししてくれるだろう」、
「ここまでした私を裏切れるはずがない」
「この人には、“貸し”がある」

などとは、ゆめゆめ思ってはいけません。

 

相手の女性に対して“借り”があると感じている男性は、

次第に、その女性との付き合いを、重荷に感じるようになります。

そう感じだすと、何かにつけてその女性のことが鼻につくようになり、
新しい相手なら、白紙の状態から人生をやり直せるんじゃないか……?

と思うようになってしまうのです。

したがって、

今、心から愛する男性がいて、

その男性と付き合い出したのは、向こうが前の女性と別れた直後であったなら、

その男性に貸しをつくった気になってはいけません。

(これまで貸しをつくってきた気になってはいけません。)

 

条件付きでないからこそ、

「本物の愛」なのだということを、お忘れなく。

→「危険な愛情」と「真の愛情」の違いとは?

男女それぞれの失恋の処理の仕方の違い

最後に、男女それぞれの失恋の処理の仕方の違いを、

“性的”な観点から、少し解説しておきましょう。

基本的に、男性には、「愛を求める気持ち」と「セックスを求める気持ち」を混同する傾向があります。

 

要するに、

ただセックスしたいだけなのか、愛しているからセックスしたいと思うのか、自分でもよく分かっていないのです。

 

失恋直後に、やたらめったら性欲を発散したがるのは、前述のように、男らしさや、男としての能力を証明しようとしてです。

ただ、ここに、愛がなければ、まったく意味がないのかと言えば、そんなことはありません。

 

性的発散をせずにいると、頭だけで考えるようになり、人によっては、精神的に追い詰められてしまいます。

ですから、性的発散をし、“緊張を解放”することは、若干の癒しにつながります。

 

しかし、その後で、やはり、一人になって自分の感情を見つめることは不可欠です。

 

男性は、女性よりも、言葉で自分を表現することが苦手なので、何かに打ち込むなど、

「一人の世界に閉じこもって、自分の気持ちに触れること」

が、最大の癒しになります。

 

(ちなみに、性的緊張を解放することは単独でもできるので、むしろ単独でやったほうが、癒しの効果は高いでしょう。自分を慰める“自慰行為”と言うくらいです。)

→男はなぜ時折、一人になりたがるのか?

一方、

女性は、男性ほど意識しなくても、自然に自分の気持ちに触れることができます。

 

ですから、女性にとっては、友人などに個人的な感情をじっくりと語ったり、他人とコミュニケーションを取ったりすることが、癒しのプロセスになります。

 

とは言え、女性にとっても、セックスやロマンスが、自信を取り戻す手段になることは変わりありません。

 

肝心なのは、

(これは男性にも女性にも、両方に言えることですが、)

 

こんな風に自分が、セックスや、性的緊張の解放に走りたがっているのは、前の相手と別れた時の気持ちが、まだ解消されていないんだな……。

これは過去の感情からきてるんだな……。

 

と、しっかり認識することです。

 

また、豆知識として補足しておくと、あくまでも傾向としてですが、心が傷ついている時、

男はセックスに頼りがちになり、女は過食症に陥りやすくなります。

 

ですから、

・性欲丸出しの鼻息の荒い男
・やたらと拙速に体の結びつきを求める男
・肉体の誘惑ですぐに陥落した男

には、充分注意するようにしてください。

同時に、

あなた自身が、イライラ、ムシャクシャして、食欲が止まらない時にも、

 

抑圧している感情があるんだな……

 

ということにちゃんと気付くようにしましょう。

 

――「もっと自分の気持ちを吐き出したい、 整理してみたい」という場合には、『電話占い』を利用してみるのもオススメです。

過去や現在を言い当てられ、深い共感を示されると、“本当の自分”が顔を出してきます。

→親に愛されなかった人は異性関係が派手になりがち?

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らは、“ちょっと不可思議な力”を持っています。

 

本来のあなたは、もっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっともっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります