「占い」と「まじない」と「予言」はそれぞれどう違うの?
Free-Photos / Pixabay
Pocket

「そもそも占いとは何か?」を考えるために、

「占い」と似た言葉との違いから、

はっきりさせていくことにしましょう。

「まじない」とは?

まずは、「まじない」です。(「おまじない」とよばれることおのほうが多いでしょうか?)

まじないとは、

 

神仏その他神秘的なものの威力を借りて、災いを取り除いたり起こしたりしようとする術

 

のことを言います。

しかしこれは、ある程度、“今の時代”に合わせた定義であって、本来、「まじない」とは、漢字で「呪(まじない)い」と書くように、

 

特定の人物に災いが生ずるよう念ずること

 

のことを言います。

 

総合すると、

 

何らかの効果を期待して特定の行動をとること。そしてそれは、良いことにも悪いことにも用いられる

 

といったところでしょうか?

 

緊張した時、「手の平に人という字を3回書いて飲む」というのは、良い効果を期待するおまじないですね。

一方、悪い効果を期待するおまじないには、復讐や仕返しとして、五寸釘で木に藁人形を打ち付ける、といったものがあります。

→霊的世界や超常現象など“目に見えない世界”とどう接したらいいの?

ついでに補足しておくと、

「お祈り」とは、特に見返りを求めず、ただ「こうありたい」と念じること。

また、「お願い」とは、何らかの見返りを求めて、相手に要求することを言います。

 

(……こうして見ると、「呪い」と「願い」は、表裏一体とも言えますね。)

「予言」とは?

「占い」に似ている言葉で、もう一つ、「予言」というのがあります。これはどんなものでしょうか?

 

予言とは、

 

未来の出来事や未知の事柄をあらかじめ言うこと。もしくは、その言葉

 

のことを言います。

 

「預言」と書くこともありますが、この場合は意味が大きく変わってきます。

預言とは、

 

神の言葉を聞き、それを人に伝えること

 

のことを言います。

予言と違い、宗教的に特別な力を持った人が「私が聞かせてもらった神様の言葉をみなさんにもお伝えしますよ」いうことですので「何かを予測しました」というものではありません。

「予言」にしても、「預言」にしても、

 

主に未来の“社会”を見ること

 

が特徴と言えます。

→なぜ若者や女性は占いが好きなのか?現代の占いは「自分探し」の手段

…では、「占い」とは?

最後に、「占い」についてです。

「おまじない」との違い、また、「予言(預言)」との違いを踏まえると、よりはっきりと「占い」の定義が見えてきます。

 

「占い」は、辞書ではこのように記されています。

 

人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断すること、もしくは、その方法

 

「まじない」が、未来への何らかの作用を期待して行われるのに対し、

「占い」は、未来の結果について述べるわけです。

 

ですから、「占い」は、たとえ、それが当たろうが、当たるまいが、「断言する」というのがベースにあるわけです。

もう一つ、

「予言(預言)」との違いから見ると、

「予言(預言)」は、“社会の未来を見るもの”でしたが、

「占い」は、人が対象ですので、

“人間個人の未来を見るもの”であると言えます。

 

要するに、「占い」とは、

 

まだ来ない、“個人の未来の結果”に対して、はっきりと言いあらわす

 

わけですから、少し危険なイメージもつきまといます。

しかし、このことをしっかりと理解した上で、利用すれば、言い表された未来に対して、人は「備える」ことができます。

そして「注意する」ことができます。

(もちろん、「期待する」こともできます。)

 

だからこそ、「占い」には冷静な態度で耳を傾け、

自分のために正しく利用することが肝心なのです。

 

おすすめの記事