白馬の王子はすぐ帰る?あなたが男性と付き合っても3ヶ月そこらの短期間しか続かない理由

やっと巡り会った、白馬の王子様と思っていたら、思いの外、あっけない幕切れ。

「あれ? ちょっと待って。私、思い返してみたら、今まで付き合った人、みんなだいたい3ヶ月くらいで終わってない?」

なんて人はいませんか?

それはもしかしたら、あなたが、“1人の時間”を上手に過ごせないことが原因なのかも知れません。

というわけで、ここでは、

付き合っても3ヶ月程度しか続かない真の原因

について解説します。

「白馬の王子様症候群」の女性の恋は3ヶ月がリミット?!

いつか私にも、白馬の王子様が……

 

なんてセリフは、冗談混じりに言うことも多いですが、本格的な「白馬の王子様症候群」に陥っている女性は、案外多いものです。

この「白馬の王子様症候群」とは、簡単に言えば、“完璧な男性”を求めてしまうことです。

→「白馬の王子様症候群」になるのは父親が原因?

このような女性は、恋愛につまずいた時、

 

あの人とうまくいかなかったのは、あの人が、私の運命の人(白馬の王子様)じゃなかったからよ!

 

と、相手の男性のせいにすることが多いです。

相手が“完璧な男性”じゃなかったから、そうなることが当たり前だった、というわけです。

 

なおかつ、彼女たちにとって、彼が完璧かどうかを判断するのに、3ヶ月もあれば、十分。

よって、

彼女たちの恋は、だいたい3ヶ月そこらで終わってしまいます。

→別れても成長があれば、その恋は成功!

ですが、彼女たちは、そこで、たいして落ち込みもしません。

 

何しろ、“完璧な男性”は必ずどこかにいると信じていますし、実際、彼女たちは容姿もある程度美しく、恋愛そのものにコンプレックスを抱いているわけではありません。

 

その代わり、彼女たちにとって一番大きな問題は、

そんな“ワンクール(3ヶ月)恋愛”を繰り返していくうちに、理想はますます高くなっていくということです……。

→恋の回転寿司理論

彼は急に冷たくなったわけではなかった?!

もちろん、

 

私だって、本当は、あの人ともっと長く付き合いたかったのよ?

 

という人もいるでしょう。

 

ただ、このセリフに続くのは、

 

でも、あの人が急に冷たくなったから……。

 

といったところではないでしょうか?

実は、ここにも大きな勘違いがあります。

 

「豊かな男女関係」とは、いつまでもベタベタしていることではありません。

 

また、男とは、自分の世界に閉じこもる必要がある生き物です。

彼は、あなたとの関係が安定軌道に乗ったことを自覚し、これから先の人生や仕事といった“冒険”に備えて、戦略を立てるために、ベタベタ状態から脱しようとしていたのに、

それを、

あなたのほうが勝手に、

 

こんなに冷たくなったのは、私のことに飽きたのよ! やっぱり、私の運命の人じゃなかったんだわ!

 

と受け取ってしまった可能性があります。

→友達以上恋人未満は、恋が順調な証拠

 

こうした場合、完璧な男性を求めてしまう「理想の高さ」とともに、男女関係に対する「幻想」も、捨て去る必要があるでしょう。

 

そのためには、

「男性と女性の基本的な性質の違い」

をしっかり認識しておくことです。

性質の違いとして、ひとつ大きなことと言えば、

例えば、

女性は、怒っている時、人に話しかけることはほとんどありません。

 

そのため、

 

彼が私に話しかけてこない=彼は怒っている(自分が何かいけないことをした)

 

といった勘違いをしてしまいがちです。

 

男性は、怒ってなくても、たびたび、1人になりたがります。

1人になって、今後の見通しを考えたり、「自分はこのまま進んでいいいのだろうか?」と考え込んだり、

あるいは、いったん頭の中を空っぽにして、熱中できることに取り組んで、リフレッシュを図ろうとします。

 

これに対し、女性の場合は、心の中にある不安や、目の前の状況や、起こった出来事を、誰かに話して聞かせることで、リフレッシュを図ろうとすることが多いです。

→女は人に話すことでリラックスできる

ですから、

女性は、男性が自分の世界に閉じこもった時には、

 

これは私に飽きたとか、冷たくしているのではなくて、男として必要な経過を踏んでるんだな……

 

と、正しく理解してあげる必要があります。

→男が冷たく見えた時、それは2人の次のステージへの入口!

1人の時間を上手に過ごせる“余裕のある女”になりましょう

そんな男の性質が分かってもなお、

 

そんな“だんまりモード”に入った彼を、いったい、私はいつまで待てばいいわけ?

 

と、不安が晴れない人もいるでしょう。

前述のように、「白馬の王子様症候群」の女性は、ある程度、容姿も端麗で、自分に自信がないこともないので、

これまでは、

 

(いつまで待てばいいのかも分からないし、)こんなに私を不安にさせるならいいわ、いっそ、このまま別れちゃいましょ!

 

という判断を下してきたことでしょう。

ですが、これからは“別の方向”に考えましょう。

つまり、彼のほうばかり向くのをやめるのです。

 

彼に愛されたい、求められたい、などとばかり考えるのをやめて、あなたも、自分1人の時間を積極的に持ってみるのです。

→すぐ好きになってすぐ冷める人の心の構造

 

もともと、「男らしさ」、「女らしさ」というものは、分量は違えど、男女それぞれが持っているものです。

(男らしさの特徴の1つと言える)“他から邪魔されない世界を持つこと”で、自分らしさを取り戻せる部分は、きっとあなたの中にもあるはず。

ぜひ、自分だけの世界を持ち、1人の時間を謳歌してみてください。

 

男は、結局、そんな“余裕を感じさせる女”に、惹かれますし、だんまりモードに入った彼は、引っ張り出そうとするよりも、おびき寄せる”ほうが簡単です。

 

(そもそも、人を好きになるというのは、その人のことをもっと知りたいと思うことですから、人として奥が深い人のほうが魅力的なのは、当然のことです。)

→自立心の強い女性ほどモテる理由

早とちりせず、恋はじっくり!

……つまるところ、

あなたの恋が、どれも毎回、3ヶ月そこらで終わってしまっていたのは、以下のような、あなたの2つの早とちりが原因です。

 

早とちり❶
この世のどこかに、自分にとって“完璧な男性”がいると思い込み、たった3ヶ月で「この人じゃないな」と見切ったつもりになっていたこと。
早とちり②
2人の関係が自然になってきたのと同時に、彼が1人の時間を持ちたがるようになってきたのを、自分に飽きた、冷たくなったのだと思い込んだこと。

 

恋愛を成就させ、結婚した人たちは、

こうした早とちりはせず、

実は、ちゃんと段階を踏んで、上手に進展させています。

→プロポーズ直前でも男は必ず立ち止まる?!

惹かれ合い、交際をスタートさせた後、人は必ず、一度、

「本当にこの人でいいのかな……?」

心が揺れるものです。

 

まっすぐ“光”のように、直進し続ける恋愛というものは、ありません。

心が揺れた時

2人は、お互いの魅力を、再発見しようとします。

 

彼は、“だんまりモード”の中で、自分のことや、あなたのことを、一生懸命考え、気持ちを整理しようとしています。

 

そんな時に、あなたのほうを振り返ったら、

あなたが、心配そうな顔、もしくは、責めるような顔で、自分のほうを見ていたら、彼はどう思うでしょうか?

 

振り返ったら、もうそこにはいなくて、

「……あれ?」ということもあるでしょう。(笑)

恋愛がいつも3ヶ月そこらで終わってしまう人は、

・いらぬ早とちりをやめ、
・1人の時間を上手に過ごすことを覚え、

もっと恋愛をじっくり進めていくことを考えてみましょう。

→スピード婚はありえない?!「恋」が「愛」に変わるまでの5ステージ

 

 

 

他にもこんな記事があります