意外な落とし穴!真面目な男性との結婚は熟年離婚の可能性大

「やっぱり、恋愛する相手と、結婚する相手は別よね……」と、さも悟り切ったような考えを前面に出して、“真面目な男性”と一緒になって後悔する女性は、意外と少なくありません。

もちろん、真面目であること自体は、いいことです。

ただ、真面目を貫いている人ほど、“虚栄心”が強いことがあり、そこが問題なのです。

ここでは、

“真面目な男性”に潜む落とし穴

について解説します。

親はとりあえず「真面目な人と一緒になって欲しい」と言う

そもそも、あなたが持っていた、

『恋愛する相手と、結婚する相手は別』

という考え方は、どこからきたのでしょうか?

 

あなたが、まだ一度も結婚したことがないのであれば、実体験からそのような確信を得たわけではないはず。

既婚者や、婚姻歴のある人であっても、「一番好きな人と一緒になりたい!」という気持ちを否定する人はいません。

 

したがって、『恋愛する相手と、結婚する相手は別』という考え方は、あなたの“外”からやってきた可能性が高いです。

 

もっとハッキリ言えば、それは、あなたの親(もしくは親代わりの人)である可能性が高いでしょう。

真面目な人は、何と言っても、無難です。

とりあえず、トラブルの匂いはしないわけです。

 

その人と、実際に付き合って(一緒に暮らして)、

・どんな会話が繰り広げられるか?
・どんなに心が通じ合えるか?
・どんな風に楽しい毎日が送れるか?

といったことは、本人(あなた)以外の人は、あまり踏み込んで考えません。

 

ただ、彼らは、

 

あなたを心配しているから、とりあえず、真面目な人と一緒になって欲しい。

 

というメッセージを発しているに過ぎません。

さらに言えば、

大体、何を以て真面目と評するのか、その基準も、非常にあいまいです。

 

基本的に、原始時代の名残りから、男性は女性よりも、好奇心が強く、冒険心を持っています。

手堅く地味に、もしくは、エリートコースを順調に生きているように見える男性でも、どこかに必ず、冒険心を秘めています。

真面目で手堅く見えるその男性の冒険心が、結婚後、どこで発散させられるのか……、少しくらい不安を覚えても不自然ではありません。

 

要するに、

真面目に見える男性の真面目さが、

いったいどこまで真の意味で真面目なのかは分からない

のです。

 

ですので、

 

❌ 真面目な男=女性を幸せに導く力を持っている

 

という幻想は、いっそ、この機会に捨て去ってしまいましょう。

 

(……かといって、すべての面でチャランポランだと困ってしまいますが。)

真面目で虚栄心の強い男とは、おしゃべりができない!

何度も申しますように、真面目であること自体は、いいことです。

不真面目が「悪」なら、真面目が「善」です。

 

ただ、

 

オレは、真面目だ!

 

とか、

 

オレくらい真面目で、文句のつけようない夫(恋人)はいないはずだ!

 

というように、真面目さを“自負”しているとすれば、おそらく、その男性は、虚栄心に満ちています。

基本的に、

虚栄心の強い人と会話をしていると、

どうしても話がすれ違います。

 

なぜなら、虚栄心の強い人は、心が触れ合ってないことからくる、不満や虚しさを理解できないからです。

人が悲しみに沈んでいる時にも、平気で明るく自慢話をしたりします。

 

例えば、あなたが、

 

何となく寂しいの。

 

と訴えても、

 

オレは昇進したけど、親戚のあいつはまだ平社員だ。

 

などと、ズレたことをケロリと言ってのけます。

→自慢男のウザさの秘密

 

また、

虚栄心の強い人は、おしゃべりが苦手です。

 

彼らは、情報交換や、目的を持った話し合い以外の会話に、ほとんど興味を持っていません。

 

例えば、あなたが、

 

混んでるね。
と言えば、
仕方ないだろ。

 

と返し、

 

あ、雨降ってきた。
と言えば、
見れば分かるだろ。
てな具合です。

(何か返ってくれば、まだいいほうですが。)

日常のおしゃべりで大切なのは、情報の交換ではなく、言わば、感情の交流です。

 

真面目男性の全てがそうだとは言いませんが、もし、あなたが、

 

この人は、真面目で良さそうな人ね。
という人に出会ったら、
・話がちゃんと噛み合うか?
・他愛もないおしゃべりがちゃんとできるか?
を、注意して見てみるといいでしょう。

→“いい人”ほど面白くない理由

“善人夫婦”ほど熟年離婚する

人間たるもの、言葉が通じる相手とは、ちゃんと心も通じるかと言えば、全然そんなことはありません。

むしろ、「言葉が通じない相手(ペットなど)のほうが、心が通じ合える」と思った経験がある人も、少なくないのではないでしょうか?

 

通りすがりの相手なら、大した問題にはなりませんが、恋人や夫婦など、一対一で、しかも長く一緒にいる関係で、心が通じ合わないのは、恐ろしいことです。

 

実は、こうしたことの積み重ねが、熟年離婚を招きます。

例えば、家族の誰とも心が通じ合っていないけど、社会的には立派な存在で、家庭でも立派、そんな男性がいます。

 

そんな風に、表面的には何一つ非の打ちどころのない良識人だからこそ、周りは責めるに責められません。

そのまま、長い年月が過ぎ、ある時、何かのきっかけで、妻の鬱屈した不満が爆発する……というのが、熟年離婚のほとんどのパターンです。

 

妻の側も、そんな“完璧な夫”のそばで、“完璧な妻”を演じようとしてしまうのでしょう。

 

ですが、そんな日々は、いずれ破綻を迎えます。

特に、親としての役割を一通り終えて、自分の人生を見つめ直した時に、ついに一つの結論として、決断するのでしょう。

 

真面目な善人夫婦ほど、熟年離婚に陥ってしまうというのは、こうした理由からです。

→好きな人と結婚したはずなのにスピード離婚してしまう理由

真面目の価値を疑おう!

真面目人間にも、いろいろなタイプがいます。

人とぶつかり合ったりするのが怖いだけの真面目人間もいますし、悪いことをする勇気がないだけの真面目人間もいます。

 

とりあえず、真面目を装っていれば、人から一定の評価を受けることができます。

 

言うなれば、結局、その真面目さは、自分を守るためなのです。

 

世の中を見渡してみましょう。

真面目なのに、人生がうまくいっていない人は、たくさんいます。

かと言って、不真面目な人と付き合いましょう、と言っているわけではありません。

 

真面目であることがそんないいいことか?と、真面目の価値を正面から疑ってみると、おそらく、生きる世界はグッと広がります。

 

例えば、男性が、真面目一辺倒でなく、

 

お、あの女の人、きれいだな。

 

と言えるくらいのラフな面があって、

なおかつ、女性も、それに対して、

 

ちょっとあんた、いい加減にしなさいよ!

 

と返せるくらいの関係性のカップル(夫婦)のほうが、むしろ、心が通じ合っていると言えるのです。

 

……さて、あなたの意中の人や、パートナーは、どうでしょうか?

→なぜか「疲れた」を連発する彼の心理

話を聞いてもらうだけでも大丈夫
安くて安心 電話占いヴェルニ
 電話占いって
\ 実際どうなの?/

初回最大5,000円分の
無料鑑定 /