なぜ女は男ほど浮気をしないのか?←してるけどバレてないだけ?!

れっきとしたパートナーがいるにもかかわらず、“愛情が浮(うわ)つくこと”を「浮気」と言うのですが、

一般的には、パートナー以外の異性と“セックス”をすることが「浮気」だと捉えられています。

そして、そんな浮気をするのは大抵は男である、と思っている人がほとんどでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか?

ここでは、

女が男ほど“浮気”をしない理由と、

浮気をめぐる5つの誤解

について、解説します。

なぜいつも“浮気”をするのは男なのか?

冒頭でも述べたように、

 

パートナー以外の異性と、
「セックス」をすることが「浮気」である
⬇︎
パートナー以外の異性とセックスをしたがるのは、
大抵の場合、「男」である

 

という認識から、

 

『いつの時代も、浮気するのは男』

 

というイメージが定着していますが、まず、男と女では、浮気の定義が異なることを抑えておかなくてはなりません。

 

男にとっての浮気は、「セックス」のことで、

心のつながりはあってもなくても構いません。

 

一方、

女の場合、

浮気はあくまでも「心」の問題。

女の浮気に、セックスは必ずしも必要ないのです。

→肉体関係のない不倫をする女性の心理

また、

なぜ男がパートナー以外の異性とセックスしたい衝動を抑え切れないかというと、

男は、セックスがらみの状況になると、とたんに合理的な思考が抜け落ちてしまうからです。

 

女は、もともと性欲をかきたてる「テストステロン」よりも、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」のほうが優位になっており、

そもそも、セックスという行為に“衝動的に”走ることがほとんどありません。

多くの女にとっては、子供を育てながら、家の中をうまく切り盛りすることが、理想の人生なのです。

(また、男と違い、セックスの先にある妊娠・出産が高リスクの仕事だから、ということもあります。)

→男はとにかく見た目で選べ!

浮気をめぐる5つの誤解

このように男と女で浮気の定義が違うのに、多くの女性たちが、男も自分たちと同じだと“誤解”していることが、女性たち自身の苦しみを生んでいます。

 

ここで改めて、

浮気をめぐる5つの誤解

をまとめてみることにしましょう。

❌-①男は浮気相手に心からの愛情を寄せている

上に紹介した通りで、男は心のつながりなどなくても、たとえ、見ず知らずの女とでもベッドインすることができます。

女はどうしても戸惑いを覚えますが、これは男の脳の原始的な部分が、ホルモンに促されて起こす行動です。

ちなみに、男性のテストステロン分泌のピークは、20代後半で、女性は、30代半ばから後半が最も活発になります。(生殖年齢の終わりが近づき、体内時計のタイマーが発動するのでしょう。)

❌-②浮気しやすい性格がある

しょっちゅう相手を変える根っからの浮気性も、いることはいますが、条件さえ整えば、どんな人でも浮気をする可能性があります。

「私は絶対しない」と決めつけるのは、自分をごまかしているに過ぎません。

それより自分が誘惑に負けそうな状況を想定して、それを避けるように努めるほうが遥かに賢いと言えるでしょう。

→そもそもこんな男は選んじゃダメ!

❌-③浮気相手のほうが本来の自分に合っている

浮気相手と結婚を決めた人は、今度こそうまくいく、と考えがちです。

脳内のホルモンが、まだ恋愛状態なので、自分たちこそが最高に相性のいいカップルだと信じているのです。

しかし、データ上、愛人関係から正式な夫婦になったカップルのうち、上手くいくのは25%に過ぎません。残り75%は、結局また離婚します。

→不倫相手とは結婚しちゃダメ!

❌-④浮気はすぐバレる

実際、パートナーが浮気をしていても、最初はなかなか気づかないものです。

信頼しあっている仲だから、ことさら疑ったりせず、何となくあやしいと思っても、ただの思い違いで片づけようとします。

ちなみに、浮気のシグナルを感知するのは、女性のほうが一枚上手です。

言葉の内容と矛盾していると、一発で見抜きます。

男性はそういう能力を持っていないので、いざ妻が浮気していると知ると、腰を抜かして驚きます。

→役立つ!浮気発見テスト

❌-⑤浮気をするのは男だけ

確かに、かつては、浮気をする男性は、女性の2倍にものぼっていましたが、

最近の調査では、浮気をする割合は、男女ともほとんど変わらないという結果が出ています。

これは、仕事をしている女性が多く、経済的に自立しているのが一因でしょう。

事実、女性の浮気相手で最も多いのは、職場の同僚(特に上司)です。

→人妻と不倫する男性の特徴

女性が男性ほど浮気しているように見えないのは、男性と違って、完全犯罪並の準備と手間をかけるからです。

また、女性は自分の浮気を、男性のように公言することが少なく、同性の友人にすら話さないことがほとんどだからです。

→これが女の不倫の苦しみの正体!

 

(※犯罪といえば、男性の殺人犯はほとんどが突発的な犯行で、女性の殺人犯は8割が計画的な犯行なのだそうです。女性は、何かを決意すると、観察力、情報収集力、分析力、演技力などすべてを駆使し、長期的な戦略を考えます。)

浮気は2人の間に問題がある証拠

ここまで見てきたように、

 

女は男ほど浮気をしない

 

というのは、

確かに、ホルモン分泌などの側面から見ればその通りですが、必ずしも、そう言い切れない部分も多くあります。

 

なぜなら、

浮気は、個人の性欲や性格だけでは、片付けられない問題だからです。

男であれ、女であれ、パートナーの不誠実な行為を知ってしまった時には、ショックを受け、自分を見失いそうになってしまうでしょう。

 

しかし、

誰だって、2人の関係に不満があると、ついよそ見がしたくなるもの。

 

そうです、

 

浮気はどちらかが全面的に悪いのではなく、2人の問題

 

なのです。

 

正直な心情をお互いに打ち明け、心と心の触れ合いをきちんとしていれば、浮気の虫は絶対に寄ってきません。

浮気をしたって、2人の間にある問題が、前向きに解決するということはありません。

むしろ、新たな悩みが増えるだけです。

もし、パートナーと別れて、浮気相手と一緒になったとしてもホルモンの働きで、性衝動が高まり、盛り上がるのは、最初のうちだけで、1〜2年後には、いつもの状態に戻っています。

 

イギリスのある調査によると、長年連れ添ったのちに別れたカップルの50%は、その決断を後悔したそうです。

 

たとえ、彼の浮気が発覚しても、それですぐに関係に終止符を打つのではなく、

むしろ、これまでの2人の関係を変えるきっかけだと捉えたほうがよいでしょう。

→浮気した彼が改心できるかはココをチェック!

 

他にもこんな記事があります