彼に久しぶりにLINEするなら絶対NGな質問と話すべき話題

「女は愛されてこそ幸せ。追う恋より追われる恋をしなさい」なんてよく言われます。

しかしそれにうなずく一方で、連絡が途絶えた彼にどうしても連絡したい自分がいることも否定できないのではないでしょうか?

そりゃもちろん彼から連絡してきてくれたほうがいいのだけど、ただ待っているのも辛い……そんな人のために、ここでは、

彼に久しぶりに連絡する際、気をつけるべきこと

について解説します。




その前に『恋の原則』をちょっとおさらい

まず、はやる気持ちを抑えて、『恋の原則』についてのお話を少し聞いてください。

 

冒頭でも紹介しましたが、特に年配女性がよく語る「女は愛されてこそ幸せ。追う恋より追われる恋をしなさい」という言葉は、けっしてその人の個人的価値観ではなく、真実」です。

男には古代から培ってきた狩猟本能があり、それは女性に対しても向けられます。

自分が本当にその女性を好きかどうかを知るためにも、彼女を追いかけて射止める必要があるのです。

これは恋の始まりだけでなく、夫婦生活も含めた男女の関係全般において言えます。

 

例えば、女性が別れる決意を固めようとすると、男性が急に未練がましくなるのはよくあることです。

 

男が女を追いかける以上に女が男を追いかけ回すと、必ず男は前ほど彼女を求めなくなります。

 

そして彼女の望むことを思いやる代わりに、自分自身の欲求に目が向いてしまいます。

2人の関係において男性が“受け手”になってしまうのは、2人にとって不幸なことです。

 

なぜなら、男性は女性を幸せにすることで自分の幸せを感じる生き物だからです。

かつての狩猟は自分のためではなく、愛する人のため、家族のためだったのですから……。

さらに、ダメ押しでもう一つ、お伝えしておきます。

 

あなたが安心を得ようとして自分から連絡をした時、彼が何を言ってくれても、彼のほうから連絡してきてくれたのとは違ってそれほどうれしくはないものです。

 

それでも、連絡しますか?

▶︎はい   いいえ

 

……いずれにしても、これらを踏まえると少しは“執着”が薄れてきたと思いますので、ここからいよいよ本題に入っていきましょう。

→恋をすると執着し、人は頑固になる?!

してはいけない5つの質問

男性は普通、相手を1人に決めるまでは、2人の関係について話をしたり、明言するのを嫌がります。

男はただ、「今」を大事にし、成り行きを見守りたいのです。

 

そんな男性にこちらから連絡する時の最大のポイントは、あれこれ聞くのではなく、思いやりの気持ちを示すということです。

言い換えれば、自分が安心するために連絡するのではなく、彼の欲求を満たすような連絡をするということですね。

 

ですから、次のような質問は絶対にNGです。

①「他の誰かと会ってるんじゃないの?」

こんな聞き方は、もう(自分以外の)他の女性と会ってはいけないと言っているようなものです。

まだ2人の絆が本物になっていない段階では、他の人と会うのは一向に構わないはず。

それなのにこんな聞き方をしてしまえば、彼はあなたに対する本当の気持ちが分からなくなってしまうでしょう。

……というか、確実に冷めます。

②「私ともっと一緒にいたいと思わない?」

ずうずうしいにもほどがあります。

こんなこと聞けば、彼はあなたとの抜き差しならぬ関係を意識してしまい、「こりゃ面倒な女に関わっちゃったな……」と気が重くなってしまうことでしょう。

もちろん、もう少し恋愛が進展していたらこの質問もアリでしょうが、最初の段階でこんなセリフは禁物です。

③「一緒にいて楽しかった?」&「私のこと、好き?」

これらはどちらも「また会ってくれるよね?」ということを暗に意味しています。

また「もし、私といて楽しかったのなら、あなたも私を楽しませてね」という若干の恩着せがましさも感じられます。

男性が女性と付き合う時は何であれ、義務感は一切持ちたくないと思っています。

2人の絆が本物になっていない段階では、縛ったり縛られたりする必要はありません。

④「近いうち、空いてる時間ある?」

そもそも、いったいどういう答えを期待して、これを聞くのでしょうか?

「ヒマ人同士で、ヒマ潰さない?」ということでしょうか?

彼は気持ちが定まっていないから、連絡をよこしてこなかったのに、あなたがこんな風に、いずれ2人で会うつもりでいることをほのめかしてくると、彼は逃げ出したくなってしまうでしょう。

これは、彼に対して、「すぐに結婚して子供を作りたい?」と聞くのと同じくらい時期尚早な質問です。

⑤「次いつ会える?」

こちらは若干ストレートですが、当然、厚かまし過ぎます。

彼に向かってカレンダーを取り出して、デートの予定を入れてくれと頼んでいるようなものです。

何も営業マンじゃないんですから……。

→モテるのはいつも孤高の女!

久しぶりの連絡で「彼への思いやり」を示すための4つのポイント

あなたはきっと今、

 

あれこれ聞いちゃいけないのなら、どんなことを話せばいいの?

 

と思っていることでしょう。

 

続いて、彼に久しぶりに連絡する際、思いやりの気持ちを示すためのポイント4つ紹介しておきましょう。

①肯定的な話だけにとどめよう

悩みや不安を打ち明けるといった、暗い話題に持っていかず、肯定的な話をしましょう。

それでいて当たり障りのない話がいいです。

 

例えば、

 

あなたが勧めてくれたあの映画、オンラインで観たよ。

私もすごく気に入っちゃった、あのシーンがね……。

 

とか、

 

この前の夜はすごく楽しかった。

あのレストランの食事ってどれもおいしいわよね。

 

とか、

 

一緒に行ったあの舞台、すごくよかったね。

私サントラまで買っちゃった、 私が一番好きな歌はね……。

 

という感じ。

 

ただ、これと一緒に彼の気持ちや感想を尋ねてはいけません。

自分が彼といて楽しかったことを伝えればいいのです。

とにかく、あれこれ聞くのはやめましょう。

→恋の第1ステージの注意点

②彼自身についてではなく出来事や物事について話そう

映画の話をするなら、終始、映画の話をしましょう。

すると彼は、

 

へー、こんなに映画が好きなんだ。

一緒に何かすると楽しい子かも知れないな……。

 

と思うことでしょう。

 

でも、そんな時にあなたが、

 

“あなた”と一緒にいると、本当に楽しいわ。

 

と言おうものなら、それは、

 

あなたも私と一緒にいて楽しかった?

私ともっと一緒にいたいと思わない?

 

と聞いているも同然です。

 

すると彼は、

 

う〜ん、またこの子を喜ばせなきゃいけないのか……。

何だかプレッシャーだなぁ。

何とかして別れる術はないものか……?

 

と思うことでしょう。

 

映画の話だけなら、それについて自分の意見も言えて、特にプレッシャーなど感じないのですが、「あなたのことが好き」みたいなことを言われると、男性は、

・「そうでしょ、オレって最高だよね!」
・「オレも君が好きだよ!」

のどちらかしか返せません。

前者も無理ですが、後者も無理なわけです……。

ぜひとも心に留めておいて欲しいことは、男心に響くのは、彼自身に対してではなく、“彼がしたこと”に対して敬意や感謝の意を表すことだということです。

そうすれば、男はその女性に対する愛しさが募ってきます。

③プラスの感情だけ伝えてマイナス感情は忘れよう

彼とのデートについて話す時は、主によかったと思ったことだけを伝え、否定的な感想は、口にしないことにしましょう。

さもないと、

 

何だか面倒な子だなぁ……

 

と思われてしまいます。

 

というのも、男性が女性に興味を持ち、愛情の絆を感じるのは、彼女を幸せにできたと思える時だからです。

 

一方、女性が喜びを感じるのは、内容はどうあれ、自分の話に相手が耳を傾けて、理解を示してくれた時です。

ですから、こんな時にマイナス感情に関する話をしても意味がありません。

それでも多くの女性はこんな過ちを犯してしまいます。

 

もちろん、もっと2人の絆が深まれば、マイナス感情に関する話も気兼ねなくできる時がやってきます。

……でも“今”ではないのです。

④彼へアドバイスはしないように

彼が抱えている特定の問題に関して、自分がアドバイスすれば役に立つと思っても、頼まれてもいないアドバイスは絶対にしないように気をつけましょう。

仮に頼まれても、やはり注意が必要です。

 

男性は基本的に、自分が女性の役に立てば経つほど、その女性に惹かれるようになります。

女性も男性がいろいろ助けてくれると、さらに心惹かれるようになります。

ですが、その逆はありません。

男性が助けを必要とする場合は、ちゃんとそう言います。

それなのに、女性のほうから助力の申し出をしてしまうと、彼の愛情を勝ち取りたくてしょうがないのが見え見えになってしまうか、彼を侮辱しているかのように受け取られてしまうのがオチです。

 

また、あなたが彼に対して、何かについてのアドバイスを求める際は、その受け答えも、とても重要になってきます。

もし彼のアドバイスが納得のいくものでなかった場合でも、彼の顔をつぶさないよう気をつけなければいけません。

 

多くの女性は、そのアドバイスを取り入れる気がない理由を事細かに説明するのが礼儀だと思いがちですが、 そんなことをすると男性はフラストレーションを感じてしまいます。

(ちなみに男同士であれば、こうした礼儀は本能的に心得ています。)

 

もし、彼のアドバイスに対して満足がいかなかったり、取り入れるだけの価値がないと思ったら、このように返すといいでしょう。

 

なかなかいいアイデアね、こんなこと今まで考えたこともなかった。

ありがとう、助かったわ。

 

あるいは、

 

確かにその通りね、あなたに話してよかった。

違った意見を聞けたおかげで、はっきりわかったわ、ありがとう!

 

と。

→なぜ恋は正しい順序を踏むべきなのか?

それでも何としてでも彼を誘いたいなら…

――いかがだったでしょうか?

 

言ってることは分かるし、納得もできるけど、質問はしちゃいけないし、当たり障りのない話しかしちゃいけないんなんて、そんなの難しい!

だいたい、そんなんじゃ気持ちがおさまらない!

 

という方のために、最後に、

強引にもならず、追う側になる危険を冒すこともない、女性から彼を誘うとっておきの方法

をお教えしておきましょう。

 

それは、ロマンチックなデートに誘うのではなく、

⚫︎何かについて彼の助力を求め  or 

⚫︎こかに行く時に一緒についてきて欲しいと頼む

ことです。

 

あくまでも“実用的な観点”で、彼の得意なことが何かあなたにとって役立つような場面があれば、そうしたことが彼と親密な関係をつくるきっかけとなる可能性は高いでしょう。

いつだって『恋の原則』を忘れないように!

ただ、最初に“執着”の話もしましたが、あまり恋愛のことで頭をいっぱいにしないほうがいいです。

あなたの欲求を、何もかも満足させられる男性などいません。

男性にすべてを求めすぎると、やがて彼はプレッシャーを感じ始め、逃げ出してしまうことになります。

 

『恋の原則』に立ち戻れば、男性が最も関心を持つ女性は、

 

自分の世界をきちんと持っていながら、自分のためにその時間を喜んで割いてくれる女性

 

です。

 

そして、男性が最も心惹かれる瞬間は、

 

女性がその充実した人生を分かち合うために、自分を必要としてくれる時

 

です。

 

その上で、彼に連絡するかどうかは、ぜひ慎重に考えてください。

 

少なくとも、彼に対して心が動揺している間は連絡をしないほうがいいと言えるでしょう。

→連絡してこなくなった彼が考えていること