『結婚はしたほうがいいのか』論争に新たな視点!結婚は「健康」にいい?!

人は、小学校、中学校、高校と進み、そして大学なり、就職へと、当たり前のように歩んでいきますが、結婚だけは、流れに身を任せることができません。

「周りがしたから自分もしよう」と言ったって、相手がいないとできませんから。

でも、そもそも、結婚って、したほうがいいのでしょうか?

ここでは、

結婚は健康のためによい

というお話をします。

「愛」「結婚」「セックス」のトリプル相乗効果!

人間の三大欲求は、

 

⚫︎食欲
⚫︎睡眠欲
⚫︎性欲

 

ですが、

性欲(=セックス)は、満たされなくても、衣食住が足りれば、一応、生きていくことは可能です。

 

セックスの多くは、

・快楽を得る
・相手との結びつきを深める
・地位や権力を獲得する

といった目的で行われていますが、

ご存知のように、本来は、自分のDNAを次の世代に伝える手段である以上、

この文明社会においては、「セックス」と「結婚」の関係は、切っても切り離せません。

 

……では、人間の人生において、

「セックス」「結婚」も、単なる“おまけ”でしかないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

人が生きるには、衣食住のほかに、

「セックス」、「結婚」に密接に関係する、

“あるもの”

が、とても重要です。

 

それは、愛」です。

 

誰かに愛されている人、恋をしている人は、

そうでない人より『長生き』ができることが分かっています。

→男と女はお互いを補完し合う生き物

 

「愛」の効果は、以下のように、きちんと科学的に立証されています。

 

165人の健康な男性に、両親との関係を「親密であたたかい」〜「ぎこちなくてをよそよそしい」まで、何段階かで評価してもらいました。
それから35年後を追跡したところ、
“母親との関係があまり良好でなかった人”の実に91%が、重い病にかかっていました。
反対に、“母親との関係が良好だった人”の発病率は45%
また、
“父親との関係があまり良好でなかった人”の発病率は82%
“父親との関係が良好だった人”の発病率は50%
そして、
“父母のどちらとも良好ではなかった人”の発病率は、何と100%でした。
(ハーバード大学「ストレス適応力調査」1950年代初頭)

 

「愛」の効果は絶大で、遺伝子、食生活、ライフスタイル、薬といった要素のどれも太刀打ちできません。

 

そんな「愛」の効果をかんがみると、

 

性欲(=「セックス」、「結婚」)なんて満たされなくても生きられる!

 

なんて、軽々しく言えません。

 

「セックス」×「結婚」×「愛」が、リプル相乗効果を発揮することによって、人は、すこやかな人生を送ることができるのです。

要するに、

 

⚫︎食欲
⚫︎睡眠欲
⚫︎性欲(「セックス」×「結婚」×「愛」

 

は、どれ欠かせない要素であったということですね……。

 

 

→「自分に恋愛は無理」と思ってしまう人へ

結婚すると、愛の効果はさらに高まる!

もちろん、あなたのツッコミも聞こえてきます。

 

(上で紹介した)その実験、親がいなかったらどうなの?」と。

 

親との関係が悪かった人は、重大の病気で死ぬのかというと、そうではありません。

親の愛を受けられなかった人でも、成人後に、親密で愛情豊かな関係を築くことができれば、マイナスが帳消しになる

という研究結果もあります。

また、

「別にわざわざ結婚しなくたって、愛し合っていればいいわけでしょ?」

というツッコミもあるでしょう。

 

ただ、愛し合える相手さえいればいい、というわけでもないのです。

 

アメリカ人口研究協会が行った研究によると、

既婚者は、結婚していない人に比べて、男性は平均10年女性は平均4年長く生き、男女共に寿命が長いことが分かっています。

 

結婚という手続きは、パートナーが、もう“売り出し中”ではないと宣言する意味もあるので、とりわけ女性は、精神的に安定するのでしょう。

安心感を高め、ストレスが減る分、結果として、免疫システムの状態も良くなります。

 

つまり、

結婚をするからこそ、長生きで、病気も少なくなるのです。

→健康のためにセックスをするな?!

 

男の愛、女の愛の違いはあるものの……

そうなると、今度は、

「じゃあ、愛っていったい何なんだ?」

という気持ちになってきませんか?

 

これは一言で答えるのは、非常に難しいです。

なぜなら、男と女で、愛の定義が違うからです。

 

男性にとっての、愛のイメージは、以下のような感じです。

 

男が「愛」と聞いて想起するイメージ
⚫︎結婚
⚫︎義理の親
⚫︎子供
⚫︎退屈な毎日
⚫︎死ぬまで妻としかセックスできない
⚫︎趣味は禁止
⚫︎腹が出てくる
⚫︎髪が薄くなってくる

 

一方、女にとっての、愛のイメージは、以下のような感じです。

女が「愛」と聞いて想起するイメージ
⚫︎一生ひとりの男と添い遂げる人生
⚫︎マイホーム
⚫︎子供のいるにぎやかな家庭

 

……こうして見ると、若干、男のほうが、ネガティブな印象を受けますね。

 

総じて、

男にとっての愛は「責任」

女にとっての愛は「安心」

と言えるでしょうか。

→男の不倫と女の不倫は求めているものが全然違う!

 

まぁ、

責任は、張り合いにもなりますし、

安心は、ストレス減につながります。

 

したがって、

『結婚はしたほうがいいのか』論争に、ひとつの結論を出すならば、

 

健康で長生きしたいのなら、したほうがいい

 

ということになるでしょうか……。

→自分の結婚時期を占い師に聞いていいの?

 

他にもこんな記事があります