夫に不倫を告白すべきか?男は妻の不倫を絶対に許さないワケ

ある調査によれば、妻の裏切りが原因の離婚は、夫の裏切りが原因の場合と比べて、2倍にものぼるとのこと。

不倫には離婚のリスクがつきものですが、女が支払う火遊びの代償は、男よりもはるかに大きいようです。

なぜ夫は、妻の裏切りに対し、そこまで怒り狂うのでしょうか?

また、不倫を正直に告白することについては、どのように考えたらいいのでしょうか?

ここでは、

夫が妻の不倫に激怒する理由と、

不倫を告白することの是非

について、解説します。

男が妻の不倫を許さない理由

女は昔から、「浮気は男の性(さが)」となかば諦めているところがありますが、男たちはみな一様に、「妻は貞淑なもの」と思い込んでいます。

つまり、

女と男では、日頃から、パートナーの浮気に対する“覚悟”が違うのです。

 

そのため、男にとって、妻の不倫は、まさに青天の霹靂。

思いもよらない事態に、うろたえ、怒ることしかことしかできないのです。

 

また、夫に裏切られた女性は、「悲劇のヒロイン」になれても、妻に裏切られた男は「ピエロ」にしかなれません。

“寝取られ男”として、他の男性のいい笑いものにされることは、屈辱であるばかりか、出世競争でライバルに大きく水をあけられる原因ともなりかねません。

さらに言えば、“男の面目”の問題もあります。

実は、彼らが一番気にするのは、セックスのこと。

「ペニスの大きさやテクニックで、自分は妻の愛人よりも劣っているのだろうか?」といった思いにさいなまれ、一人がく然とする夫も多いのです。

 

そして、

妻の不倫が、ただの火遊びでないことくらい、夫はちゃんと気づいています。

 

女が「愛」と「セックス」を切り離しては考えられない生き物だと知っているからこそ、

男は、それが自分の浮気などよりも深刻な“根の深いもの”だと疑わずにはいられません。

→女性が不倫に走る理由

 

――このような理由があって、夫は妻の不倫に激怒するのです。

夫が怒らない場合、どんな理由があるか?

ごくまれに、妻の不倫に対して、寛大さを見せる夫もいます。

しかしそこには、当然、理由があります。

考えられるのは、次のようなケースです。

夫も浮気を楽しんでいた

もともと自分も浮気をしており、妻に後ろめたさを感じていたとすれば、妻の不貞にむしろホッとする夫もいます。

いえ、もしかしたら、「妻だけを責めるわけにはいかない」と嫉妬や怒りを押し殺しているのかも知れません。

また、中には、「これで浮気の大義名分ができた」と内心ほくそ笑んでいる夫もいるでしょう。

夫であることをすでに降りてしまっている

自分では、妻を精神的にも、肉体的にも満足させることができない、そう認めることは、夫にとってつらいことのはず。

「でも、もし妻が愛人によって満たされるのなら、毎日自分が責め立てられるよりは楽かも……」と考え、自ら妻に不倫を奨励する夫もいます。

妻が他の男に抱かれることでむしろ興奮する

「妻が他の男に抱かれているところを想像して、エロチックな興奮に浸りたい……」、そうした思いから、妻に不倫を勧める夫もいます。

中には、想像だけでは足りずに、隠れた場所から妻と愛人とのセックスをを覗くという極端なケースもあります。

→妻側が三角関係を望む場合も

――以上のケースのように、“きれいに収まれば”、実は、まだいいほうです。

 

中には、普段から妻に不倫を奨励していたくせに、

いざ現実に妻の不倫に直面してしまうと、急に動転し、「離婚」の二文字を突きつける夫もいるので、注意が必要です。

 

もっとも、こうした反応は、妻が選んだ「相手」によっても、変わってきます。

 

相手が自分よりハンサムだったり、地位や財産があるなど、それなりに納得できる理由のある場合には、夫もいくらか納得の表情を見せます。

しかし、どう見ても、自分より劣る相手だった場合、夫の怒りは収まりません。

こんな時、男性は、ただでさえ対面を傷つけられた上に、自分まで安く見られたような屈辱感を味わうことになるようです。

→女は不倫相手にルックスや経済力は求めていない

 不倫は夫に告白しないほうが身のため

長年の間に積もり積もった夫への恨みを晴らしたい!
自分を1人の女として認めてくれる男性もちゃんといることを、夫に思い知らせたい!
いっそ不倫を機に、結婚に終止符を打ちたい!
胸のつかえを吐き出したい!
愛人との関係にはっきりけじめをつけ、新たな一歩を踏み出したい!

 

という風に考え、夫に不倫を告白しようとする女性もいます。

 

……果たして、すべてを告白することが、本当に賢い選択なのでしょうか?

 

結論から言うと、(本当に離婚を望む場合は別として、)

 

妻が不倫を告白することは、夫とやり直すためには、かえってマイナスになることのほうが多いです。

例外的に、すべてを打ち明けたほうがいいのは、次のようなケースでしょう。

 

⚫︎夫が疑心暗鬼に陥っている場合

⚫︎夫が自分の過去をさらけ出しもう1度やり直そうと話し合いを求めてきた場合 すべての膿を出し 本音で語り合ういい機会です

⚫︎本気で夫とやり直したい、そのために夫婦でセラピーにかかりたいと考えている場合

 

不倫に悩む女性たちは、心の底では、夫とやり直したいと考えていることがほとんど。

 

しかし、自分の不倫のこととなると、誰もが口をつぐみます。

(それどころか、「夫はやり直したい。でも彼との関係も続けたい」という女性もいます。)

→やり直すなら夫とのセックスも真剣に見直す!

もし、現在ある悩みを解決したいと思うなら、

自分の犯した不倫という、“一番大きな問題”に目をつぶっている限り、解決の糸口を見出すことはできないでしょう。

 

もっと言うと、不倫について告白するならば、「愛人との関係を清算する覚悟」は、絶対に必要です。

→告白する前にすでにバレてたりして……

 知らぬが仏、言わぬが花

たとえあなたが、

「このまま騙し続けるのは夫に対して申し訳ない……」

と思ったにしても、それは、はっきり言えば、あなた自身の問題です。

 

胸のつかえが下りたあなたは救われるかも知れませんが、いきなりそんな事実を突きつけられた夫のほうは、逆に、奈落の底へ落ちます。

 

どんなに「告白」をいいように言ったところで、それは結局、

あなたが自分の重荷を夫に肩代わりさせようとしているに過ぎません。

 

夫に対して本当に申し訳ないと思っているなら、

罪の意識は、自分1人の胸に納めることです。

→不倫がバレた時の正しい対処法

……とは言え、

あまり自分を責めすぎるのも考えものです。

 

「私は悪い人間だ」などとは思わないでください。

人間は、誰しも過ちを犯すものです。

 

前述したように、告白したところで、 それによって関係修復にいい作用を及ぼすことはまずありません。

離婚のリスクを背負ってまで告白する必要など、まったくないのです。

 

しかしながら、

(告白した際の夫の態度を想像することも含めて、)

“それについて深く考えること”は、

あなたと夫との関係だけでなく、あなたと愛人との関係を見つめ直す、良い機会になるでしょう。

→「本物の愛」とはこういうもの

 

他にもこんな記事があります