不倫相手と結婚してその後幸せになれるのか?不倫男との恋は錯覚の可能性大

往々にして、不倫は、辛いことが多いでしょう。

ですが、「特に結婚を望まない場合」であれば、世帯じみたところを見ずに、いいところだけをお互いに出し合える“素敵な恋愛”と言うことができます。

また、曲がりなりにも恋愛相手がいるわけだから、「恋人が欲しい」とため息をつく必要もないし、変な男に引っかかることもありません。

しかし、問題なのは、「結婚をしたい場合」です。

この場合の結末は、結婚をするか、身を引くか、そのどちらかの結末が待っており、恋愛中もそれが気が気でないはずです。

ここでは、不倫相手との結婚をどう考えるべきか?について解説します。

結婚したい意思を伝えるなら5ヶ月以内に!

あなたがもし、

「愛人の立場で納得しているわけじゃない」

と思っているならば、その意思は、はっきりと伝えるべきです。

「自分の気持ちなんて言わなくても分かってくれているはず……」などと都合よく思い込み、黙っていてはいけません。

 

男のほうだって、都合よく、

 

「こいつだって、こっちに妻子がいると分かってて付き合いだしたんだから、何も『責任とって』などとは言ってこないだろう」

 

と思い込んでいるのです。

 

誠に都合のいい話ではありますが、男はみんなそうです。

“モテるタイプ”なら言わずもがな、どんなに“モテないタイプ”の男だって、そうなのです。

(「若い女性を抱きたい」という気持ちは、どんな男にだってあります。)

「あなたが結婚に対して本気であるということ」をはっきりと伝えれば、当然、早急に行動に移してくれる可能性もあります。

 

ですが、その気のない男は、決まってこう言います。

 

「女房とはもう離婚してるも同然だから」
「子供が成人するまで待ってて欲しい」
「女房とは必ず別れるから」

 

表面的には希望の持てる言葉に聞こえますが、これらの言葉はすべて“でまかせ”です。

その場限りの言葉を口走って、すぐに忘れてしまうというのが、不倫男たちのやり口です。

(目の前に欲情を掻き立てる肉体があれば、何としても手に入れたくて、それくらいのことは言うのです。)

→不倫の責任はほとんど男にある!

 

いずれにしても、女性側は、

「結婚に対して本気であるということ」を早い段階で伝えておくに越したことはありません。

 

伝えるならそのリミットの目安は、おおよそ5ヶ月以内』です。(半年を迎える前です。)

 

それを過ぎてしまうと、

上に述べた“男にとって都合のいい論理”の、さらなる裏付けとなってしまいます。

(つまり、男に「ああ、こいつも割り切った関係でいいと思ってるんだな」と確信させてしまう、ということです。)

不倫女性特有の“冷静な目”を活用する方法

5ヶ月以内に意思を伝えなさいと言われても、

「今回、何となく不倫関係が始まったけど、この人とこの先、どうしたいのか分からない。でも、好きは好き……」

という風な、あいまいな気持ちの人も多くいるでしょう。

 

その場合は、いっそ、自分が不倫をしている状況を“活用”してみる手もあります。

 

どういうことかと言いますと、

冒頭でも述べたように、不倫とはいえ、恋愛をしている以上、“飢えた目”で男性を見ることは、なくなっているはずです。

ですから、

冷静に他の男を見ることができるのです。

おまけに、恋のときめきであなたの魅力は増しているはず。

 

もし、あなたに熱い視線を送っている男性がいたら、その人のことを観察してみてください。

もしかすると、その人こそ、あなたにふさわしい男性なのかも知れません。

 

燃え上がる恋は素晴らしいものですが、いつの世も、「パッと燃えると、パッと散る」ものです。

愛は、じっくりコトコト育んでいくものです。

いいところしか見せない不倫男に比べると、最初は何かと物足りなさを感じるかも知れませんが、冷静な目で見てみると、なかなか“味のある男性”だったりしませんか?

 

2番目に好きな人と結婚すると幸せになれる

 

……なんて言ったりもしますが、あながち嘘ではないかも知れません。

 

とは言え、

あなたに熱い視線を送っている男性が、あなたが不倫していることを知っている場合には、全然話が違ってきますので、注意してください。

 

この場合のこの男は、

「不倫男と遊べるくらいなんだから、オレとも遊んでくれよぉ」

という不届きなヤツである可能性が強いです。

しっかりガードして、寄せ付けないようにしましょう。

→どんなにカッコいいことを言おうとも、男はただやりたい生き物

すがる恋なら捨ててしまえ!

「よし、じゃあ、結婚したい意思をはっきり伝えてみよう!」

と思った人もいる一方で、

「結婚のことを口走ると、彼の機嫌が悪くなる、もしその気持ちが強くなって別れることになってしまったら、それが一番辛い。だから、結婚のことは言い出しにくいんだ……」

と、ずっと踏ん切りがつかずにいる人もいるでしょう。

 

しかし、よ〜く考えてみてください。

 

人と関われば、恋愛でなくても、男と女でなくても、いつか必ず、別れはやってきます。

会社であれ、趣味のサークルであれ、何であれ、

いつもそのようなことを考えながら人間関係をやっているわけではないですよね?

 

楽しむために恋愛をしているのであって、別れないようにするために恋愛をしているのではないはず。

不倫は誰かから強制されて始まるものではありません。あなた自身が選んだのです。

ですから、終わりはあなたが決めていいのです。

 

例えば、

「好きなはずなんだけど、何だか最近、相手の目を見るのが怖くなった……」

そんな時は、相手が自分のことを好きな気持ちよりも、自分が相手を好きな気持ちのほうが、大きくなり過ぎたのかも知れません。

 

今が充実し、楽しくないのであれば、別れの時が近づいてきていると言えます。いつだって、「楽しい未来」は、「楽しい今」の延長線上にあります。

もっと言うと、

どうせ別れるなら、燃え果てるところまで行き着くのもいいですが、

どちらかと言うと、まだ燃えている状態の時に、楽しい思い出を持って新しい道へ歩き出すほうが、得策なのではないかと思います。

 

ただすがるだけの恋なんて辛いだけで、続けていったって、あなたをちっとも魅力的にしませんから。

→不倫を終わらせる時に気をつけたいこと

「妻がいながらも他の女性と逢引をする男」と本当に結婚したいですか?

別れを迎える不倫もあれば、もちろん、「結婚」というゴールに着地する不倫もあります。

 

あなたのほうも「結婚したい」、向こうも向こうで「妻との結婚は早まってしまった」とあなたとの結婚にノリノリ。

その場合、あなたは、その男性と妻との成り行きをただ見守っているだけでいいのです。さぞ、気分もいいことでしょう。

 

(これもやはり、早い段階で結婚したいという意思をはっきり伝えてこそです。)

しかし、

あなたが結婚する相手は、かつて、

「妻がいながらも他の女性と逢引をしていた男」

言い方を変えれば、

「妻がいながらも他の女性と逢引をする男」

だったのです。

 

あなたが同じ目に遭わないという保証がどこにあるでしょうか?

→相手に恨まれない略奪愛の方法

自分の不倫を悲観する女性はよく、

「不倫は保証のない愛だから」

と言いますが、籍に入っていたって心の保証はないのです。

 

ある意味、それを、“あなた自身”が証明してきたのです。

 

自分のやったことは必ず自分に返ってくる

 

のが、自然の摂理です。

 

やはり、自分を客観的に見つめて、冷静な判断をしようとすれば、自ずと“答え”は見えてくるのではないでしょうか。

 

起こってしまったことは、起こってしまったこと。

それならそれで、その後どうするか、です。

 

不倫とは往々にして、

 

相手の全時間と心身を独占できないから、余計に燃えているような錯覚

 

から、始まってしまうものです。

(男性の場合は、もっと性欲が先行していますかね。いずれにしても冷静になれば、踏み止まれなくもないものです。)

 

……何にしろ、冷静になって、よ〜く考えてみましょう。

→不倫を終わらせたいなら最低限知っておきたいこと

 

他にもこんな記事があります