あなたがモテないのは「男がいなくても生きていける!」と思っているから

「女性の社会進出」という言葉すら、過去のものとなり、今や男女関係なく、他人の支えがなくても、自由に生きていける……、そんな時代になってきています。

ですが、女性の独立心があまりに強過ぎると、男性にとって近寄りがたい存在になるのも事実。

ここでは、

男がいなくても生きていけると思っている女性の特徴とその対処法

について、解説します。

独立心が強過ぎる女性【2タイプ】

男が生きていくには、女が必要。

でも、女が生きていくには、男は特に必要ない。

 

世間では時折、このような言葉が囁かれます。

 

その一方で、

女性が男性に別れを告げられる時、

 

君は、僕がいなくても生きていけそうだから……。

 

と言われたなどというのも、よくある話です。

 

結局、女性は、独立心を持つべきなのでしょうか? それとも持たなくてもいいのでしょうか?

 

ただ一つ言えるのは、

女性の独立心が強過ぎると、男性は興味をそそられない場合が多い

ということです。

では、ここで言う、独立心が強過ぎる女性とは、いったいどんな女性でしょうか?

それは、以下の2タイプに分かれるでしょう。

①男なんていらないと思っているタイプ

恋人と別れてから、なるべく何でも一人でできるようになろうと努めた結果、愛から縁遠くなってしまったタイプです。

 

このタイプの女性は、他人をあてにするのは、弱い証拠だと考えています。

 

愛を求めたところで、得られなかった時に、苦しい思いをするだけよ。

だったら私は最初から、愛を求めない生き方を選ぶわ。

 

と考えているのです。

 

このように愛の重要さを否定する女性は、次第に依怙地になっていき、誰かが助け舟を出してきても、それを拒絶するようになります。

そのため、孤独にも陥りやすいし、人生を楽しむ力もなかなか発揮されません。

 

男性というものは、

 

この人の人生を自分の力で、よくしてあげることができそうだぞ!

 

と感じた時に、その女性に惹かれます。

 

ですから、

女性が、男性の必要性を否定して、「信頼」や「感謝」などの感情を切り捨てれば、その女性を助けてあげたいと思う男性を、すべて失うことになるのです。

 

同性からの助けでも借りたくない、とにかく人が信用できない、という場合には、その原因は、子供の頃の出来事にあります。

(助けを求めても、応えてもらえなかったという出来事です。)

 

男性の支えに対してはいつも心のドアを閉ざしてしまう、という場合には、以前に経験した別れの後の心の痛みを、きちんと癒していないことが原因として考えらるでしょう。

→失恋の正しい癒し方

②何でも自分でやらないと気が済まないタイプ

もう1つのタイプは、いろんな面で有能であるがゆえに、あれもこれも引き受け過ぎて、愛を遠ざけているタイプです。

他人のことや、他人の要求に応えることに、必死になり過ぎて、自分の時間が取れないのです。

 

でもこれは、“不可抗力”ではありません。

他人を助けているように見えて、実は、自分の苦痛から逃げているのです。

 

このような女性は、外から見ると、活気のある日々を送っているように見えますが、心の中は、孤独です。

人を助けるばかりで、自分の支えがないと、いつかは鬱病にもなりかねません。

 

そうなってしまうのを防ぐには、まず、誰かに自分の話を聞いてもらう必要があります。

それはつまり、心の中にある、

 

周りは皆、私のことを助けがいらないほど強い女だと思ってるけど、私だって助けてもらいたいの!

 

という思いを、正直に吐露することです。

自分の苦痛を誰かに知ってもらえば、孤独感もなくなり、肯定的な温かい感情が戻ってくるでしょう。

 

ちなみに、

このような“何でも自分でやらないと気が済まないタイプの女性”が、男性と付き合うとなると、「他人の助けを必要としてる男性」を選びがちです。

当然、そのような男性は、女性のほうを助けることはできません。

癒されるどころか、消耗してばかりの恋愛になってしまうでしょう。

→追いかける恋愛しかできな人の心理

頑張り過ぎないで! もう少し自分に甘くなってみましょう

では、「強過ぎる独立心」を、いくらか“トーンダウン”させるためには、具体的に、どうしたらいいのでしょうか?

 

そのためには、頑張り過ぎないことを学ぶことです。

 

生来の性格が、頑張り過ぎてしまう性格なのですから、そこを変えるには、頑張り過ぎないための“訓練”をしなくてはなりません。

この訓練には、大きく4つのステップがあります。

頑張り過ぎないための4ステップ訓練

STEP❶ 自分の気持ちを他人に伝えてみよう!
誰かに話せば、重荷を一人で背負わなくてもよくなり、安心感を持てるようになります。
STEP❷ 自分のためだけのことをしてみよう!
エステ、マッサージ、買い物など、自分だけにご褒美をあげることで、人生を楽しむことができるとともに、世界は自分がいなくてもちゃんと回るのだと理解できます。
STEP❸ 助けを求めることに慣れよう!
STEP2で自分一人の時間を過ごせば、自分が本当にやりたいことが見えてくるはず。それ以外のことは他人に任せるか、助けを求めてもよいと考え、その考え方に慣れていきましょう。
STEP❹ 他人の頼みを断ってみよう!
あくまでも、冷たくならないように、「ごめんなさい、できないの」と言える練習をしていきましょう。

 

――こうして、ついつい頑張り過ぎてしまうのをやめ、多少なりとも自分に甘くなってみると、

 

あれ? 人生って意外とそこまで悲壮感持って生きていくものでもなかったかも……。

 

ということに気付くはず。

 

すると、きっと、男性から見ても、

 

この人のために何かしたい……!

 

と、つい思わせるような女性になっているはずです。

→男が意見を聞きたがる女になろう!

(余談)男の愛をあきらめ、子供に賭ける人

男なんていなくても、生きていける!

 

という思いが強力になり過ぎると、男性からの愛をあきらめ、子供に愛を求めるようになります。

子供なら簡単に愛を与えてくれるし、誰かに愛されそうだという淡い期待を抱くこともできるからです。

(子供でなく、ペットの場合もあります。ペットのほうが育てるプレッシャーも少ないので、より好都合かも知れません。)

 

夫はいらないけど、子供だけ欲しい……。

という心理は、まさに、強くなり過ぎた独立心からきています。

そのような思いから子供を持ったとして、果たして、その子供は本当に幸せなのか、じっくり考えてみる必要がありそうです。

 

――「自分の恋愛や人間関係を、もっと大局的な視点から総括してみたい!」という場合には、『占い』を活用してみるのもよいでしょう。

→男選びを根本的に間違っている人【5タイプ】

 

悩みを何でも相談できるの?
電話占いってどんなサービス?

登録も予約も簡単!
新規会員登録で最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります