不倫の責任はほぼ男にある!女は罪を1人で背負い込まずプライドを持つべし!

賛否はあるものの、不倫も「立派な恋愛」であることは間違いありません。

ここでは、

不倫の道を選んだ女性への理解を示すとともに、

愛人としての正しい生き方

について、解説します。

今、不倫は必要以上に「悪」とされている?

おそらく以前よりも増して、今、世の中では、不倫は「悪」とされています。

少子高齢化が進む中、健全で幸福な家族像を、より強く求める気持ちがあるのかも知れませんが、それとは違う背景も多数あるように感じます。

 

その一つは、メディアの発達です。

ブログやSNSなどで個人が情報を発信できるようになったおかげで、あらゆる人に有名人になるチャンスが生まれるとともに、テレビなどで活躍する芸能人たちも、グッと身近になりました。

華々しい芸能の世界では、確かに類稀な才能と、文句なしの実力を持って活躍されている人もいますが、中には、そうでない人もいます。

いや、むしろ、そうでない人のほうが、人気はあるのかも知れません。

 

現在は人気のバロメーターとして、「親近感」も重視される時代です。

そして、近年の芸能人は、そうした親近感がそのまま「高感度」へ結びついているケースが多いようです。

それだけに、浸透した“良いイメージ”を裏切るようなこと(つまり、不倫)をしてしまうと、その反動として、こっぴどく批判をされます。

 

芸能人として「親しみ」を感じていただけに、余計に「怒り」が大きくなり、

また、「親しみ」を感じていただけに、余計に「好きにものを言える」と思っているところもあるようです………。

もちろん、このような世間の風潮を察知しているテレビのコメンテーターも、この流れに乗っかります。

 

その不倫がどんな事情を持ったものか詳しくは知らずとも、「不倫はいけない」、「(相手女性は)男を奥さんに返してあげなさい」と、口を揃えてコメントするのです。

彼らは、世の奥様ならびに視聴者の支持が得られなくては、次の仕事が得られませんから、ある意味、仕方ないとも言えるでしょう。

 

かくして、「不倫」は、一昔前と比べて、いっそう強く「社会悪」として認識されるようになりました……。

→女性が不倫相手に選びやすい【7タイプ】

そんなに女が悪いのか?

不倫は、それをした男性・女性双方が悪いとされます。

(妻が責められることはほとんどありません。)

ですが、このことについて「ちょっと承服しかねる」と、異を挟む女性もいるかも知れません。

 

男性が悪いのはもちろんとして、同時に、「性悪女が、人の旦那を盗った」という解釈もあるわけですが、

肉体関係は、男の意志なくしては成立しないからです。

 

要するに、

男がその気にならなければ、肉体関係は成立しないということは、男のほうに半分以上責任がある

 

ということです。

 

ですから、

もし、彼との不倫関係を少しでも長く続けたいと思う場合は、あまり、周りの小言や責めを気にしすぎないほうがいいでしょう。

→なぜ女は男ほど浮気しないのか?

不倫とは、ある意味、「妻」と「愛人」どちらが先に匙を投げるか(投げさせるか)の勝負です。

精神的にへこんでしまうと、恋(不倫)の道で、戦い続けることができません。

 

不倫の罪を、女1人で背負う必要はありません。

 

その意味でも、

バレた時に男が言い逃れしないように、

 

「あなたがあの時、誘ってきたから……」

 

と、かわいく言って、「男に責任がある」ということを、やさしく釘を刺しておくことも大切かも知れません……。

→不倫相手の気持ちを把握する

愛人として生きることを決めたなら……

もし、愛人として生きていくことを決めたなら、「愛人としての自覚とプライド」も必要になってくるでしょう。

 

愛人はまず、結婚式や仕事関係の催しなど、男性にとっての公式の場には出られません。

愛人は、社会的信用を失う存在とされているからです。

同時に、そういった場へ連れて行かないということは、離婚もまったく考えてないと見ていいでしょう。

 

ですから、ある意味、わざとそこへ“愛人として”出席してしまえば、彼の社会的信用を潰すことができます……。

言い方を変えれば、

それくらい、愛人側が重大な要素を持っているということです。

したがって、「愛人だから……」と卑屈になったりせず、愛人には、愛人のプライドがあって然るべきでしょう。

愛人とは言え、その男の「恋人」です。

繰り返しますが、もともとは、男が愛人の体を抱かなければ、不倫は始まらなかったわけです。

不本意な我慢を強いられたり、媚を売ったりする義務はまったくありません。

→どうせなら不倫を楽しむ!

 

最後に、

「相手といい関係でい続けるために(愛人でい続けるために)、気を付けなくてはならないこと」

を簡単にまとめておきます。

 

【愛人の四ヶ条】
●経済的に自立しておくこと
→「いつでも自分が決心した時に別れられる」という強みを持って恋愛できます。

●人と比較しないこと
→周りが結婚しても、お母さんになっても、「私には私の人生がある」と、自分の生き方に自信を持ちましょう。

●自分の楽しみを持つこと
→1人になることが多いため、その時間をうまく過ごせなければ、耐えられないほど辛い愛人生活になります。

●プライドを高く持ち過ぎないこと
→そもそも、“二番手”の立場が許せない人は不倫に向きません……。

 

たとえ、世間の価値観と違おうとも、人生の主人公は「自分」です。

どんな道を選んでも、自分の好きな自分でいられるように、常に、感情と状況をコントロールしましょう。

→不倫を終わらせるにはどうしたらいい?

 

他にもこんな記事があります