【話を聞いてくれない彼を“聞き上手”にする方法】男は「犬」と思って上手にしつける?!

自分が大変な時こそ、大切なパートナーには、じっくりと話を聞いてもらいたいもの。

それなのに、なかなか話を聞いてくれない彼に、物足りなさと、虚しさを感じている女性は、少なくありません。

また、付き合い始めの頃は話をよく聞いてくれたのに、だんだんと聞いてくれなくなった、というケースもあります。

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

ここでは、

彼を“聞き上手”にする方法

について、解説します。

女性特有の悩み方のスタイルとは?

そもそも、なぜ、

「彼に話を聞いてもらいたい」という気持ちが起こるのでしょうか?

 

実は、悩み方のスタイルには、男性と女性で違いがあります。

 

男性の悩み方
自分の世界に閉じこもり、そこから何とか「解決策」を見つけ出そうとする。
女性の悩み方
抱えている問題を言葉にすることで、とにかく問題を「整理」しようとする。

 

悩みを抱え、その不安を解消しようとする際、女性は、男性のように、“内向的”になることは、ほとんどありません。

とりあえず、自分の見つけた聞き手に対し、話をしながら、自分の状況と気持ちを整理していきます。

 

重要なのは、この時、女性は、「最も有効なただ一つの解決方法」を見つけ出そうとしているわけではないことです。

「話を聞いてもらった」、「相手に共感してもらえた」こと自体に、女性は深い満足感を覚えるのです。

(意外と女性自身がこのことに気付いていなかったりします。)

 

話を聞いてくれる相手は、もちろん彼ではなく、女友達であっても構いません。

しかし、自分にとって最も大切で、最も多くの時間を過ごすパートナーに、いつでも気兼ねなく、話を持ちかけることができたら、どんなに素晴らしいことでしょうか?

 

ですから、女性にとって、

「彼(旦那)が自分の話を聞いてくれない」

ということは、大きな問題となってくるのです……。

→男の「一人になりたい」は「別れたい」ではなかった?!

男を聞き上手にする言葉とは?

男がなぜ、女性の話を聞くのを億劫がるかと言うと、

 

果たして、彼女の問題を、自分が解決してあげることができるだろうか……?

 

という不安があるからです。

男は、常に、「結論」「結果」を求める生き物です。

自分が彼女の話を聞き、もし、どんな解決策(結論)も導き出せなかったとしたら、“男のプライド”が大いに傷つくのです。

 

ですから、

パートナーの女性から、「話を聞いたもらいたいんだけど……」という言葉が出たり、深刻な身の上話などが始まると、途端に身構えてしまいます。

→男に「私のことどう思ってるの?」は禁句?

 

こうした男の本能を踏まえれば、

実は、男を聞き上手にする方法は、非常にかんたんです。

 

それは、最初に、

 

話してスッキリしたいから、ただ話を聞いてもらえる?

 

と、言うだけです。

 

これを言えば、男は、「別に解決策を考えなくてもいいんだ」とプレッシャーから解放されるだけでなく、

「そんなに自分のことを頼ってくれてるんだ」という喜びも感じ、嫌な顔をせずに、あなたの話に付き合ってくれる可能性が非常に高まります。

→あなたの恋がいつも3ヶ月で終わる理由

(余談)ウインドウショッピングでは……

この方法は、別の場面でも応用できます。

 

例えば、男というものは、

 

❌ 買い物に付き合ってくれる?

 

と言われて、いざ買い物に付き合い、女性が迷いに迷った末、結局、何も買わなかったとなると、ドッと疲れを感じるものです。

前述のように、「結論」や「結果」にこだわる男性の特徴から言って、これは仕方ありません。

 

ですが、

 

⭕️ ちょっと、今日はちょっといろいろ見て歩きたいから、付き合ってくれる?あなたと一緒にあの街を歩きたいの。で、その後は、◯◯でパンケーキを食べよ!

 

といったように、

単なるウインドーショッピングになる可能性もあることを、最初に告げておけば、彼が虚しさを感じてしまうことはありません。

それに加えて、“間違いなくクリアできるであろう目標(ここではパンケーキを食べること)”を掲げておき、それをちゃんと実行できれば、さらにバッチリです。

→別れに迷うなら、いったん距離を取ってみよう

彼にとって“目の離せない存在”になろう

女性は、自分の悩みを聞いてくれる存在に、深く感謝します。

また、自分のことを気にかけてくれるというだけで、多大な喜びを感じるものです。

ですから、パートナーに対して、ただ話を聞いてくれるだけでなく、「できれば、もっと自分のことを気にかけて欲しい」という思いを抱いている人も多いでしょう。

 

実は、

彼がもっとあなたのことを気にかけてくれる方法

というのもあります。

これもやはり、男性の特徴をうまく利用するのです。

 

男は、他人(特に女性)から指図を受けることを、極端に嫌う生き物です。

 

ですから、直接的に、「もっと私に構って」とか、「もっと連絡してきて」と要求しては、逆効果。

いっそ、くるりと彼に背中を向けて、あなたのしたいことをすればいいのです。

→「孤独な女」ではなく「孤高の女」になるために

 

そうすると、彼のほうから、あなたに関心を持つようになるでしょう。

 

男は、完全に自分のものになってしまったものには、あまり興味を示しません。

あなたがどれだけ彼のことを想っているかをアピールしても、プレッシャーになりこそすれ、あなたと同じ“温度”で返してくれることは、まずありません。

男は、本能に持っているその“狩猟本能”から、ずっと女性を追い続けていたいのです。

 

できうる限り、アクティブになって、彼にとって、“目の離せない存在”になりましょう。

そうすると、彼は、

「今度は何読んでるの?」とか、
「今度はどこ行ったの?」とか、
「最近どうしてる?」

と、あなたのことを、とても気にかけてくれるようになるでしょう。

そして、(ちょっと張り合いたくなるのか、)彼自身のこともたくさん話してくれるようになるはずです。

→ガツガツする女性ほど愛に逃げられる

男は犬である。上手にしつけよう!

男には、“取り扱い上の注意”がいくつかあります。

上に挙げた内容は、それに含まれるものです。

 

男は、ただ放っておいても、あなた想いのパーフェクトヒューマンにはなってくれません。

→男を育てようなんて威張るな

 

要求したら、それ通りに従ってくれるなんて、まずありません。

また、

彼のだらしないところをずっとカバーしてあげていたら、いつかは自分でできるようになるはず、なんて思ってはいけません。

 

男に、期待をしてはいけません。

 

男は、上手にしつけるべきです。

 

男のしつけは、ちょうど犬のしつけに似ています。

あなたが、結論や結果、目的などを、ちゃんと示唆してあげれば、彼らはそれに対し、一生懸命取り組んでくれます。

→あなたも犬のように“腹”を見せるべき

あなたの話を聞いてくれるように仕向けるのも、

警察犬に、何か手がかりになるものの匂いを嗅がせて、それを探させるような感じです。

 

あなたを気にかけてくれるように仕向けるのも、

室内犬が、外からドアをカチャカチャいわせて、あなたの部屋の中に入ってきたがるような感じです。

 

ですから、(犬のしつけと同じように、)

彼が、あなたにとって、うれしいことをしてくれた時には、必ず、褒めたり、感謝の言葉をかけたりしてあげてください。

 

彼女から、褒められ、感謝されるだけで、男のプライドは満たされ、彼は、“男らしい気分”になれるのです。

→男が一歩踏み込めない女の特徴とは?

……最後に、ちょっと補足しておきますと、

何度も申しますように、男は「プライドの高い生き物」ですので、2人の関係がうまくゆき、彼も自分のことをたくさん話してくれるようになった時、あなたは下手なアドバイスをしてはいけません。

母のような立場(ある意味、“上”の立場)で、彼と接するのでなく、常に、彼を立てるような接し方をしていると、2人の関係は、大体の場合において、うまくいくはずです。

→彼とずっとラブラブでいたいなら知っておくべき【4原則】

 

 

 

他にもこんな記事があります