なぜ自慢ばかりしてくる男はうざいのか?自慢は「好意」ではなくあなたへの「敵意」!

よくお笑い芸人が、「自虐話」をして笑いを取ったりしますが、「自慢話」をして笑いを取る芸人は、ほとんどいません。

一般的に、人の自慢話というものは、あまり聞いていて心地のいいものではありません。

それなのに、自慢話をして、他人に聞かせようとする人がいるのはどうしてでしょうか?

また、男が、女に自慢話をする時には、どんな心理が働いているのでしょうか?

ここでは、

自慢話をする男がうざい理由

について、解説します。

親から愛されなかった男ほど、モテ自慢をする

男はモテたいから、自慢する

……と、その前に、

 

自慢話でも、笑い取れるんじゃないかな?

 

と思った人のために、もう少し説明を加えておくと、「自慢」「自虐」がセットになっていれば、笑いを取れます。

 

例えば、こんな感じ。↓

 

先日、ようやく、念願の一軒家を買ったんです。(自慢)

案外安かったですよ。茶色くて、軽くて、持ち運びもできて、それで、たったの200円でした……。(自虐)

段ボールじゃん!ホームレスかよ!

 

この小話は、「自慢」と「自虐」がセットになっているから成立します。

「自慢」だけでは、人を不快にするだけなのです。

(オチがつきませんから。)

 

……さて、話を本題に戻しますが、

人が自慢をするのは、自分の価値を「高く見てもらいたい」からです。

 

言ってみれば、

 

自分はこんなに高みにいるんだから、君たち、平伏しなさい
どうだ、恐れ入ったか

 

ということです。

 

これが、男性から、女性に対して向けられる時には、

 

「高く見られたい」=「モテたい!」

 

ということです。

 

自分はこんなに血筋がよくて、
こんな経験もあって、
こんな地位を持っていて、
こんなこともできて、
こんなにいろんなものを持っていて……

という自慢」は、すべてモテたいからです。

 

何なら、もっと直接的に、

 

オレはこんなにモテるんだぞ!

 

という風にストレートに自慢してくる男もいるでしょう。

 

(……うざいですよね?)

→特別可愛くないのにモテる女の秘密

実は、

親から愛されなかった男性ほど、

女性に対して自慢したり、自分がモテると自慢したりします。

→「嫌な人」はどうして嫌なのか?

 

なぜかと言えばそれは、

親に求められなかったから、

「求められること」を求めているのです。

 

彼らは、「自分が女性を求めること」よりも、「女性が自分を求めている・求めること」に価値を置くのです。

 

(「求めるよりも、求められたい」、「愛するよりも、愛されたい」といった感じです。)

→告白されても嬉しくない人の心理

ウザイ「自慢マン」からは率先して離れよう!

大抵の女性は、そんな“自慢マン”のことを、敬遠したがるものですが、中には、惹かれてしまう女性もいます。

性格は見て見ぬふりをして、その男の「財産」や「地位」や「外見」に惹かれる、という場合もあるでしょう。

ですから、必ずしも、自慢マンはいつも独りぼっち、ということはありません。

 

しかし、そこにいる人たちは、所詮、実利(自分が得られるメリット)に惹かれて集まってきている人ばかりですから、ろくな人間はいないでしょう。

 

もし、あなたが、

 

彼、自慢ばかりしてきてうざいんだけど、いつも奢ってくれるから何となく付き合ってる……

 

とか、

 

私の彼って、いつも自慢ばかりしてくるのよね……

 

という場合は、あなただってそんな彼と一緒にいる限りは、同レベルの人間だということを忘れてはいけません。

→ヤリチンとヤリマンの共通点

ちゃんと「愛されて育った人」なら「求められるよりも求めたい」というスタンスを取ります。

ですから、やたらと自慢することもなければ、他人のチンケな自慢話に心動かされることもありません。

 

相手が自慢ばかりするつまらない男性だと気づいたら、1人になることを恐れず、率先して離れるようにしましょう。

 

相手を失って、一見、恋に失敗したように見えても、それは、「次の成功のために必要不可欠な失敗」です。

失恋しても、人として成長するというのは、そういうことです。

→別れたほうがいい人ほど、その恋にしがみつく理由

相手の「自慢」は、自分への「敵意」?!

あらゆる人間関係における「自慢」とは?

異性に限らず、同性同士の人間関係でも、「何かと自慢をしてくる人」というのは、どこにでもいます。

 

そんな時、ひとつ、注意しておきたいことは、

人が自慢話をしたい時に持っている感情は、

「敵意」「劣等感」です。

けっして、「好意」などではありません。

 

相手の自慢を、

 

私ってこんなこともできるのよ、ぜひ友達になりましょうね

 

というふうに、“好意的に”受け取ることもできなくはないですが、その奥底には、やはり、

 

あなたには負けないわよ!
私だってあなたと同じくらいすごいのよ!

 

といった「敵意」「劣等感」がちゃんと隠されています。

 

ですから、そんな相手の気持ちを理解し、冷静に対処すべきです。

間違っても、そんな自慢に、張り合おうとしてはいけません。

→あなたはいつも同じパターンで別れていませんか?

きつい恋愛はやめよう

恋愛にしたって、相手の自慢には、十分注意すべきです。

 

例えば、あなたの血筋がよかったり、お金持ちだったりすると、それに対抗するように、自分を位置を上げようとして、自慢話をしてくる男性が現れるでしょう。

 

前述したように、自慢してくる男に、引っかかってしまっては、あなたも同レベルです。

でも、それに気付かず、中には、自分を飾り合った人同士が、結ばれることもあります。

 

しかし、

自分を飾る人たちは、実は、お互いに相手を愛してはいないのです。

相手の“持っているもの”を愛しているに過ぎません。

 

自分を飾る人たちにとって、「自分が愛していると錯覚している相手」は、単に、「自分が自己満足するための相手」に過ぎないのです。

あえて言葉にしてみると、こんな感じでしょうか?↓

 

彼のこと、好きかどうかは分からないけど、彼が他の男性より優れているのは確かよ!

そんな彼のパートナーになれるってことは、私自身が優れているということの証明になるわ!

友達もみんな羨ましがってくれるから、間違いないわ!!

 

……こんなものは、本当は、恋でも愛でもありません。

 

それに、

“優れている彼”にふさわしいパートナーでいるためには、あなた自身も、ずっと“優れている女性”であり続けなければ、捨てられてしまいます。

“人間そのもの”に惹かれるのではなく、相手の“持っているもの”に惹かれて始まる恋愛には、安らぎなどありません……。

→スピード離婚する人の特徴

自慢マン達とは、節度をもって冷静に接しよう

「自慢マン」のことが、心からうざいと思えれば、それは、ある種、あなたの防衛本能が正しく働いていると言えます。

自慢マンは、確かに、親に十分な愛情を注がれたなかったことに関しては、不幸だったかも知れません。

しかし、自分を客観的に見ることができれば、そんな自分の態度や生き方を変えることは、十分可能なのです。

(必要以上の同情は禁物です。)

 

ですから、あなたは、自慢マンに近寄らず、ましてや、張り合わず、

「人の振り見て、我が振り直せ」

とばかりに、節度を持って、冷静に接するようにしましょう。

 

――「自分の恋愛や人間関係を、もっと大局的な視点から総括してみたい!」という場合には、『占い』を利用するのもよい方法です。

→褒められた時「みんなに言ってるんでしょ」という女の心理

 

 

他にもこんな記事があります