占いを受ける前にはどんな用意・準備をしておくといいの?
Pocket

電話占いは当然、料金がかかるものですから、なるべく効率的に活用したいものです。

ここでは、電話占いに臨む前にどのような準備をしたらよいかについて、解説します。

テーマをしっかりと決めておく!

まず、これは当然の準備と言えるのですが、

占いにもう慣れている人は、おざなりになってしまっているかも知れませんね、その当然のこととは、

「質問のテーマを決めておくことです。

 

このことだけは解決しておきたいということがあれば、それを核として、ひとつバシッと決めておきます。

そうすると、占い師のほうからも、バシッと瞬時に答えを返すことができます。

 

占い師もあなたの役に立ちたいのです。

ですから、何の役に立たせてもらえるかを知りたいのです、伝えて欲しいのです。

→「いい占い師」と「悪い占い師」の特徴は?どう見分けたらいいの?

人間がその日に悩んでいることは、せいぜい1つや2つです。(もちろん、その2つは関連性があります。)

目の前にある、どうしてもこれだけは聞きたいという悩み・問題を明確にして、占いに臨みましょう。

 

間違っても、アンケート用紙のように、細かい質問をたくさん書いて用意するべきではありません。

 

最大のテーマについて回答したら、占い師はそれに続けて、その問題の周辺にあることだったり、もしくは「その問題の本質はここにあるのではないか?」といったことを解説してくれます。

 

それなのに相談者が質問を散らばらせてしまったら、それを伝えることができないのです。

ですから、

占いに臨む前には、

 

テーマをしっかりと決めておくこと!

 

そして、

 

いざ占いが始まったら、その質問を深く掘り下げて聞く!

 

この2点を意識しておいてください。

占いでは、たくさんのことを聞けたから、また、長い時間話せたから、得した・有意義だった・満足度が高かった、ということは、ほぼありません。

逆に、モヤモヤが残ってしまいます。(それは、占い師側とて同じです。)

 

ぜひ、テーマを絞って相談することを心がけてください。

 

……ちょっとした裏技なのですが、占いの内容を、後で誰かに報告することをイメージすると、1つのテーマからズレずに話を続けることができます。

よかったら試してみてください。

 

 

内容は自分でも驚くほど忘れてしまう。録音は不可欠!

もう一つ、具体的な準備としては、録音することです。

(いまだと、電話がかかってきたら、スマホのボイスメモをONにすると、かんたんに録音できます。)

 

不思議なもので、

(自分でそれを聞きたいから相談したにも関わらず、)

占い師のアドバイスは、意外なほど、記憶に残ってくれません。

 

おそらく、「〜〜については〜〜したほうがいいのか……」という最大の焦点の部分が衝撃過ぎて、細部を忘れてしまうのでしょう。

続けて利用するにしても、

「前回は〜〜とおっしゃったんでしたっけ?」

と質問することほど、おろかなこと(もったいないこと)はありません。

 

占いの結果を復習して、しっかり受け止めたからこそ、次へ進めるのです。

ですから、占いを利用する際、録音は間違いなく有効です。

 

しかし、中には、

自分の声を聞くのも照れ臭いという人もいるでしょう。

 

そのような場合は、メモ帳やノートを用意し、話しながら、要点をメモしておきましょう。

 

録音をする場合でも、メモ帳やノートは、あったほうがいいです。

 

占いを振り返る場合、録音を聞くよりも、メモを見返すほうが手っ取り早いですし、

占いが始まる前に、「何を相談するか」を軽くまとめておくのにも役立つでしょう。

……最後に、準備に関してではないですが、アドバイスを追加すると、

 

占いをしてもらった後には、かつてのいろんな思いや記憶がドーッと押し寄せ、判断力や注意力が鈍ってしまうので、

火の不始末や思わぬ事故などに、十分気をつけてください。

おすすめの記事