占いを受ける前にどんな用意・準備をすべきか?必ず1つの質問を掘り下げて聞こう!

電話占いは当然、料金がかかるものですから、なるべく効率的に活用したいものです。

ここでは、

電話占いに臨む前にどのような準備をしたらよいか?

について、解説します。

「テーマ」をしっかりと決めておこう!

まず、これは当然の準備と言えるのですが、占いにもう慣れている人は、かえっておざなりになってしまっているかも知れませんね、

その当然のこととは、

「“質問のテーマ”を決めておくこと

です。

 

このことだけは解決しておきたいということがあれば、それを核として、ひとつバシッと決めておきます。

そうすると、占い師のほうからも、バシッと瞬時に答えを返すことができます。

 

占い師もあなたの役に立ちたいのです。

ですから、何の役に立たせてもらえるかを知りたいのです、伝えて欲しいのです。

そのためには、「自分が何を解決して欲しいのか」を、占い師にはっきりと伝えてあげなくてはなりません。

→いい占い師と悪い占い師のそれぞれの特徴とは?

別に難しく考える必要はないのです。

基本的に、人間がその日に悩んでいることは、せいぜい1つや2つです。

(もちろん、その2つは関連性があります。)

 

冷静になって自分を顧みてみると、目の前にある、どうしてもこれだけは聞きたいという悩み・問題が、はっきりしてくることでしょう。

 

間違っても、アンケート用紙のように、細かい質問をたくさん書いて用意するべきではありません。

 

占い師は、あなたの最大のテーマについて回答したら、それに続けて、「その問題の周辺にあること」や、「その問題の本質はここにあるのではないか?」といったことを解説してくれます。

それなのに、相談者自身が質問を散らばらせてしまったら、それを伝えることができないのです。

ですから、

占いに臨む前には、

 

テーマをしっかりと決めておくこと!

 

そして、

 

いざ占いが始まったら、その質問を深く掘り下げて聞く!

 

この2点を意識しておいてください。

占いでは、たくさんのことを聞けたから、また、長い時間話せたから、得した・有意義だった・満足度が高かった、ということは、ほぼありません。

逆に、モヤモヤが残ってしまいます。(それは、占い師側とて同じです。)

必ず、テーマを絞って相談することを心がけましょう。

 

……ちょっとしたコツなのですが、

「占いの内容を、後で誰かに報告することを想定する」

と、1つのテーマからズレずに、話を続けることができますよ。よかったら試してみてください。

→当たるかどうかより、あなたが元気になるかどうか

「録音」か「メモ」は不可欠!

もう一つ、具体的な準備としては、

録音すること

です。

 

スマホの“ボイスメモ機能”を使ってもよいでしょう。

不思議なもので、自分でそれを聞きたいから相談したにも関わらず、占い師のアドバイスは、意外なほど、自分の記憶に残ってくれません。

 

おそらく、

「へぇ〜! ○○について私は○○したほうがいいのかぁ!」

という最大の焦点の部分が衝撃過ぎて、そのためにはどうしたらいいのかという“細部”を忘れてしまうのでしょう。

録音すれば、いつでも聞き直すことができるので、とても便利です。

 

また、録音することには、

たとえ、後から聞き直さなかったとしても、それによって、相談に“身が入る”効果もあります。

 

ただ、漫然と占いを利用するのはよくありません。

必ずしも、すべてを占い師のアドバイス通りに実行する必要はありませんが、

せっかく料金を支払って相談をするのですから、占いの言葉は、漏らさずしっかり受け止めましょう。

→占いの受け止め方には“テクニック”が必要!

ですが、

中には、自分の声を聞くのも照れ臭いという人もいるでしょう。

 

そのような場合は、

メモ帳やノート

を用意し、話しながら、要点をメモしておきましょう。

たとえ録音をする場合であっても、

メモ帳やノートは用意しておいたほうがよいです。

 

後で、占いの内容を振り返る際にも、メモのほうが手っ取り早いですし、

占い前に「何を相談するか」をまとめたメモと、同じ紙を使えば、そこに、あなたの“道標”が出来上がります。

→なぜ女性は男性よりも、占いと相性がいいのか?

ちょっと意外なアドバイス

①どうでもいいこともあえて聞いてみる

人生には、

「付き合うか、別れるか」、
「行くか行かないか」、
「やるか、やらないか」

などといったハッキリ分かりやすい決断もありますが、

それ以上に、案外、どちらでも構わない決断も多いものです。

 

占いでは、そんなことも聞いてみるといいです。

 

例えば、

Aの道とBの道、どちらを通っても、同じ目的地に着くとしても、Bの道を通ったほうが、味方が少し増える……なんてもこともあるかも知れません。

そのように、一見、どちらでもよさそうなことを、あえて占いで判断すると、“見えない運”が味方になってくれることがあります。

②占いの後はボ〜ッとしてしまう!

占いをしてもらった後には、かつてのいろんな思いや記憶がドーッと押し寄せ、判断力や注意力が鈍ってしまいます。

 

ですから、

火の不始末や、思わぬ事故に気をつけてください。

 

実際、占いの後はボ〜ッとしてしまう人が多いです。

 

占いの後は、ゆっくりお茶を飲みながら、占いの内容を整理してみたり、人通りの少ない場所をゆっくり散歩してみるのもよいでしょう。

→目に見えない不思議な世界との付き合い方

 

他にもこんな記事があります