【ダメ男の作られ方】引っかかってるんじゃなくて、あなた自身が作り出していた!?

「ダメ男ばかりに引っかかっちゃう」
「恋愛すると、いつも家政婦みたいになっちゃう」
「支えられたいのに、いつも支える側になっちゃう」

という悩みを抱える女性は少なくないようです。

問題を相手のせいにするのは簡単ですが、もし、自分の側に責任があるとしたら……話は変わってきますよね。

というわけで、ここでは、

ダメ男の作られ方と、

ダメ男を作り出さない方法

について解説します。

ダメ男はこうして作られる!

男性とは、本来、誰かの役に立つ機会を探し求めている生き物です。それなのに、なぜ、ダメ男になってしまうのでしょうか?

そこには、男女双方の誤った関わり方があります。

 

はじめに、男女それぞれの特性を押さえておきましょう。

 

男性の特性
『評価』されることが優先的欲求。
・他人の人生をよい方向に動かす能力を通じて、自分の価値を測る。
・最も強い衝動は「女性を喜ばせたい」という欲求。
女性の特性
『尊重』されることが優先的欲求。
・「行動」より「あり方」によって自分の本当の価値と尊厳を見出す。
・最も強い衝動は「男性から有用だと認めて欲しい」という欲求。

 

最も大きな違いは、

男性は、相手からの『評価』を強く求め、
女性は、相手からの『尊重』を強く求める、

ということです。

これらを踏まえて、

ダメ男を生み出してしまっている構図

をまとめると、次のようになります。

 

ダメ男が生まれる構図

男性……女性から『評価』されず、やる気をなくし、受け身で、怠惰で、ひよわで、依存的で、不安定になり、優柔不断になっている。

女性……『尊重』ではなく、『評価』を得ようと必死になっている状態。「行動」を通して、自分の価値を証明しようとしている。

 

これまでダメ男に縁のあった方は、この構図を見て、ピンとくるものがありませんか?

 

あなたは、相手の男性を「評価」しようとしてきましたか?

あなたは、何でもやってあげて、相手の男性からの「評価」を求めてきませんでしたか?

 

あなたが、ダメ男と接していて、次第に腹が立っていったのは、「多くを犠牲にしても評価されない」ということではなく、「少しも自分が尊重してもらっていない」という事実だったのです。

(※「尊重する」とは、相手の欲求や価値観を重んじ、相手を自分と同じくらい、もしくはそれ以上に大事にすることです。)

→あなたはなぜ白馬の王子様を探し続けているのか?

男を「評価」してあげよう

男性を「評価」するということが、いまいちよく分からないたという人のために、少し解説しておきましょう。

 

例えば、

 

そんなことやってないで、もっとこうしたら?

 

などと、女性が男性のやり方を批判したり、考えを正そうとしたり、決定に文句をつけたり、彼が与えるものに不満を見せたりすると、男性はゲンナリしてしまうものなのです。

 

このゲンナリ度は、女性が、自分の感情や欲求や希望や権利を頭ごなしに決めつけられたり、認めてもらえなかった時に味わう気持ちと同じです。

(ゲンナリさせられた男性は、往々にして、そのような仕返しをしてくるものです。)

前述したように、「評価」されることこそ、男性の優先的欲求です。

 

たとえ、仕事上の問題が解決されなくても、家に帰れば、感謝と幸福にあふれた妻が待っているのだったら、男性のストレスは楽に解放されます。

「評価」とは、このようなことです。

 

こうしたことが、あなたの愛する男性を元気づける何よりの薬であることを、ぜひ頭に入れておきましょう。

 

肝心なのは、

あなたの女らしさ」を通してあらわす、

心のこもった愛情ある態度”

です。

 

あなたがそのような態度を取っていれば、きっと彼は、ダメ男になどならず、

温かさ、尊重、そして「あなたの役に立ちたい!」という欲求にあふれる、最良のパートナーになってくれるはずです。

→男性に対する間違った思い込み4つ

男性から「尊重」される女になるには?

ダメ男を作り出す女は男らしい?!

はじめに「ダメ男」ありきなのか、
はじめに「ダメ男を作り出す女」ありきなのかは、

非常に難しいところなのですが、

ダメ男を作り出す女の心理についても触れておきましょう。

 

男女共に、「男らしさ」と「女らしさ」を内包しているものですが、女性が「男らしさ」を先行させ過ぎると、ダメ男が生まれてしまいます。

→仕事と恋を両立させるために必要な「女らしさ」

 

いろいろと世話してあげてるんだから、“お母さん”的なことでしょ? それが「男らしさ」ってことはないんじゃない?

 

と思われるかもしれませんが、

「行動」を通して自分の価値を証明しようとしている限りは、「男らしさ」の一端なのです。

 

女性が、「行動」を通して自分の価値を証明しようとしても、結果的には燃え尽きてしまって、本当に自分が尊重や支えに値するとは思えないでしょう。

たとえ、証明できたとしても、そこには、恨みがましく、苦々しく、命令的な調子が残りがちです。

 

(相手に尽くす行為は、ある意味、「服従」に近いですが、「服従」は、いざ関係が崩れると「恨み」になり、恨むと、人は一気に支配的で命令的になるものです。……そんなカップルをどこかで見たことがありませんか?)

女性が自分の「女らしさ」より、「男らしさ」を前面に出していると、大抵の男から反発をくらいます。

素直に支えてあげたいという気持ちが、湧いてこないのです。

これは、

仕事で男性のように活躍している場合でも、
身の回りを甲斐甲斐しく世話してあげている場合でも、

同じです。

 

男性から「尊重」されるには、男性から、

 

僕が彼女に対してできることは何だろうか?

 

という気持ちを引き出さなくてはなりません。

→遊びの相手から本命になるために必要なこと

こんな意識づけをすれば、もうダメ男を作らない!

頑張って、頑張って、ただ「評価」を求めても、彼のハートを射止められないどころか、ダメ男を作り出してしまう可能性があります。

 

相手から尊重されていない時、

男性は、ひたすら自分勝手になるものですが、

女性は、自分の価値を証明しようとますます相手に尽くしてしまうという性質があります。

ですから、是が非でも、そのループから脱出しなくてはなりません。

(特に、女性が、自分の母親が父親から拒絶されていたとか、母親が自分自身を尊重していなかった場合には、男性に尽くし過ぎてしまう傾向が強いようです。)

→危険な恋を求める女性は父親との関係に問題あり?

上で、

・男性を評価してあげること
・女らしく心のこもった態度を示すこと

が大切と述べましたが、

これらを同時にクリアする便利な意識づけ方法があります。

 

それは、

 

私がこれだけいろいろとやってあげてるのは、あなたがいつも頑張っているからよ。

 

という意識を持つことです。

 

要するに、

女性がパートナーの役に立とうとする時には、

“相手から評価”してもらおうというのではなくて、“相手への評価”を表したいからそうしている

ということにするのです。

 

そうすれば、打っても響かないようなダメ男とは、金輪際もう出会わなくなるでしょう。

(もちろん、最初の見極めも大事ですが……。)

→変わってくれるダメ男と絶対に変わらないダメ男

 

 

 

他にもこんな記事があります