【女の謎を解明】なぜ不良に惚れるのか?なぜ年上の男を好むのか?

小学校では、足の速い男子がモテますが、中学校になると、何といっても不良がモテます。

それ以降は、女性も思慮深くなり、ワルに惹かれる女性は少なくなってくるのですが、それでも一定数はいるようです。

実はそのように、女性がワルに惹かれてしまうのは、“生物学的な理由”があるのです。

ここでは、

実は“本能”が関係している女の謎

について解説してきます。

なぜ女は不良に惹かれるのか?

ワルい男には“サバイバル能力”がある!

小学校の時、足の速い男子に、女子の人気が集中するのは、

『足が速い=(人として)優れている』

といったように、価値尺度として分かりやすいからです。

小学校という組織では、足の速い男子は、ステータスが高いのです。

 

ですが、それ以降は、女性も現実的になってくるので、

“資源”(=名声、権力、財力

を持っているかどうかが鍵を握ってきます。

 

では、中学時代のように、

特別、“資源”を持っているとも言えないワル

がモテる時代があったり、大人になっても、何となくワルに惹かれてしまう女性がいるのは、どうしてでしょうか?

これは実は、小学校時代に足の速い男子に、女子の人気が集中するのと、理由は同じなのです。

 

女は、自分と子供に安定した暮らしを与えてくれる“資源”のある男を求めるのと同時に、本能では、“優秀な遺伝子”も必要としています。

ここでいう“優秀な遺伝子”とは、“サバイバル能力”です。

 

攻撃的で荒っぽい男は、おとなしい男より、“サバイバル能力”が高いので、女は、そのような遺伝子を求める性質があるのです。

 

非常事態では、女性のこうした傾向は、さらに強くなります。

イギリスの病院に残っている記録では、第二次世界大戦中に、正式な夫婦の間に生まれた赤ん坊の6人に1人は、夫が父親ではなかったといいます。

戦争という非常事態に加えて、アメリカ兵が近くにたくさん居たために、女たちは生殖本能が全開になったのでしょう。

(何もアメリカ兵が、ワルというわけではなく、その時のイギリス女性は、そちらに身を委ねたほうが、自分の身の安全を守れると感じたのです。)

 

なお、排卵期にも女は、物静かな男より、激しい悪人タイプに身を任せたい願望が、強くなるようです。

 

女にとって“究極の理想”は、

資源を持っていて、プラス、サバイバル能力も高い男』

ですが、両方を持ち合わせている男は、そんなに多くないでしょう。

 

しかしながら、

本能的にこの“両面”を求めている以上、

大人になってもワルに惹かれる女性がいるのは、当たり前のことなのです。

 

合わせて言えば、

「小学校の時は、何で足の速い男子がモテたんだろう?」、
「中学校の時は、何で不良がモテたんだろう?」

と不思議に思っていたかもしれませんが、生物学的に見ると、あれはどちらも、当たり前のことだったのです。

どちらも“資源”ではなく、“サバイバル能力”に惹かれていたのですね。

→相手を1人に絞れないモテ女の心理

(余談)賢い女ほどダメ男に惹かれる理由

ついでに、賢い女がダメ男を選びがちな理由をお教えしましょう。

これは、“資源”とも“サバイバル能力”とも関係ありません。

 

知能指数(IQ)の高い女ほど、

心の知能指数(EQ)が低い傾向がある

ことが、研究で分かっています。

(心の知能指数〈EQ=Emotional Intelligence〉とは、自分や他人の感情を理解し、また自分の感情をコントロールする能力の指標です。)

 

つまり、

賢い女ほど、恋愛では間違った選択をしがちだということです。

→頑張り過ぎるから誰も振り向いてくれない

事実、高度な専門職に就いている女性は、離婚率も浮気率も高く、子供を持たない人が多いようです。

また、夫より収入が多い女性の離婚率は、そうでない女性の2倍にものぼります。

金を稼げる女は、男を厳しくコントロールしようとするでしょうし、男としては、自分より成功した女と暮らすのが何となく釈然としないというのもあるでしょう。

→結婚相手は見た目で選べ!

なぜ女は年上の男を好むのか?

年上の男は“資源”を持っているから

ここまで読んでくださった方は、もうだいたいお分かりではないでしょうか?

 

女性が年上の男を好むのは、

年齢の高い男は、より多くの資源を持ち、社会的地位も高い可能性が高いから

です。

能力主義の現代でも、やはり平均年収は年齢を重ねるごとに多くなっています。

また、年上の男は、精神的に安定していて頼り甲斐がありますし、女を大切にしてくれます。

ただ、女が希望する年齢差は、通常、3〜5歳です。

それ以上離れると、男が早く死んでしまい、資源の供給が断たれてしまいます。

→恋人に“父親”を重ねると性生活に影響が

 

早く死なれては、資源以外の面で不安を感じるという点で言えば、

やはり、ここにも“資源”プラス"サバイバル能力”を求めている女の姿が浮かび上がってきますね。

(余談)女が年下の男を選ぶと失敗する?!

「年配の女」と「若い男」という組み合わせもありますが、その場合は、次の2つの背景に集約されます。

 

・女自身が資源を持っていて、男の資源を当てにしなくていい

・出産年齢を過ぎたため、自分より年上の男からは選ばれにくくなった

(↑どちらか一方だったり、両方だったりします。)

要するに、「セックス」や「資源」をエサに若い男を捕まえるわけです。

しかし、往々にして、こうした関係は長続きはしません。

基本的に、女は自分より頭のいい男を好み、男は自分より頭が弱い女を選びたがるからです。

 

(※女のほうが社会的に成功している場合、「格差婚」とも言われますが、日本の芸能界でも、古くは小柳ルミ子&大澄賢也から、藤原紀香&陣内智則、高島礼子&高知東生、安達祐実&井戸田潤、矢口真里&中村昌也まで、平成を彩った格差婚夫婦の多くは、ほとんど離婚しています。)

→男が妻の成功を喜べない理由

女は男を「成功」への踏み台にする

――いかがだったでしょうか?

 

仕事における男女差がなくなりつつある現代においても、

女性が“本能的に”求めているのは、自分と子供の身の安全および安定した暮らしです。

それを女性にとっての「成功」と言うならば、

女は、男を成功への踏み台にする

と言えます。

→男から大事にされるには?

一方、男の“本能的”な目的は、とにかく自分の遺伝子を後世に残すこと

その点、

男は、女をセックスの手段と見なしている

と言えます。

それを手に入れるためなら、何だってします。

→男はすべての行動原理はセックス!

 

社会的に成功し、“資源”を手にした男性が、体を鍛え出すのはよくあること。

それは無意識のうちに、“サバイバル能力”を高め、自分の男としての相対的評価を底上げしようとしているのかも知れません。

もちろん、女も(マッチョ好きかはともかく)、無意識のうちに、これを歓迎します。

悲しいかな人間は、

「愛ある家庭」「心ときめく恋愛」という甘いベールの下では、

女と男の互いの“本能”が、始終、熾烈な駆け引きをしているのです……。

 

――「もっと自分のことを知りたい!」、「少し未来を覗いてみたい!」という場合には、『占い』の利用がオススメです。

→恋愛は果たして本当にくだらないのか?

 

 

 

他にもこんな記事があります