彼が変わってくれるなんて期待しちゃダメ!ましてや育てようなんて威張るな!

女性の心の中には、男性を自分好みの人間に作り変えようという願望があるものです。

しかしこれは、まったく無益なことです。

ここでは、

男女間における「期待」は失敗のもと!

ということについて、解説していきます。

期待は愛情の敵である!

まず、正しく認識しておいてもらいたいことは、

 

「期待」は「予想」とは違う

 

ということです。

 

「期待」という言葉に、

冷静かつ客観的な要素などありません。

言ってみれば、

あなたのきわめて身勝手な願望です。

 

男女の間では、この「期待」が、常にトラブルに発展する危険性をはらんでいます。

→変わってくれる男と変わってくれない男の見分け方

なぜなら、

 

「期待」と「失望」はセット

 

だからです。

期待したことが現実と違っていた場合、そこには必ず、失望が伴います。

 

例えば、

 

彼って、文句のつけようのないはずの男性なのに、何となく好きになれないんだよなぁ……

 

ということがあります。

 

これは残念ながら、あなたが潜在的に持っていた「こんな恋人が欲しい」、「こんな恋愛がしたい」という期待と、彼自身がそぐわないからです。

(彼自身にはまったく罪はありません。)

→あなたの「白馬の王子様症候群」の原因とは?

 

また、例えば、

 

彼は強い人だから、いつも明るく励ましていてあげたら、すぐに立ち直ってくれるはず!

 

と思い込んでいたら、それは大きな間違いで、

彼は実は、自分の中にある不安をとことん聞いて欲しいと思っていた、なんてこともあります……。

→男だって人に頼りたい

このように、

女性が相手の男性に対して、あらぬ「期待」をかけていると、どうしてもその態度は、あたたかみや、誠実さを欠きがちになります。

 

あなたって素敵よね? 早く素敵なとこ見せてくれる?

あなた、今はダメだけど、そろそろ(いつか)その殻、破ってくれるのよね?

そうならなかったら、どうなるか分かってんの?

 

……と、口調はここまで乱暴ではないにしても、

相手にこれに近い思いを持たれている時、男性は、その力を存分に発揮できるでしょうか?

 

「期待している」ということは、とても前向きでいい意味のように聞こえますが、それはすなわち、

「現在の彼を否定している」

ということです。

 

「期待」は「愛情の敵」である

 

ということを、よ〜く覚えておいてください。

 

あなたが、ありのままの自分”を受け入れて欲しいのと同じように、相手の男性だってそう思っているのです……。

→彼の本命になるために何が必要か?

(余談)期待は時にねじ曲がる

期待と失望を繰り返しているうちに、だんだん期待の方向がねじ曲がってしまう人も、たまにいます。

 

この人はこんな人だから、どうせ、こんな場面ではこうなるんだろうな……

 

と思いながら、自分の予想が当たることを確かめたがるのです。

つまり、いつのまにか、自分の期待が叶えられないことを、心のどこかで「期待」してしまうようになってしまうのです。

ともかく、期待は愛情の敵です。

こんな状態で、2人の間に愛が育まれるはずがありません……。

変わって欲しいという期待の“裏”にある思いとは?

彼に「変わって欲しい」とか、「きっと変わってくれるはず」という期待をしてはいけない、ということは、分かっていただけたと思いますが、

では、期待をせずに、どうしたらいいのでしょうか?

 

それは、

なぜ期待をしてしまうのかという理由

を考えれば、自ずと見えてきます。

 

あなたがなぜ、彼が変わることに期待をかけているかというと、それは、

現実の問題を直視するより、

願望の世界に逃避するほうが楽だから

です。

本当は気に食わないし、許せないんだけど、そこ突っ込んだら、彼、怒るかもしれないし、ややこしいことになるから、やめとこ……。

 

こんな思いは、彼に対しても、そして自分に対しても、誠実であるとは言えません。

思いがあるなら、それを伝えるべきです。

 

洗濯が終わったら、その洗濯物は干すべきなんです。

いつまでも洗濯の終わった洗濯物(あなたの本当の意思)を、洗濯機(心)の中にしまっておくべきはありません。

したがって、

不誠実な「期待」のループから脱出するただ1つの方法は、

 

お互いが自分の気持ちをはっきりと言葉に出して伝え合うこと

 

です。

 

確かに、彼が自分の期待に応えようとしたがらないのを見るのは、つらいことです。

でも、彼が応えてくれるかどうかは、言ってみるまで分かりません。

 

もしかしたら、期待していた以上のものが帰ってくる可能性だってあるのです。

逆に、期待するだけ無駄だったということが分かって、別れる決心をする羽目になるかも知れないでしょう。

 

でも、どちらにしても、

言わないよりは言ったほうがよいのです。

女性の中には、それをためらう人が多いですが、ためらっていても何にもなりません。

ちょっと勇気のいることですが、はっきり言ってしまったほうが、時間も節約できるし、余計な涙も流さずに済むのです。

→彼に本音を話す時のルール

彼氏を「育てる」という考え方について

相手の男性が年下である場合に、特に多いのですが、

「彼に変わって欲しい」

ではなく、

「彼を育てよう」

という意思を持つ女性がいます。

これは、ちょっと聞くと、しっかりした考え方のように受け取れますが、

ありのままの相手を受け入れてない(現在の彼を否定している)という意味では、少しもいい考え方ではありません。

→可愛いくもないのになぜかモテる女の秘密

 

また、

人間関係とは、すべてにおいて、

教える者が教えられ、

育てる者が育てられている

ものです。

 

(人に教えるために物事を整理すれば、より理解は深まるものですし、子育てをすれば、親も精神的に成長していくものです。)

 

彼に変わって欲しい気持ちを、「育てる」などと、何と不遜な言い方でしょうか?

“絶対神”にでも、なったつもりでしょうか?

その人自身にも、至らない考え、態度、知識などは、きっとあるはずです。

 

彼に変わって欲しいところがあるなら、

それをはっきり伝えた上で、

「一緒に伴走していく覚悟」を持つべきでしょう。

 

自分は自転車やバイクに乗って、一生懸命走る彼の背中から、「がんばれ、がんばれ!」と声をかけるのでなく、

一緒に隣を走って、一緒に成長していく

ということです。

その勇気も、覚悟もなしに、「彼に変わって欲しい」という身勝手な願望を、「育てる」などと、きれいな言葉で誤魔化してはいけません。

→どうしてもしっくりこないなら別れるのも手

効果的な期待もある?

ここまで、

「期待のしすぎはよくない」

ということを述べてきましたが、

期待という期待が、すべてトラブルのもとというわけではありません。

 

自分をつまらない人間としか思えない人は、

後ろ向きな期待しかできないものですが、

 

自信を持って生きている人は、

その自信にふさわしいだけの前向きの期待を抱き、また、実際に期待しただけのものを、ちゃんと獲得していけます。

 

パートナーのことを、とても自分の気持ちを分かってくれて、信頼できる、愛情豊かな人だ信じていれば、本当にそうなってくれるものです。

→男は犬と思って上手にしつけよう

自分を肯定的にとらえ、自信を持ち、

そして、

 

❌ 彼に変わって欲しい……

 

という期待を抱くのではなく、

 

⭕️ 彼はできる人よ!

 

という期待をし、それを信じてみましょう。

 

そうすると、彼はきっとそれに応えようと思って、行動してくれます。

そのほうがずっと、彼が実際に期待通りの人になってくれる可能性は、高まるでしょう。

→玉の輿を狙うから失敗する?!

 

 

 

他にもこんな記事があります