愛に飢えてガツガツしている女ほど愛を得られない理由とは?男が苦手な“愛の押し売り”

「あわてる乞食は、もらいが少ない」なんて言いますが、これは、お金とか物資の話。

自分の欲しいものに対して、ガツガツしていると、得られるものが、かえって少なりますよ、という意味です。

でも、実はこれ、“愛情”においても、同じことが言えるんです。

というわけで、ここでは、

愛に飢えているガツガツした女ほど愛を得られない理由

について解説します。

男はなぜ「愛に飢えている女」を避けるのか?

ちょっとショッキングな事実からお教えしましょう。

 

・両親からかわいがられ、大切にされて育った人もいれば、
・ほとんど愛された経験のないまま育った人もいたりと、

幼児期にどんな愛情を経験したかは千差万別ですが、

当然、後者のほうが、大人になった時に、愛に対して飢餓感を抱くようになるわけです。

 

とても皮肉なことですが、

愛に飢えているガツガツしている人ほど、

最も愛を必要としているはずなのに、

その人たちこそ、最も愛に恵まれません。

なぜか?

 

男性から見ると、そのような女性からは、

 

愛されたい!

 

という悲痛な叫び声しか伝わってこないからです。

 

男性は、それを目の当たりにすると、何か、暗くて深い、底無しの穴を見たような気がして、怖じ気づいてしまいます。

そして、逆に、

 

この人は絶対に自分を愛してくれないだろうな……

 

と直感するのです。

男性というものは皆、けっして口には出しませんが、

恋人や妻に対して、必ず心のどこかで、自分が幼い頃母親から受けたのと同じような優しさや、温かさや、細やかな気配りを期待しています。

ですから、大多数の男性にとって、付き合う相手がこうした母性的な要素を持っているかどうかは重大な関心事なのです。

 

もし、それがなさそうに感じた場合は、

 

この人は奪う一方で、与える能力がなさそうだ……

 

と思い、その相手からは手を引こうと判断するのです。

 

もう少し、

違う言葉で分かりやすく言えば、

 

たとえこの人を好きになったとしても、同じ熱量で返ってこなそうだし、こっちが傷つくだけかもな……。

 

といった感じです。

→潜在意識が恋の邪魔をするケース4例

男たちは「愛に飢えている女」をこうして見抜く!

では、

男性は、「愛に飢えている女性」をどうやって見抜いているのでしょうか?

 

この点に関して、男性は非常に敏感です。

 

女性がまだ付き合い始めるか始めないかのうちに、あまりに性急に愛情を表現し始めたり、

「あなたのことが好き」と言いながら、暗に、「あなたもそうでしょ?」と、愛情を半ば“押し売り”のごとく強く求めてくると、

男性のレーダーはピッピッと警告を発し始めます。

→男が好きと言ってくれない理由

 

愛に飢えた女性は、まだ2人の関係が十分に確立していないうちから、相手からも激しい愛を与えられることを要求します。

愛というものは、自然の成り行きに任せておけば、やがて花開くものだということを、信じていないのです。

 

自分の愛への飢えに気づいていない女性は、相手の男性に突然背を向けられると、その理由が分からなくてオロオロしてしまします。

「どうしてLINE(メール)をくれなくなったんだろう?」、「私が何かいけないことをしたのかな?」と、いくら考えても分かりません。

 

でも、分からないのは当然です。

そんな女性の、恵まれなかった昔の愛情体験は、すでに潜在意識として形成されていて、本人はほとんど自覚していないのです。

→すぐ好きになってすぐ冷める人の心の構造

ちなみに、男性の中には、

女性から頼られ、求められると俄然張り切ってしまうタイプ

も、いるにはいます。

それは、他人から必要とされることで、何か自分が一回り大きくなったような気がするからです。

→あなたを誘惑する「悪い男」

 

しかし、このタイプの男性の機嫌がいいのは、“救いの騎士”を演じていられる間だけです。

 

そして、その裏の顔には、たいてい、

何でも自分の思い通りにならないと気が済まない“暴君”

の顔が隠れているので、注意が必要です。

→「男らしすぎる男」に気をつけて!

もうガツガツしない!そのためには……?

愛に飢えている女性は、無意識のうちに、

 

愛する人を見つけられなかったらどうしよう???

 

というパニックにも近い感情を持っています。

 

それがどんなに隠しても表にあらわれてきて、相手の男性を怖じ気づかせてしまいます。

男性に去られると、さらにまた、激しく愛を求めるようになるでしょう。

するとまた、次に出会う男性も逃げ腰になります。

 

……このような“負のループ”を脱出するためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

ただ、「これからは男性に対してガツガツするのはやめましょう」と言っても、おさまるものではないでしょう。

実のところ、

愛に対して悲壮感を抱くのは、

自分の値打ちに自信が持てず、

悲観的になってしまっている証拠です。

 

ですから、

唯一の解決策は、

 

自分の価値を信じ、自分自身を、愛されるに値する人間としてみるよう努力すること

 

です。

→女の失恋の痛手が長引く理由

 

愛に飢えている女性は、自分の値打ちを他人の価値観に頼って測ろうとしているので、いつも、

 

しかるべき相手さえ見つかれば、自分の心の隙間が埋まるのよ!

 

と考えています。

 

しかし、

男性の存在は、何の解決にもなりません。

それどころか、

こんな考え方で行動している限り、男性たちは皆、あなたから逃げていくだけです。

→あなたも「白馬の王子様症候群」かも?

自分の人間としての値打ちや、生きていく上での満足感は、誰の力でもない、あなた自身の力で獲得していかなければなりません。

あなたが、精神的に「自立」し、「自分を好きでいる」ということが、パートナーとの間に永続的な実り多い関係を築くための、第一歩なのです。

→なぜ自立心の強い女性ほどモテるのか?

 

 

 

他にもこんな記事があります