追ってこない男の心理とは?脈なしと受け取る前に、本当に彼が好きですか?

まだまだ2人の関係が新鮮な時に、

「彼から連絡がないってことは、脈なしってことかしら?」

と思うことがあります。

また、そろそろ円熟味を増してきた関係の彼に対して、

「私がこのまま連絡を断っても、追ってこなそう……」

と思うことがあります。

どちらも、煮えきらない彼の態度にヤキモキしているわけですが、こんな時の男性の心理は、どうなっているのでしょうか?

ここでは、

追ってこない男の心理と、その対処法

について解説します。

あなたを追ってこない男の心理

恋の始まりの時期であれ、安定した時期であれ、

女性をヤキモキさせる男性心理には、2種類あります。

①理想追求型の男

理想の相手をいつまでも探し続け、終わりのない旅をしている男性は、少なくありません。

このような男性は、けっして1人の女性に満足せず、終わりのない旅を続けていきます。

 

どこかに、自分にぴったりの女性がいるはずなんだ!

 

と信じて疑わない彼らは、2人の間に起きた、些細な問題や、ありふれた問題に対しても、

 

彼女と自分が合わないから、こんなことが起きるんじゃないだろうか……?

 

と、考えがちです。

彼らは、どのような関係にも、「いい時」と「よくない時」があるのを知らないのです。

相手が不満を言ったり、反応が自分の望む通りでなかったりすると、とりあえず自分の意見は言うものの、あっさりとあきらめます。

 

実際のところ、彼らは、自分と彼女が、合うか・合わないかの結論をしっかり出せているわけではありません。

ただ、どう関係を深めていっていいか、問題をどう解決していいかが、分からないのです。

だから、自分から連絡をしてこないのです。

 

深層心理を言葉にするならば、

 

オレは、どうにかできるかどうかも分からない問題には、あえて、これ以上、首を突っ込まないんだ。

そもそも、彼女が自分にぴったりの相手かどうか、自信もないしね……。

 

という感じです。

 

理想の女性を追って、終わりのない旅を続ける男性は、

 

オレは、真に出会うべき、理想の女性とまだ出会ってないんじゃないだろうか……?

 

という不安が常につきまとっています。

 

そのため、もし、何となく、相手女性との関係が切れてしまっても、大した感慨も持たないでしょう。

→夢のある男が傷つく言葉

②覚悟を決められない男

ここで言う「覚悟」とは、付き合う覚悟でもあり、それ以上踏み込む、結婚する覚悟についてもです。

 

上のタイプとも似ていますが、例えるなら、上のタイプは、

・回転寿司の皿すら取らないタイプ

でした。

 

ですが、このタイプは、

・皿は取るものの、食べようとしないタイプ

です。

覚悟はないものの、一応、“取る”のです。

上のタイプより、いくらか勇気と行動力はあるのですが、それが中途半端なだけに、余計にタチが悪いかも知れません。

(下手をすれば、チャラ男やヤリチンになってしまうのは、このタイプです。)

 

こうした男性は、女性の対応が、自分の期待に反すると、

 

彼女が、もうちょっと、〜〜であったらなぁ

 

と感じ、自分の勝手な期待のほうに問題があるということに、少しも気付きません。

 

しかし、本来なら、一緒に過ごしていて、いつも同じ問題が起こるようなら、男性は、女性を非難するばかりではなく、自分の行動を反省しなければなりません。

要するに、彼らは、男性と女性の違いを理解し、経験を糧に成長していこうとしないのです。

 

そんな彼らは、女性を好きになっても、ある一定の線を越えることに、常にためらいを覚えがちです。

経験から学ぼうとしないのですから、彼らにとっては、関係性が長くなっても、“ただ長くなるだけ”なのです。

 

当然、彼女が去っていこうとしても、強い意志を発揮して、それを止めようとはしないでしょう。

→「変わってくれるダメ男」と「変わってくれないダメ男」の違い

必要とされたいがために、世話好きになってはダメ!

では、そんな彼に対して、あなたはどんな態度を取ればいいのでしょう?

 

相手の気持ちをつなぎ止めようとして、

 

もっと、彼にとって、必要な女になってやろう!

 

と考えるのは、わりと自然のことのように思えます。

 

しかし、多くの場合、女性が心のバランスを失って、「一方的な世話好き」になるになるのは、彼を信頼できないと感じる時です。

つまり、自分のことを気にかけて欲しいという欲求が、他人を思いやろうとする欲求に置き換えられているのです。

そんな風にして、「一方的な世話好き」になっても、

 

なかなか、便利な女よのぉ

 

と甘えさせて、ダメな男にしてしまうか、

あるいは、

 

お母さんは、1人で十分!

 

と思われて、余計に逃げられるのが関の山です。

 

信頼されていないと感じる相手に、“奉公”する必要はありません。

→男選びを根本的に間違っている女性【5タイプ】

大抵の男女はこうしてすれ違っている

彼との信頼関係がうまく築けていない(築けてこなかった)のは、ひとえに、コミュニケーション不全です。

それ以外にありません。

(何を言ったからとか、何をしたから、というのではありません。)

男女のコミュニケーション不全というものは、以下のようなものがほとんどです。

 

⚫︎男性が話したい時に、女性が話したがる
⚫︎男性が自分の時間が欲しい時に、女性が2人の時間を要求する
⚫︎女性が話を聞いてもらいたいだけなのに、男性は解決策を考えようとする(→女性はアドバイスを無視し、男性は感謝されないことに不満を覚える。)

 

……これらを、身をもって理解し、接し方を少し変えるだけで、あたたかい関係が実現します。

 

ですが、

もうあなたを追ってこず、接点が持てないのなら、こうしたコミュニケーション改善で、現状を打開するのは、難しいと言えるでしょう。

→「好きだけど合わないかも」と感じたら試して欲しいこと

あなたは、その彼が本当に好きですか?

あなたを追ってきてくれない彼に対して、

・世話好きになって歩み寄ろうとしても逆効果
・接点が持てなければ、もうコミュニケーション改善も無理

となれば、あと、あなたに何ができるでしょうか?

 

……正直なところ、

具体的な行動としては、何もできることはありません。

 

私たちって、もう終わり?

 

とか、

 

◯◯君に、今、言い寄られてるの。

 

などと、相手を試すようなことを言っても、そんな台詞は、

 

私は、あなたのことを信用していません。

 

と言っているのと同じです。

それで、本当に愛されていないことが分かったところで、意味はありません。

彼が追ってこないことによって、あなたのプライドが傷付いたとか、彼の態度に腹が立つとか、とか、そんなことを考えても仕方がないのです。

自分が彼に対して、どう思っているのか?というのが大切です。

 

したがって、

「彼の気持ち」を探る前に、

「あなた自身の気持ち」を探ってみる必要があるでしょう。

 

……ですが、

追ってきてくれない彼に対して不満の感情を抱いたあなたは、

本当は、彼のことを、心から好きではない

のではないでしょうか?

 

(どうでしょうか?)

恋に潔い人になろう!

恋愛の基本は、

「自分が好きだったら、それでいい」

と思えることです。

 

相手の気持ちを探るよりも、

 

彼はもう私のこと、好きじゃないかも知れない……。

だったら、もっと好かれるための努力をしよう!

 

と考えたほうが、前向きになれます。

 

加えて、ほんの少しの期間であれ、長期間であれ、彼にしてもらったことや、彼と過ごした楽しい時間に「感謝」するようにすれば、気持ちがねじくれていくのを防ぐことができるでしょう。

 

それこそが、恋に潔い人の態度です。

→「私にもう冷めた?」は禁句中の禁句!

……もし、熟考した末に、

 

やっぱり、私はまだ、彼のことが好き!

 

と思えたなら、少し時間を置いて待ってみるのがいいです。

待つなら待つと、腹を据えるのもまた、恋に対する“潔さ”です。

 

――「彼との相性の問題から検証しなおしたい!」、「もっと自分の気持ちに、きれいに決着をつけたい!」という場合には、『電話占い』がオススメです。

鑑定結果とアドバイスによって、心がスーッと落ち着き、冷静な自分を取り戻すことができるでしょう。

→女の恋はいつだって待つべき?!

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らは、“ちょっと不可思議な力”を持っています。

 

本来のあなたは、もっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっともっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります