別れは悲しいことじゃない?!互いの成長があればすべての恋は成功!

人間の生きる目的は、死ぬまで成長し続けることですから、「何かに成功すること」も「何かに失敗すること」も、大局的に見れば、どちらもいいことです。

それは、恋愛だって同じ。

交際することも別れることも、いいこと。
結婚することも離婚することも、いいことです。

というわけで、ここでは、

「別れること」による成長

について、解説します。

あなたの失恋は、何も失敗していない!

電球を発明したエジソンは、インタビュアーから、

 

1万回も失敗したそうですね?

 

と聞かれ、

 

私は失敗をしたのではない。うまくいかない方法を1万通り発見しただけだ

 

と答えたそうです。

 

「エジソンという人物が、電球を発明できるかどうか?」

という観点で見れば、もちろん、電球を発明して、初めて“成功”なわけですが、

別に、エジソンは、電球を発明する使命を持って生まれてきたわけではありません。

好きな発明に取り組み、それを通して、成長をしながら、その過程の中で、たまたま電球が生まれたに過ぎません。

確かに、エジソンは、何も失敗していないのです。

→“執着”はあらゆる失敗のもと

 

恋愛だって、それと同じです。

 

誰かの人生を、

「◯◯さんと結婚して、生涯幸せに暮らしましたとさ」

と、1行にまとめることもできなくはないですが、どんなに平坦な人生に見える人でも、それなりに紆余曲折あるものです。

・恋愛経験は豊富だけど、なかなか結婚には至らない人
・恋愛経験は少ないけど、豊かな結婚生活を送っている人
・結婚はしているけど、ストレス過多な毎日を送る人
・結婚はしていないけど、ストレスフリーな毎日を送る人

……この中のどれが一番幸せかなんて、決めることはできませんし、ましては、どれが“成功”かなんて、決められるはずがありません。

 

特に、恋愛に関しては、

 

⚫︎結婚=いいこと
⚫︎別れること(失恋)=よくないこと

 

と捉えられがちです。

 

しかし、

失恋して、2人が人間として成長できたなら、それは“成功”です。

 

未成熟な恋をして、やがて、

成熟した恋ができる大人になっていく……

これこそが、“成長”であり、人間が生きる目的です。

→あなたに愛を与えてくれるのは彼だけじゃない!

……ただ、毎回同じパターンで別れてしまう人は、成長しているとは言い難いです。

そのような人は、いつも人がそばにいないとダメな「恋愛依存症」の可能性がありますので、そちらを治すことが先決かも知れません。

→「恋愛依存症」の原因と治し方

別れるならすっきり別れよう!

「失恋しても、そこには成長がある」と考えるならば、

別れる時は、しっかりと別れなくてはいけません。

 

自分から別れを告げておいて、

 

私たちのことは、美しい思い出として、いつまでも2人の胸にしまっておきましょう。

 

と言う人がいますが、これは、自分の恋を「絵になる恋」にしたいだけで、極めて、身勝手な姿勢と言えます。

第一、それによって、相手が傷つくことを考えていないのです。

こんなことを言えば、相手の頭は、このように働きます。↓

 

彼女と自分の恋は、完全に否定されるものではなかったのか……。

じゃあ、どこに問題があったのだろう?

彼女から別れを告げてきたと言うことは、やっぱり、こっちに問題があったのか……。

じゃあ、どうすればよかったのだろう?

何か、また会いたような気がしてきたな……。

……というか、これじゃ、全然、新たな一歩が踏み出せねぇじゃねぇか!!💢

くっそう、最後に何言ってくれてんだよ!!💢💢💢

 

と、このように、相手を傷つけるだけでなく、下手をすれば、相手は気持ちが変な方向にねじくれて、“ストーカー”へと変貌してしまいかねません。

→失恋した時の「怒り」は抑え込んじゃダメ!

ですから、別れる時は、

もう未練がないことをしっかり伝えてこそ、相手は、また新たに自分の人生を歩いていくことができる

ということを覚えておいてください。

(もちろん、「これからも、いい友達でいましょう」なんて、ありえません。)

 

別れるならすっきりと別れる。

これが相手への誠実さであり、2人がお互いに成長するために必要なことです。

 

未成熟なままの男女には、成熟した愛を実現することはできません。

ですから、往々にして、若い時の恋愛というのは、無責任なものなのです……。(女も、男も。)

→すぐ好きになってすぐ冷める人の心の中

依存心こそ、恋愛のトラブルのもと

別れをきちんと“成長の糧”にするためには、

未成熟な2人の恋愛に、どんなトラブルが起きたのか?

についても、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

大きく分けて、恋愛のトラブルは、以下の3種類です。

 

恋愛のトラブル3種類

① 男と女であるがゆえのトラブル(浮気)

② 双方が何かしらの心理的問題を抱えているがゆえのトラブル

③ ①と②が重なったトラブル

 

2人の間に起きたトラブルが、どちらかの単なる浮気心(①)であれば、別れるか、やり直すかだけの話です。

これは、未成熟でなくても、起こり得ます。

 

問題なのは、

お互いの未解決な心理的問題が絡んだトラブル(②と③)

です。

→男女関係における4つの間違った思い込み

そして、ここでいう心理的問題とは、先ほど、「恋愛依存症」という言葉を先に出しましたが、

要は、「依存心が強い」という問題です。

 

未成熟で、依存心が強いと、

 

あぁ〜、この人のことが好き!

 

と、恋の情熱に浸ることはできますが、

そこから一歩踏み込み、

「本当の親密さ」

本当の意味での運命共同体になるための覚悟)

を築くことができません。

 

なぜなら、

依存心が強いと、

「ただ一緒にいたい(1人になりたくない)だけなのか?」

「2人で永続する豊かな関係を築きたいのか?」

が、自分自身で判別がつかないからです。

→彼の本命になるために必要な覚悟

“性格の不一致”で片付けてはダメ!

友人などから、「なぜ、別れたの?」と聞かれ、

 

簡単に言うと、“性格の不一致”かな……?

 

と答えるような場面は、よくあると思いますが、

本質的には、男女が“性格の不一致”で、別れるはずがありません。

 

だいたい、性格が、“完全に一致する異性”と一緒にいたって、何の刺激も得られません。(何も面白くありません。)

というより、

そもそも、“自分とほとんど性格や考え方の変わらない人”を求めるのなら、はじめから、異性を求める必要なんかないはず。

 

別れを“性格の不一致”のせいにするのは、

当事者の「心理的未成熟さ」を隠すための単なる口実です。

→自尊心はどうやって高めればいいのか?

 

「なぜ別れたの?」と聞かれて、ただその場を乗り切るために、「性格が合わなかった」と返すのは構いませんが、

本心からそう思っているとするならば、

それは、

せっかくの“別れという成長のチャンス”

をふいにしてしまいかねません……。

→もしあなたがストーカーになってしまいそうなら

フった側にせよ、フラれた側にせよ、確かに、別れとは、辛いものです。

また、人はいったん傷つくと、余計に傷つきやすくなるものです。

 

しかし、

成長し、本当の幸せを掴みたいなら、

失恋して、大いに悩み、そして耐えることです。

 

その悩みが大きいほど、人生の“価値”と“意味”は、大きくなります。

 

より客観的に自分の人生や恋愛を振り返ってみたいという場合には、『占い』の利用をオススメします。

→失恋後にはちゃんと悲しみに浸らないとダメ!

 

 

 

他にもこんな記事があります