これが男女関係の悩みのもと!4つの間違った思い込みとそれを打破する考え方とは?

人は、他人と感じ方や考え方が違う時、自分と同じであって欲しいと思います。

特に、愛する人に対しては、より強くそのような気持ちを抱くのではないでしょうか?

はっきり言います。

「愛する人が自分と同じように考え、感じ、行動すれば、幸せになれる……」

というのは、間違った思い込みです。

ここでは、

男女関係の悩みの根幹となっている4つの間違った思い込み

について、解説します。

人と自分とは違う!男と女なんて根本的に違う!

世の中の物事には、すべて、裏・表があります。

いい面もあれば、同時に、悪い面もある……というわけですが、その、いい・悪いでさえも、見方によってまるで変わってきます。

 

例えば、あなたが、

 

感情的で付き合いにくい人だなぁ

 

と感じている、相手のほうは、あなたのことを、

 

いちいち理屈っぽくて、接しにくい人だなぁ

 

と思っているかも知れません。

 

「感情的」ということは「情熱的」でもあるわけです。

「理屈っぽい」ということは「論理的」でもあるわけです。

すべては、言い方次第・見方次第。

絶対的な、いい・悪いがないのだとしたら、

ひとつ確実に言えるのは、

『人それぞれ考え方や感じ方は違う』

のだということ。

 

……これって、あまりにもよく聞く言葉で、使い古された表現ですが、多くの人が表面的にしか理解していません。

だからこそ、いつの世も、人間関係や夫婦関係で悩む人が絶えないのです。

 

「何で彼(旦那)はいつもこうなんだろう?」
「何であの人は、あんなこと言うんだろう?」

この“何で”は、疑問ではなく、批判です。

受け入れていないのです。

 

人生を豊かにする大事な基本は、

「人と自分とは違う」ということを認めること、その違いを受け入れること

です。

とりわけ、男女関係の不和においては、

「男性である相手」を、「女性である自分」が好きになったのに、

 

男性の考え方・感じ方は、女性と同じである

 

という間違った思い込みが、悩みの解決から遠ざけています。

→完璧なカップルを目指すほど失敗する?!

相手と自分を苦しめている【4つの間違った思い込み】

では、具体的に、どんな違いがあり、どんな思い込みが、彼とあなたの関係を損なっているのか、

一般的に信じ込まれている4つの間違った思い込みを、順に見ていきましょう。

①❌「あなたは私と同じように考え、感じ、行動すべきよ!」

他人が自分と同じように物事に反応するものだと期待をかけると、相手が違う反応をした時に、不満を感じずにはいられません。

例えば、ストレスにさらされた時に、

「本能的に周りとの間に距離を置きたくなる人」もいれば、
「感情的になる人」もいます。

それなのに、

1人になろうとしている相手に世話を焼こうと近づいたり、

感情的になっている相手に対して、「そうカリカリしないで」などと、相手の感情的反応をないがしろにしたりすると、2人の関係は損なわれてしまいます。

→なぜ男は1人になりたがるのか?

②❌「私にとっていいことは、彼にとってもいいはずよ!」

自分がこうして欲しいと思うやり方でパートナーに接したために、相手の気持ちを損ねることがあります。

例えば、

「自分のこまごました心遣いは喜ばれるはずだ」という思い込みで世話を焼いていると、

「まったく、うっとうしいな……」と彼をいらだたせている場合があります。

あまり世話を焼かれると、うっとうしく感じるのは、男としてはしごく当然なことです。

あなたが悪いのではありませんが、彼の欲求が自分のとは違うのだということを理解しなくては、“内助の功”を上手に発揮することはできません。

→冷たくなったように見える男の本当の心理とは?

③❌「疲れている彼を私の力で癒したい!」

何度も述べるように、問題は、相手も自分と同じように考え、感じ、行動する物だと思う時に生じています。

往々にして、女性は、“女性の価値基準”をもとにして、男性の行動から愛情を測り、誤解してしまいがちです。

例えば、ストレスにさらされた時、

男性は、一番急を要することに集中する性質がありますが、

女性は、いろんな問題が目に止まり、やらなくてはならないことが、さらにそこに上乗せされます。

ですから女性にとっては、

今手をつけている問題の解決に集中するあまり、愛する人の欲求がおろそかにされるなど、まずありえません。

よく話題になる、「仕事と私、どっちが大事なの?」なんていうセリフがありますが、

男は、いっぱいいっぱいになると、癒されたいというよりは、「今はこれに集中したいから、とりあえずしばらく放っておいてくれ」という気持ちになるものです。

→そんな男と腹を割って話すには?

④❌【男性側】「女性が愚痴ったら、解決法を示してあげよう!」

これは、男性側の勘違いなのですが、女性も知っておいたほうがいいでしょう。

例えば、女性が、ただ話を聞いてもらいたくて、「疲れた、もうやってられない、もうだめだわ」と言ったとします。

すると、男性は、絶え間なく、口を挟んで、問題の解決法を持ち出そうとします。

見つかりそうもない場合は、自分が責められているようにすら感じます。

男性は、“ただ話を聞く”ということが、苦手なのです。

これほどまでに、男性と女性は違います……。

→聞いてもらう効果はこんなにも絶大!

こう考えればうまくいく!

4つに大別してみましたが、シンプルに言えば、

男女間の問題の根幹は、

 

本来、男と女は別々の生き物ほどに異なっているのに、同じはずだとする思い込み

 

にあります。

→ダメ男は女が作り出していた?!

 

では、どうやってそんな間違った思い込みを、払拭したらいいのでしょうか?

あなたの脳のスイッチを切り替える、ちょっとした考え方を、紹介しましょう。

男は消防士

男性は、『消防士』のようなものだと考えるのです。

 

もし、火事が起きれば、全力を尽くして消化に当たります。

 

逆に言えば、

火事が起きなければ、眠ったまま。

これがどういうことかと言うと、

あなたが常に欲求を伝えていないと、彼は、

 

何も言ってこないということは、万事うまくいってるんだろうな……

 

と信じ、相手に尽くす努力をしないのです。

(消防士は、町を燃えにくくするために普段から水を撒いておく、なんてことはしません。)

→「彼と合わないかも?」と思ったら試して欲しい7つのこと

 

ですから、

 

私がこれだけやってるのに、あの人ときたら……

 

なんて、恨みがましい気持ちを持たず、その都度、欲求を素直に伝えることです。

 

ですから、

 

❌ 言わなくても分かってよ〜

 

は、金輪際、封印しましょう。

 

男は、恨みがましくない要求にこそ、いそいそと応じるものです。

→男女はお互いを補完する存在

男と女は別々の惑星から来た異星人

加えて、

いっそ、こう考えましょう。

 

あなたの恋人は、遠くの星からやってきた『異星人』である

と。

もし、あなたが出会った素敵な相手が「異星人」だったら、そんな彼を、自分の都合のいいように変えようとはしないはずです。

それどころか、きっとあなたは、彼の自分とは違う部分を理解しようと好奇心に燃えるでしょう。

 

そして、理解しようと努めているうちに、あなたは我慢強く、寛大になっていきます。

→彼とうまくいかないのはあなたと親との関係が原因かも?

冒頭でも述べたように、

相手を受け入れ、理解しようとすることが、うまくいく愛情関係の基本です。

 

愛する者が、自分と違っていてもいい

 

と思えれば、その時こそ、新世界が開け、愛が花開くことでしょう。

→「運」とは「女らしさ」のことだった!

 

 

 

他にもこんな記事があります