玉の輿に乗ろうとする人は結婚詐欺に遭いやすい?親友に裏切られる人との共通項とは?

世の中にうまい話は「ある」と思っている人ほど、ズルイ人に騙されてしまいます。

それは当然です。世の中にうまい話など「ない」と思っていれば、最初から話自体に乗らないわけですから。

対人関係で失敗した時には、相手を責める前にまず、「自分に“間違った思い込み”はなかったか?」と振り返ってみることが大切でしょう。

“間違った思い込み”があると、(女性なら)結婚詐欺に遭いやすくなってしまったり、また、親友に裏切られることが多くなってしまったりします。

というわけで、ここでは、

「結婚詐欺に遭う人」と「親友に裏切られる人」との共通項

について解説します。

“自己執着”が強いと、人を正しくジャッジできない

冒頭のお話を、

「うまい話に乗る」=「玉の輿に乗る」

で考えてみましょう。

 

玉の輿に乗りたい!

 

という願望がある人は、「この人、玉の輿かも!」とか、「この玉の輿に乗れたらいいなぁ!」という思いはもちろん、

「この人が玉の輿だったらいいなぁ!」

いう強い思い込みが生じ、人を見る目が曇ります。

そしてその結果、結婚詐欺に遭いやすくなってしまいます。

 

逆に、

 

私は自分にふさわしい結婚をしたい!

 

と思っている人は、ちゃんと人をジャッジすることができるので、あまり詐欺に遭いません。

また、結婚詐欺とは違いますが、

例えば、

 

早く結婚して、いつも2人でラブラブに過ごし、なるべくたくさんの子供を、2人で丁寧に、楽しく育てていきたい!

というのは、女性にとっては、わりあい普通の願望ですが、このような願望が強過ぎると、“あまり家庭的ではない男性”と結婚してしまうことが、往々にしてあります。

 

なぜか?

それは、自分の願望にクローズアップし過ぎている人は、相手に注意がいかず、相手ときちんとしたコミュニケーションが取れないからです。

→絶対に変わることのないダメ男はこんなタイプ!

 

本来、相手が自分の意思に沿うような家庭的な相手であるかどうかは、通常の付き合いの中で気付くはず。

それでも気付かなかったのは、自分を売り込むことに必死だったからです。

 

自分を売り込む人は、愛するよりも、愛されることを求めています。

言ってしまえば、愛する能力がないということです……。

→ガツガツすればするほど男が逃げる理由

けっして誤解をして欲しくないのですが、

玉の輿に乗ろうとする人や、早く結婚したいと思う人には、人を愛する能力がない、と言っているのではありません。

 

あくまでも、ここで言いたいのは、

 

“自己執着の強い人”は、人と真正面から向き合うことができない

 

ということです。

→玉の輿は全然幸せじゃなかった!

「親友の数」と「裏切られる回数」は同じ?!

「思い込み」や「自己執着」が不幸な結果を招く、という、もうひとつの例が、親友に裏切られるというケースです。

 

これも構造としては、上で紹介した、玉の輿に乗ろうとする人が結婚詐欺に遭うのと、非常に似ています。

 

例えば、親友に彼氏を奪われて、辛くて辛くてしょうがないという人がいるとします。

 

このような人に、

 

彼氏と別れたことと相まって、さらに辛いわけですね?

 

と聞くと、

 

いや、彼と別れたことよりも、親友に裏切られたということが、一番辛いんです

 

と答えます。

さらにこの人に、

 

あなたは、これまでもよく親友に裏切られてきませんでしたか?

 

と聞くと、だいたいの場合、

 

……そうです

 

と答えます。

→愛された経験がない人は失恋の痛手が長引く?

実は、

「親友」という言葉を乱発する人ほど、「裏切られた」という言葉も乱発するという法則があります。

 

裏を返せば、

最初から「親友」と思っていなければ、「裏切られた」とも思わないわけです。

 

要するに、

親友だと思っていた人は、親友でも何でもなく、ただ本人がそう思いたかったから、思い込んでいただけ。

 

「この人が親友であって欲しい!」

という願望だけが突っ走って、自分を売り込むこと(嫌われないこと)だけに必死になり、まともなコミュニケーションなど、実は少しも取れていなかったわけです。

→男女関係のトラブルの元となる4つの間違った思い込み

 

したがって、

やはり、これも、玉の輿に乗ろうとする人が結婚詐欺に遭うのと同じで、

(裏切られたわけでも何でもなくて、)本人の“自己執着”が強くて、人を正しくジャッジできていなかったというだけのことです。

→ストーカーにならないために知っておきたいこと

余計な心の囚われを解放し、「無」の心になろう!

アメリカの心理学者デヴィッド・シーベリーの言葉に、

 

注意に注意せよ

 

というものがあります。

 

これは、「自分の注意がどこに向いているかを注意しなさい」という意味です。

 

・相手を自分にとって都合よく見ていないか?
・他の人が見たら、自分と違うように見えやしないだろうか?

という客観的な視点を持つようにすれば、いつも物事を、そして他人を、正しくジャッジすることができるようになります。

→「一目惚れ」はロマンチックではなく、単なる病気

“自己執着”とは、簡単に言えば、

「自分の考えがすべてだ!」

と思い込むことです。

 

でもそこには、「先入観」「偏見」「願望」が多分に含まれているものです。

 

それさえ捨てて、客観的な視点を持てば、つまり、「無」の心になれば、

うまい話に引っかかることも、
結婚詐欺に遭うことも、
親友に裏切られることも、

ありません。

 

余計な心の囚われから解放されたい(他人の意見をじっくり聞いてみたい)という場合には、電話占いを利用してみるのもいい方法でしょう。

→なぜあなたの恋愛はいつも“恋愛ごっこ”なのか?

 

 

 

他にもこんな記事があります