「すぐ好きになるのをやめたい!」恋愛してもすぐ冷める人の心の中はどうなっているのか?

よく、「人を好きになるのに理由はいらない」と言ったりしますが、本当は、ちゃんと理由があるものです。

ただ、それを本人が説明できないところに、好きという感情の“奥深さ”があります。

もっと言えば、本当に好きなのか、それとも単に好きと思い込んでいるだけなのかも、そう簡単に判別つくものではありません。

……ということを踏まえて、ここでは、

「すぐ人を好きになるけれど、すぐ冷める人」の心の中

について、解説します。

暴力夫でも優しい??

ちょっとした例え話から、入っていきましょう。

 

例えば、

彼や夫から、たびたび暴力を受けているにもかかわらず、なかなか別れようとしない人がいます。

そんな人は、

 

ああ見えて、あの人、優しいところもあるの

 

などと言います。

はたから見ると、そんな彼が優しいわけがありません。

ではなぜ、本人は、暴力を受けながらも、そんな彼のことを優しいと言うのでしょう?

 

それは、相手を自分にとって都合よく解釈しているからです。

 

目の前の現実の相手を見ずに、相手が自分の理想通りであると思い込もうとする(思い込む)ことを、心理学用語で“外化(がいか)”と言います。

(ちなみに、相手も自分と同じだろうという見方をすることを「投影」と言います。)

 

なぜ、心理的に“外化”してしまうのかについては、

・現状の関係を崩したくない
・自分の間違いを認めたくない
・自分の願望を是が非でも叶えたい

など、いくつもの理由があるでしょう。

 

こうした“外化”は、一見、物事を前向きに捉えているにも見えますが、自分自身を騙しています。

冷静かつシンプルに考えれば、“優しい人”が暴力を振るうわけはありません。そんなもの、誰だって分かります。

→完璧なカップルを目指すほど「仮面夫婦」になってしまう理由

「すぐ好きになり、すぐ冷める人」の心理構造

さて、

前置きが長くなりましたが、

「すぐ人を好きになるけれど、すぐ冷める人」の心の中

というのは、要するに、こういうことです。↓

 

「すぐ好きになり、すぐ冷める人」の心理構造
ある人を「自分が求めていた人」と勝手に思い込む
⬇︎
現実にはそのような人はいないから、すぐに冷める

 

……こうして見ると、誰もが「そりゃ、そうでしょ!」と思うでしょう。

しかし、ことはそれほど単純ではなく、問題はもう少し長引きます。

→「ビビビときた」なんて信じちゃダメ?!

 

たとえ、相手に冷めた後でも、

 

最初だけとは言え、あれほど私が熱を上げた彼だから、きっと見所はあるはずよ。

 

といった思いは、簡単に捨て切れないのです。

自分を騙している人は、

「自分の本心」が見えていないのですから、

当然、「相手の本心」も見抜けません。

 

彼が、

 

君みたいな素晴らしい人は、僕にはもったいないから、別れよう。

 

みたいな“ズルイこと”を言ってきても、

 

やっぱりこの人、優しいのね、別れるべきじゃないのかしら……?

 

と、またまた自分に都合よく考えてしまうのです……。

 

「僕に君はもったいない」なんてセリフは、別れの責任を相手になすりつけているようなものです。

言うなれば、「素晴らしすぎる君のほうに問題があるんだ」ということですから。

こんなことを言う彼が、優しいわけがないのです。

→男運がない、出会いがないのは、単に見る目がないだけ?

たとえ、すぐに冷めても、

冷めただけでは、まだ自分の心を取り戻したとは言えません。

 

そして、自分の心を取り戻さない限り、こうした“ドツボ”からは抜け出せないというわけです……。

→別れたほうがいい人ほど、その恋にしがみつく?!

なぜ、好きと思い込もうとしてしまうのか?

そもそもの発端として、

なぜ、(大した相手でもない彼を)好きと思い込もうとしてしまうのでしょうか?

 

それは、目の前の相手を好きになることによって、“自分が本来、目を向けるべき問題”から目を逸らそうとしたからです。

 

つまり、

恋愛することで、「寂しさ」や「自分と向き合うこと」から逃げようとしたといいのです。

→別れても成長があれば、その恋は成功!

よく、恋多き女性のことを「恋愛依存症」と言ったりしますが、好きでもないのに、別れられない(別れない)のは、「人間関係依存性」と言います。

 

こうした依存症というのは、

すべて、“何か”から逃げているのです。

 

やりきれない現実から逃げている人は、酒やアルコールやギャンブルに逃げて、それらの依存症になったり、

結婚生活に耐えかねている人は、仕事に逃げて、“仕事依存症”になったりするように、

あなたは、

寂しさから逃げようとして、人間関係依存症になったのです。

(好きでもないのに交際するのは恋愛ではありません。)

→人はどんな時に別れを決断するのか?

相手のせいにせず、まずは、もっと自分と向かい合ってみましょう!

人間関係依存症の人の恋愛は、

すぐに始まり、すぐに冷めて、そのまま終焉を迎えることも多いですが、とてつもなく長く続くこともあります。

明らかに好きではないどころか、もはや相手を憎んでいるのに、それでも別れない恋人達が、実際に多くいます。

 

こうした人たちは、とりあえず、関係を持続することで、“愛”以外の“何か”を満たしているのです。

 

いかに関係がうまくいってなくとも、

恋人(夫)がいるという事実だったり、
ルックスのいい人と付き合っているという事実だったり、
家柄のいい人と付き合っているという事実だったり、
お金持ちの人と付き合っているという事実だったり、
身長の高い人と付き合っているという事実だったり

を保持することで、自分の“劣等感”を癒しているのです。

 

「すぐ人を好きになるけれど、すぐ冷める人」にしても、
「暴力夫を優しいと思っている女性」にしても、
「相手を憎みながらも関係を続けている人」にしても、

自分の“心の隙間”を相手によって埋めようといる限り、豊かな男女関係を築くことはできません。

→いつも恋愛がいつも3ヶ月しか続かない人の共通点

したがって、

相手を変えれば、どうにかなるという問題でもありません。

 

❌ あの人は好きになるべき人じゃなかったのね

 

でも、

 

❌ 夫は優しくないと気付くべきなのね

 

でも、

 

❌ 憎むくらいなら別れればいいのね

 

でもなく、

 

あなたに必要なのは、

“誰に寄り掛からずとも、自分で自分のことを好きと言い切れる心”

なのです。

→「自尊心」の高め方と、「占い」の活用法

もし、

あなたに少しでも、人間関係依存症のふしがあると感じたら、ちょっと立ち止まって、

「自分と向き合う時間」が必要かも知れません……。

(現在、特定のパートーナーがいる場合は、それによって、関係が改善する可能性も大いにあります。)

 

「もっと自分のことを知りたい!」、「少し未来を覗いてみたい!」という場合には、『占い』の利用がオススメです。

→間違ったセックス観が恋愛のハードルを上げている【4タイプ】

 

 

 

他にもこんな記事があります