長く続くカップルは倦怠期をこうやって防いでる!【原因と克服法】

男と女が出会い、互いに惹かれ合い、初めの不安やぎこちない時間が過ぎると、2人は自然に馴染んでいき、やがて、結婚するか同居を決めます。

愛し合って、そうしたはずなのに、いつの間にか少しずつお互いへの関心をなくしていく……これが倦怠期の始まりです。

こうした倦怠期は、なぜ起こり、どうやったら防ぐことができるのでしょうか?

ここでは、

倦怠期の始まる原因と、それを克服する方法

について、解説します。

倦怠とは「飽き」ではなく「怒り」?!

一般的に、“倦怠(けんたい)”とは、

 

夫婦やカップルの間が沈滞したムードになったり、性生活が積極的でなくなること

 

とされています。

 

ですから、“倦怠期(けんたいき)”とは、

 

夫婦およびカップルにとって、セックスが退屈になり始める(なっている)時期

 

と言うことができるでしょう。

しかし、

このように倦怠期を「ただセックスに飽きている状態」と片付けてしまっては、問題の本質が見えてきません。

→セックスの回数を数えるな!

 

相手との距離感にもよりますが、性的興味が、まったくなくなってしまうということはあり得ません。

「倦怠」というのは、性的興味うんぬんよりも、

無意識の強い敵意”がある時に生まれます。

 

精神科医 オットー・ケルンベルクは、次のように言っています。

 

自分が相手に対して、とても怒っていたり、がっかりしていることを認めようとしない時、倦怠は始まります。
「倦怠」というのは、認めようとしない、あるいは、おおっぴらに表現しない感情を、隠すための行為なのです。

 

つまり、相手に対して、

「何か、腹立つなぁ〜」

「すっかり幻滅しちゃったよ」

という気持ちを持ちつつも、その気持ちに向き合うことから逃げているのですね。

 

「倦怠および倦怠期」とは、
ただ、セックスに飽きたのではなく、相手に対する怒りや幻滅を隠している状態のことである

 

……まず、ここをしっかり押さえておきましょう。

→素敵な男女関係を築く14カ条

倦怠期の原因は“ロマンス”不足

“倦怠期”と言われる時期にある男女のそれぞれの言い分は、このような感じです。

 

まずは女性から。

 

前は私を褒めてくれたの。しょっちゅう、かわいいと言ってくれたし、プレゼントで驚かせてくれたし、思いがけない時にキスもしてくれた。すべてがとてもロマンチックだった。
でも、今の彼ときたら私に触れるのはセックスしたい時だけ。それじゃあ、燃えるはずがないでしょう……。

 

次は男性です。

 

妻は子どものことで手一杯で、僕なんかどうでもいいんだ。前は僕のためにオシャレをしてくれてたのに、今の彼女ときたら、出かける時以外、化粧もしやしない。家に帰ったって、棒か何かで殴りでもしないと、気が付いてもらえないくらい、まったく注目されてないよ……。

 

こんな風に感じてしまうのは、男性も、女性も、

生活にもっと“ロマンス”を求めているからです。

→男にも女にもエッチな妄想は必要!

 

2人は、まだ一緒に暮らすようになる前の、あの楽しかった日々を、忘れることはありません。

そんな日々の記憶が残っているだけに、現在との“ギャップ”に、がっかりしてしまっているのです。

 

「あのロマンチックな日々は、どこへ消えてしまったの?!」

と。

当然、この状態では、パートナーに対しての性的興味を失い、セックスは、面倒くさく感じてしまうことすらあるでしょう。

 

セックス・セラピストのハーベイ・キャプラン博士は、このようにロマンスが消えてしまう原因について、こう説明しています。

 

いったん結婚してしまうと、「もう私のものになったのだから、あなたを手に入れようと頑張る必要はないわ」とか、「これで君は永遠に僕のものだ」と、思ってしまいます。
妻も夫も、相手の存在を“当たり前”のものと思うようになるのです。
この当たり前という気持ちが、致命的なのです。

 

まとめると、

倦怠期が始まる流れは、こうなります。

 

相手の存在を当たり前と思う
⬇︎
ロマンスがなくなる
⬇︎
相手に怒り・がっかりが生まれる
(しかしそれは大っぴらに表現しない)

⬇︎
倦怠期が始まる!

倦怠期の始まる一番の原因は、

相手の存在を当たり前のものと思ってしまうこと

というわけです。

 

……そうすると、それを防ぐ方法も、何となく見えてきましたね。

→復縁のコツはほったらかしにすること?!

2人の間のロマンスを維持するには?

では、夫婦の間に、ロマンスを取り戻すには、どうしたらいいのでしょうか?

具体的には、以下の3点に集約されます。

①恋愛時代のように相手に接する!

もし胸のときめきを感じ続けたいなら、毎日、相手を自分のものにしようと努力しなくてはいけません。

車を走らせ続けるためには、常に注意を払い、整備を怠らないようにしなくてはなりませんが、人間の場合も同じです。

いつもパートナーに注意を払い、永遠に“恋人”であり続けることが大切です。

②意識的に褒める!

心からの褒め言葉は、とても効き目があります。

パートナーのどういうところが好きかを考え、それを伝えるのです。

夫の大きくて力強い手、目を細めた時の顔を見るとドキドキすると、素直に伝えるのです。妻の着ている服がよく似合っているとか、セクシーだとか褒めてあげるのです。

→男は消防士と思え!

③感謝する!

夫が一生懸命働いてくれるおかげで、家族が暮らしていけると感謝しましょう。

妻が働いていたら、彼女の収入に感謝しましょう。

また、パートナーが子供をとても上手に育てていることを感謝しましょう。

そして、あなたがそう心で感じていることを、きちんと伝えるのです。

→男が好きと言ってくれない理由

 

――こうしたことは、恋愛時代が過ぎてしまうと忘れてしまいがちです。

でもそれこそが、ロマンスを生かし続ける秘訣なのです。

 

例えば、

セックスと関係なく、昼間でも相手を抱きしめてみてください。

特に女性は、直接セックスに繋がらない愛情表現には、ときめきを感じるものです。

 

もう一度、自分たちは恋人同士だと思ってみましょう。

 

子供を親戚にでも預け、2人のためにキャンドルを灯し、とっておきの食器にごちそうを用意するのです。

時々、親戚かベビーシッターに泊まりに来てもらい、結婚前のように2人で遠出をするのもいいでしょう。

“正直なコミュニケーション”から始めよう

こういったことへのハードルが高いのであれば、いきなり飛びつくのではなく、まずは、ムード作り、愛し合うための準備から始めてみましょう。

 

それは、あなたの気持ちを、パートナーに伝えることから始まります。

・自分の気持ちを伝えること
・相手の気持ちを心から聞くこと

が、大切です。

 

夫婦の間にロマンスを取り戻すには、2人で協力しなくてはなりません。

2人が同じ目的を持ち、“正直に”コミュニケーションができるようになれば、ロマンスを取り戻すことは、そう難しいことではないでしょう。

→派手な結婚式を挙げた人ほど離婚する?!

愛に問題は起きて当然。期待しすぎはダメ!

「結婚生活はいつもロマンスに満ちているものだ」と、勘違いしている人がいます。

そういう人は、一緒に暮らすようになって避けがたい問題が生じたり、パートナーに幻滅を感じたりすると、もう愛がなくなった、と思ってしまうかも知れません。

 

「結婚したら、その幸せが永遠に続くもの」と考えるから、何かトラブルが生じると、必要以上にがっかりしてしまうのです。

結婚していれば、そういう問題など起きて当然であるということを、しっかり認識しましょう。

→なぜか1人になりたがる男

ロマンチックな気持ちを持ち続けることは、大切です。

 

しかし、

あまり多くを望んだり、結婚がロマンスに満ち溢れたものだなどと、期待し過ぎてもいけないのです。

多少の努力なくしては、ロマンスは維持できません……。

→誰も教えてくれなかったセックス・トレーニング

 

 

おすすめの記事