完璧なカップルを目指すほど“仮面夫婦”になりやすく、破局してしまう理由

巷には、「派手な結婚式を挙げるカップルほど離婚しやすい」という噂がありますが、実はこれ、当たらずとも遠からず、なんです。

派手な結婚式を挙げるということは、自分たちの心の結びつきはともかく、それだけ強く、“外の目”を意識しているということですから。

……というわけで、ここでは、

“完璧なカップル”を目指すほど“仮面夫婦”になりやすい理由

について、解説します。

イメージを死守しようとするカップルたち

「結婚したら完璧なカップルでいよう!」

と決心している夫婦の場合でも、“倦怠”はやってきます。

→倦怠とは何か?その乗り切り方とは?

 

例えば、

芸能人であれ、会社や学校の有名人や人気者であれ、結婚した時にはもう、“周囲から完璧なカップルだと思われていた”というケースがあります。

(このような場合、結婚式も派手に行うかも知れません。)

何してもお似合いのカップルだと、“自他共に”思っているのです。

 

このような2人は、結婚すると、

「このイメージを守らなくては!

と考えます。

そして、いつも思いやりと分別を持ち、優しくしようと心に決めるでしょう。

だから、不機嫌になったり、大声をあげたりすることもしません。もちろん、ケンカなんかしません。

 

ベッドでも、パートナーを拒むことなどありません。

「今夜は疲れてるから」なんてどちらも言わないし、

「ちょっと違うことをしてみたい」なんて、セックスの改善を要求することもないでしょう。

 

……ところが、これが、

“完璧なカップル”を目指す夫婦の陥りやすい罠なのです。

“完璧なカップル”が“仮面夫婦”になっていく仕組み

ちなみに、このような罠”にはまり込んでしまう人の中には、

両親の離婚を体験している人がよくいます。

親の過ちを繰り返すまいと心に決め、ケンカのような結婚生活を早くすることは決してしないと決心しているのです。

 

そんな“完璧なカップル”は、

どんな問題も胸の奥にしまい込んでしまいます。

 

いい夫婦はするものだと思っているから、本当は気が進まなくてもセックスをし、

心にある悩みについて口にすることもないので、の結果、どんどん気持ちが離れてしまいます。

 

家でも、ベッドでも、

虚しさを感じながら、それを自分でも認めようとしない……

こうして、“仮面夫婦”(=形だけの中身のない関係)ができあがってしまうのです。

 

そして言うまでもなく、

仮面夫婦は、いつ破局してもおかしくない“離婚予備軍”です……。

それでも彼らは、一応、

知人たちの間では、“完璧なカップル”だと思われ続けます。

現に、仲は良さそうだし、いろいろな場所に一緒に姿を見せるからです。

 

でも、カップルの本当の姿を見れば、それはただ、そのような仮面を被っているだけ、ということが分かるはず。

 

こうした仮面夫婦は、

実際には、多くの大事なことを放り出してしまっているのです……。

→愛の魔法は2年しか持ちません

真の意味で完璧なカップルになるためには?

もちろん、完璧なカップルを目指すこと自体は、悪いことではありません。

では、

完璧なカップルを目指しつつも、仮面夫婦にならないようにするには、どうしたらいいのしょう?

真の意味で完璧なカップルになるためには、

次の2つのことが大事です。

①正直で意味のあるコミュニケーションをとること

仮面夫婦に欠けているのは、まさにこれです。

たとえば、育児に疲れ、性的な触れ合いが嫌になってくる女性もいます。

そのようなことをパートナーに伝えることができないまま、とうとうまったく欲望を感じなくなってしまう女性もいるのです。

性生活に限らず、自分に嘘をつかず、嫌なときには、嫌と言えるようになると、健全な精神状態を取り戻すことができます。

→セックスの回数を数えるな!

②2人が“本当に求めているもの”に耳を傾けること

いつものように相手を喜ばそうとする代わりに、自分の心のスイッチを入れてみてください。

そして、「相手は何を望んでいるか?」ではなく、「私は今何がしたいのか?」と自分に尋ねてみるのです。

今まで考えたことがないのですから、自分の気持ちがよく分からないこともあるでしょう。

もう何年も、自分が何を望んでいるかなんて、忘れてしまっていたかも知れません。

それでも考えてください。

何度も自分自身に尋ね、答えが出たら、それをパートナーに伝えるのです。

慣れないうちは、自分がわがままな人間に思えるかも知れません。良心がとがめる人もいるでしょう。

しかし、自分が何を望んでいるか考え、それを夫婦の間で理解し合うことは健全な行為なのです。

→男はいっそ異星人と思おう!

素直になれば、夫婦の絆はより深く

悩みごとを包み隠さずパートナーに伝え、望んでいることを相手にきちんと伝えることができるようになりなければ、

決して、“パーフェクトな関係”にはなりません。

 

そもそも、人間関係において、“パーフェクトな関係”など、ありえないのです。

 

間違ったことがあって、それを正すために話し合ったからといって、結婚生活が壊れるわけではありません。

ケンカ腰にならず、素直に話し合えたら、夫婦の関係は一層深いものになるでしょう。

 

それは、セックスでも同じこと。

「相手がこういうことを望んでいるだろう」と考えるのではなく、「自分がどうして欲しいか、どうしたいか」を見つけるべきです。

→女は「本当の自分」を見て欲しいから不倫する

最後に、

『嫌われる勇気』で有名な心理学者、アルフレッド・アドラーのこの言葉を紹介します。

 

「自分が不完全であることを認める勇気が必要だ。人間は不完全だから努力するのである」

 

ある意味、人間にとっては、不完全こそが完全なのです。

どうか、“外からの目”ばかり気にせずに、自分に正直に、素直に……。

→愛を取り戻すセックス・トレーニング

 

 

 

おすすめの記事