なぜ1人に決められないのか?恋の回転寿司状態はこうすれば回避できる!

恋人が途切れたことがないくらいのモテ女(あるいはモテ男)なのに、なかなか結婚しない、もしくは結婚が遅くなってしまう人がいます。

そのようになってしまう理由は、ズバリ、“相手を1人に決められない”からです。

ここでは、

なぜ相手を1人に決められなくなってしまうのか?

について、解説します。

1人に決められないモテ女は、恋の回転寿司状態

なかなか1人に決めるのことのできないモテ女は、こんなことを言います。

 

A君は、とにかく性格が明るくて、私とは正反対のタイプだったわ。一緒にいるとホンット楽しくて、結婚寸前までいったけど、彼も私も、どうしても踏み切れなかったの。

B君は、いつもありのままの私を愛してくれた。2人で素晴らしい時間をいっぱい過ごした。今思い返しても、あの人以上の人はいないんじゃないかと思うくらい。ただ、B君は、A君ほど明るいタイプじゃなかったの。

C君ほど、かっこいい人には会ったことがなかった。頭もいいし、彼と一緒にいると、いつも鼻が高かった。でも、B君ほど私に合わせてくれなかったの。C君といると、いつもどこか気を張ってなきゃいけない感じがしてたわ……

 

こんな風に、

交際経験が豊かになるにつれて、理想が高くなっていくのです。

常に、自分が付き合っている男性を、他の誰かと比較し続ける……そんな彼女が求めているのは、完全無欠

「次こそは、自分の理想にぴったりの男が現れるんじゃないか?」

と期待して、いつも決め切れないのです。

 

それはまるで、流れていく寿司をひとつも取らずに、ただ眺めているだけの回転寿司状態

 

イカもいいわね、マグロもいいわね、タコもいいわね、でも私ダイエットしてるから、何個も食べられないの。あ、さっきの取ればよかったわ。でも、もっと待てば、もっといいの流れてきそうだし。……え〜〜と、どうしよう??

 

てな具合で、席に着いてもう1時間経過……という感じです。

これは、

 

最良のパートナーとは、完璧な人ではない

 

ということを知らないのが、ひとつの原因ですが、

それと同時に、

 

間違った恋愛の進め方をしている

 

ことも原因であると言えます。

 

つまり、

恋愛における正しい順序を踏んでいないのです。

1人に決めるためには、何よりも心を開こう!

恋愛は、「出会い」から「結婚」まで、5つのステージを進んでいくことになります。

 

順序を意識しながら、以下の5つのステージを確認してみてください。

 

「出会い」から「結婚」までの5つのステージ
⚫︎第1ステージ惹かれ合う】

「あ、この人いいかも!」
⬇︎
⚫︎第2ステージが揺れる】

「本当にこの人なのかな……?」
⬇︎
⚫︎第3ステージ相手を1人に決める】

「私のパートナーは、きっとこの人!」
⬇︎
⚫︎第4ステージ親密な関係になる】

「何だかもう家族みたい……」
⬇︎
⚫︎第5ステージ【プロポーズと婚約】

「この人と結婚したい!」

 

肝心なのは、

へ進むところです。

 

恋の回転寿司状態になっている人は、

第2ステージから、第3ステージを飛ばして、

一気に、第4ステージへ進んでしまっているのです。

 

考えてもみてください。

第3ステージで相手を1人に決めていないのに、第5ステージ(結婚)まで行けるわけがないのです。

無理やり、第3から第4へ進んでも、やがて必ず第2へ戻って、心が揺れて、そこで恋の終焉です。

なぜ相手を1人に決められないのか?

というのは、

 

私、魅力的だから、いろんな人から言い寄られちゃって、困っちゃうの。……だって、選択肢が多くて決められないんだもん!

 

なんて、幸せな話ではなく、

まして、不可抗力の話などでもなく、

単に、誰にも心を開いていないから、1人に決められないのです。

 

“心を開いていない状態”とは、

自分はどういう人間なのか?
何が好きで、何が嫌いなのか?
何ができるのか?
何が必要で、いらないものは何なのか?

が見えていない状態です。

 

心を開くと、自分のほうこそ完璧じゃないことが、身に染みて分かります。

 

はっきり言ってしまえば、

1人に決められない人は、

相手がどうのこうのと言う前に、まず自分が“心を開く”ことから逃げている

のです。

→それでもしっくりこない相手とは別れよう

心を開いて恋すれば、たとえ成就しない恋にも意味はある

ただ、ここで、少し勘違いして欲しくないのは、

自分を見つめれば、自分の至らないところも見えてくるから、相手の足りない部分は、そう気にならないはずだ

とか、

結婚に至った人は、みんな自分を見つめるということを怠らなかった人なのだ

と言っているわけではありません。

 

ですが、これだけは言えます。

 

1人に決めることができた人(第5ステージまで進んだ人)は、

 

「相手を誰かと比較すること」と「完璧を求めること」をやめた人

 

なのです。

→すべての始まり。第1ステージの注意点

こういう風に言うと、

 

じゃあ、とにかく、妥協しろってことね

 

と、短絡的に受け止める人がいますが、それも違います。

 

心を開いて、第1ステージから第4ステージまで正しく進めば、

最良のパートナーがその人かその人でないか?

が、はっきりと分かります。

 

後になって、「やっぱりあの人だったのかなぁ……」と思うこともありませんし、「あ〜どうしよう、1人に決めらんな〜い!」と思い悩むことはありません。

「恋は、成就しなければ、どれも失敗」なのではなくて、

「この相手はふさわしくない」とはっきり見抜ければ、そこでちゃんと見切りをつけることができますし、

次の恋愛では、より目標に近づくことができます。

 

ですから、

心を開いて、恋愛を繰り返す限りは、どんな恋愛にも意味はあります。

何も、恋に臆病になる必要はありません。

→恋すればホントに毎日がバラ色になるの?

心を開くために必要なのは「自立心」

心を開かなくては、1人に決められないし、自分にふさわしい相手は見抜けない

 

……このような原理が分かっていなくも、

人は、恋を繰り返すたびに、(年齢を重ねるたびに、)

単に、魅力的、やさしい、一緒にいると楽しいというだけでは、物足りなくなってきます。

お互いが理解し合える、より真剣で充実した関係を求めるようになってくるのです。

→運命の人の見分け方

恋愛がこのように“進化”するのは、

その人の中に自立心が育ってくるからです。

 

逆に言うと、

自立心がなければ、1人に決めることはできません。

 

なぜなら、自立心を身につけるとは、

恋愛以外の面(仕事、友人関係、趣味など)が満たされ、“自分1人でも人生に満足できること”を知っていること

です。

 

これがなくては、

「とりあえず、誰かに自分の寂しさを満たして欲しい!」

という欲求のためだけに、恋愛をすることになります。

 

言うなれば、単に、愛と援助を求める相手が「両親」から「パートナー」へ移るだけです。

繰り返しになりますが、

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるとばかりに、自立心のないまま、ただ甘える相手を探し続けていても、あなたにとっての最良のパートナーには出会えません。

出会ったとしても見抜けないし、1人に決めることもできません。

自立心を育み、自分磨きをしながら、あなたにふさわしい人と出会った時にちゃんと相手のお眼鏡に叶うような、素敵な女性になっていることが大切です。

→孤高の女には、魅力的な人が自然と寄ってくる?

 

 

 

他にもこんな記事があります