彼と一緒に成長しよう!喧嘩防止にも仲直りにも効く【4つの心構え】

常に、人の間(あいだ)で生きていくのが、『人間』です。

子供の頃は、両親やきょうだいと過ごして人間関係を学び、大人になったら今度は、パートナーや新たな家族と過ごして、やはり一生、人間関係を学び続けなくてはなりません。

言わば、パートナーは、あなたを磨くための“砥石(といし)”と言ってもいいでしょう。

というわけで、ここでは、

パートナー(彼との)との良好な関係を保つための心構え

について解説します。

パートナーと良好な関係を保つための【4つの心構え】

「パートナーは砥石である」

と申し上げましたが、どちらが一方的に、研ぐほうと、研がれるほうに分かれるわけではありません。

お互いに、磨き合い、研ぎ合う関係になっています。

不要な喧嘩や衝突を避けるためには、ゲームの攻略法のように、

「この言葉さえ言わなければいい」とか、
「これさえしておけば大丈夫」

みたいな、単純明快な答えなどありません。

 

何よりも、心構えが大切です。

 

以下に紹介する4つの心構えを持っておけば、喧嘩することもなく、また、たとえ喧嘩したとしても長期化せず、さりげなく仲直りすることができるでしょう。

①何でも白黒つけようとしない!

カップルが衝突するのは、だいたい、何かについてどちらが正しいかをハッキリさせようとする時です。

 

もちろん、間違った判断をすると生命の危険に陥るとか、そんな重要な問題も、ないことはないでしょう。

しかし、カップルの間に起こる問題のほとんどは、どちらが正しくてもあまり関係のない問題です。

 

そんなことでムキになってしまうのは、問題の本質よりも、

 

ここで自分が引き下がったら、舐められる!

 

とか、

 

自分はいつも正しくなければいけない!

 

という自尊心の低さが影響しています。

 

要するに、余裕がないのです。

(自分に自信がないからこそ、その自信を証明したい!と思って、いちいちムキになるのです。)

 

些細なことで、彼と衝突してしまいそうになったら、

 

ここでどっちが正しいかを白黒つけることは、そんなに大事だろうか……?

 

と自問するようにするといいでしょう。

→倦怠期の真の原因は相手への怒り?!

②怒りを相手に向けない

あなたは、彼とはまったく関係のないところで、不愉快なことが起こったのに、その怒りを彼にぶつけていませんか?

人間は、心を許した相手には、つい愚痴や不満を漏らしがちです。

 

もちろん、話を聞いてもらい、あなたの気持ちを共有してもらうのは、悪いことではありません。

ですが、それ以上に、“よそでもらってきた不愉快さ”を、日頃、彼にぶつけていないか?を省みて欲しいのです。

 

そんなことを続けていると、そのうち彼は、あなたを慰めたり、助けたりする気持ちを失ってしまいます。

つまり、誰よりも大事な味方であるはずの存在を、自ら抹消してしまうことになるのです。

こんなもったいないことはありません。

 

怒りを感じた時には、何の関係もない相手に怒りをぶちまけるのではなく、「それを引き起こした問題」に、意識を向けるようにしましょう。

そうしなければ、問題が起こるたんびに、2人の関係が揺らぐことになります。

→男女関係における4つの間違った思い込み

③相手が何を求め、何を欲しているかに耳を傾ける

誰だって、自分の意見に反対されるのはイヤです。

しかも、自分をよく分かってくれてるはずの存在(もしくは、そうあって欲しい存在)から、反対されると、悲しくなってしまうものです。

ですが、その反対意見が当たっているなと思ったら、素直に受け止めましょう。

 

とは言え、

 

……いや、どう考えたって、彼はおかしい!

 

と思ったら、自分の見解はさておき、まずは、彼のほうに具体的な説明を求めましょう。

自分の見解を話すのは、あくまでも後です。(この心構えが大事です。)

 

意見が衝突した時には、

・相手の言い分にじっくり耳を傾ける
・この衝突はお互いをより深く理解し合うチャンスだと考える
・少しくらいギクッとすることを言われても、すぐに言い返さない
・とにかく感情的にならない

ことが大事です。

 

あなたの意見や考え方に、異を唱えてこられても、それは何も、あなたの人格を攻撃してきたわけではありません。

彼の意見が納得できるなら、少しだけ自分を改善して、彼の願いを叶えてあげましょう。

→人はどんな時に別れを決意するのか?

④人前で相手に恥をかかせない

「自尊心の低い人」に限って、相手に対する自分の要望を通そうとする時、誰かを味方につけようとします。

例えば、わざわざ皆の前で、相手のイヤな部分を指摘する人には、そういう意図があります。

 

これは、相手に恥をかかせるだけで、かえって相手を望み通りに変えることは難しくなります。

おそらく、相手は意固地になって、“逆”の行動を取るでしょう。

 

相手のイヤな部分については、あくまでも2人で解決すべき問題です。

他人を巻き込む必要などありません。

 

これは何も難しく考えず、

 

とにかく相手に恥をかかせるようなことはしないようにしよう!

 

と誓えばいいのです。

彼と2人きりで話し合う分には、彼は何も“恥をかく”ことはないわけですから。

→彼に何となくイライラする時の対処法

恋愛は楽しいだけでなく、あなたを成長させてくれるもの

――いかがだったでしょうか?

 

『岡目八目(おかめはちもく)』という言葉がありますが、これは、囲碁を実際に打っている当事者よりも、ギャラリーのほうが冷静に戦局が見えている、という意味です。

人間関係や恋人関係も、これとまったく同じことが言えます。

 

友人や知人の困りごとを聞いて、「なーんだ、そんなことか」と思ったことがない人はいないでしょう。

 

彼との関係を損なっていく原因は、いつも、大きな問題ではなく、小さな問題です。

 

「なに、その言い方?」とか、
「そこまで言う必要ないでしょ」とか、
「それは勝手過ぎるでしょ」

といった、ほんの些細なことが発端になっていたりします。

 

当然のことながら、

互いに「長所」を褒め合っていれば、愛情は深まっていきますし、

逆に、互いに「短所」を指摘し合ってばかりいたら、関係は崩れていきます。

→男の正しい褒め方&男心をくすぐる仕草

たった一人で生きるのではなく、

人の間(あいだ)で生きるということは、まさに、

ひとつひとつの出来事で、折り合いをつけていく

ということです。

 

恋愛や結婚生活は、楽しいだけでなく、あなたを人として成長させてくれるのだと心得ましょう。

 

それさえ分かっていれば、喧嘩を防ぐことも、仲直りも何も難しいことはありません。

(あくまでも理屈の上では……。)

 

彼との相性も含めて、改めて関係を見直したい!という場合には、『占い』に相談してみるのも、ひとつの手です。

→「彼とこのまま付き合ってていいのかな?」と思ったら……

 

 

 

他にもこんな記事があります