彼ともっと仲良くなるためにあなたができる7つのこと

「彼との関係がマンネリになってきた」、
「彼にもっと自分を好きになって欲しい」、
「彼ともっと仲良くなりたい!」

と思った時に、何をどうすればいいのか分からないという人は、意外と多いようです。

こんな時、すぐに思いつくのは、「もっと彼にいろいろやってあげよう!」ということでしょう。

しかし、ハッキリ言って、これは間違いです。

“お母さん的”に世話を焼こうとすると、男性は必ず、嫌気が差して逃げてしまいます。

では、どうすればいいのでしょう??

ここでは、基本的かつ、絶対的な、

彼(恋人)ともっと仲良くなる方法

について解説します。

彼ともっと仲良くなるためにあなたができる7つのこと

はじめに少し、釘を刺しておくと、

彼ともっと仲良くなりたいあまり、

 

愛されるために私はいったい、何をすれば……??

 

となってしまうのは、ちょっと意気込み過ぎです。

恋人とは言え、元は他人ですから、しっかりした関係を構築するには、どうしても時間が必要です。

そうして時間をかけ、“家族”のような関係を築く、もしくは、本当の“家族”になることを目指すわけですから、そう鼻息を荒くして意気込む必要など、まったくありません。

(家族なら、そんな張り詰めた感じは不要です。)

→恋愛の途中、彼が一人になりたがる理由

 

ですから、もっと楽に考えましょう。

 

これからご紹介する7つの項目は、「目からウロコ」ということではなく、おそらく、「そりゃそうだな……」と思うことばかりでしょう。

①感謝の気持ちを伝える

付き合い出して一定期間が過ぎると、彼から何かをしてもらえることに慣れ、それを当たり前のように感じてきがちですが、これはいけません。

彼があなたを喜ばせてくれたり、あなたの生活を快適にしてくれたりした時には、必ずそれに対する感謝の気持ちを伝えましょう。

 

それがなくては、彼はやがて、自分が一個の人格を持った人間ではなく、まるで召使いのように扱われていると感じてしまいます。

彼にほうにだって、あなたに満たして欲しい願望や要望があるのです。

 

あなたが、彼に何かをやってもらうたびに、必ず感謝の気持ちを伝えるようにすると、彼は自分を誇らしく思うと同時に、

 

こんなに気分が良くなるなら、もっとやってあげよう!

 

という気持ちになります。

→特別可愛いくないのにモテる女は何が違うのか?

②愛情を常に表現する

彼との関係が、取り立てて悪化していないなら、彼への愛情はますます高まっていくもの。

そんな自分の愛情を、しっかり表現していますか?

 

忙しいとか、恥ずかしいとか言って、愛情の高まりを抑圧し、無視し続けることは、せっかくの「愛」をみすみす捨てるようなものです。

 

愛情を感じた時は、それを彼にとって意味ある方法で表現しましょう。

 

ただ、そこに見返りを求めたり、押し付けがましさがあっては、妙な魂胆を疑われます。

 

例えば、「あなたのためを思ってやってる(言ってる)の!」と、あなたも誰かから言われたことがあると思いますが、そういうのはほとんどの場合、“自分のため”です。

 

あなたの気持ちから素直に出てくる範囲で、かつ、彼の価値観や趣味に沿った範囲で、あなたの愛情を表現するようにしましょう。

→結局男性はどんな女性に惹かれるのか?

③彼が感動するような企画を実行する

「サプライズ」という言葉も、今やすっかり世の中に定着しましたが、これは特に、最近できた概念ではありません。

愛を深めるためには、相手の意表を突くような喜ばせ方は、不可欠です。

 

彼の好きな食べ物を用意するのもいいでしょうし、「おそらく彼は好きだろうけど、未経験だろうなぁ」ということを用意したり、誘ったりするのもいいでしょう。

 

恋人同士の関係に限らず、あらゆる人間関係をイキイキした状態に保つには、ある程度の“企画”や、それらを考える“企画力”が求められます。

いつも2人が、“遠足の前日のようなワクワクした気持ち”でいられるような企画を、あなたのほうで考えてみましょう。

→彼と一緒に人として成長するための心構え

④彼を褒める

「好き」だという気持ちを表現し、伝えることも大事ですが、褒めてあげることも、それと同じくらい大事です。

 

例えば、彼が何かで優秀な成績を収めたり、昇進したりなどしたら、心を込めてそれを称賛してあげましょう。

 

別に、お金をかける必要はありません。

それにかこつけて、ちょっとした食事に出かけたり、お祝いカードをあげたりするだけでもいいのです。

 

相手の心を掴むのには、言葉よりも行動これこそ世の真理です。

⑤ラブレターを書く

どんなに時代が変わっていっても、ラブレターが相手の心を打つのは、変わりません。

 

肉筆で書かれている文字は、言わば、その紙の前に座って、相手のことを想って時間を過ごしたことの証明です。

 

これも別に、長くなくても構いません。

「いつもありがとう」というたった8文字でも、気持ちは十分に伝わります。

 

もちろん、彼への愛を“口頭”で伝えることも有効には違いありませんが、ラブレターは、何度も読んでもらえる愛の証になります。

→子育てするように恋愛しよう?!

⑥褒め言葉は素直に受け取る

あなたはいつも人からの褒め言葉を、謙遜のつもりで否定していませんか?

相手の褒め言葉を拒絶するということは、結果的に、相手を拒絶することになります。

 

彼から褒められた時に拒絶すれば、彼は今後もう、あなたを褒めようという気持ちがなくなってしまいます。

すると、あなたも彼を褒めることに抵抗が出てきて、一切褒め合わないカップルになってしまうでしょう。

 

褒め合う習慣のあるカップルは、ますます絆を深めることができます。

彼が何かを褒めてくれたら、微笑みながら、「ありがとう」とお礼を言いましょう。

→彼の前では素直な“犬”になろう!

⑦毎日、一人で過ごす時間を持つ

最後の7つ目は、少し意外かも知れませんが、たとえ、いつも一緒にいられるとしても、1人で過ごす時間」を持つことが大切です。

 

もちろん、「一緒に過ごす時間」は絶対に必要です。

しかし、少しでも「1人で過ごす時間」を持たないと、自分自身を見失ってしまいます。

 

1人の時間では、自分が楽しいと思えることをしましょう。

あなたが“あなたらしい人間”だからこそ、彼にとってあなたは“価値ある存在”なのです。

→付き合っても3ヶ月しか続かないのは自分がないから

まずはあなたから動く!

――いかがだったでしょうか?

 

どの項目もスッと胸に落ちたことと思います。

 

彼との関係をうまく保持するためには、「50:50」で、あなたと彼が、それぞれ同じくらい努力をしなくてはいけないように感じるかも知れませんが、そうではありません。

あなたが、「100」です。

 

彼に何かを要求しようとせずに、まずはあなたから動くのです。

 

『人間は鏡』です。あなたの気持ちや行動が彼を動かし、そしてそれがそのまま、あなたに返ってきます。

 

あなたが彼と一緒にいることを楽しめば、彼もあなたと一緒にいることが楽しくなります。

→本命になりたいなら、あなたから先に彼を信頼する!

そして「2人で」一緒に笑おう!

さて、

ここまで、「あなたができること」として7つの項目を紹介してきましたが、最後に、「2人でできること」も紹介しておきましょう。

 

「2人でできること」、それは、一緒に笑うことです。

 

笑いを共有することは、ある意味、親密さの最高形態と言ってもいいでしょう。

笑うと、おおらかになって、心を開くことができます。

 

苦しい時や悲しい時をいっしょに笑って打ち消せるような、そんな2人の愉快な思い出を、たくさん作っていきましょう。

 

――そもそも彼との相性はどうなのか?といったことも含めて、彼の気持ちを探ってみるには、『占い』がオススメです。

→運命の人は笑うタイミングで見極める?!

 

 

 

他にもこんな記事があります