セックスの回数を数えるな!健康のためにセックスをするな!

「♪あなたのキスを数えましょう〜」という歌がありましたが、

あれは本当にキスを数えているわけではなくて、「キス」という言葉を「彼との思い出」に見立てています。

実際、常にキスの回数を数えている人がいたら、野暮(やぼ)極まりないですよね?

ましてやそれが、“セックス”の回数となったらもう……。

というわけで、ここでは、

野暮なセックスなどしないほうがいい

という話をします。

セックスの回数を数えるな!

もし、あなたがセックスをつまらないものにしたいというのなら、確実な方法をお教えましょう。

それは、セックスの回数を数えることです。

あなたはセックスを、どのくらいのスペースで“すべき”だと思っていますか?

週に2〜3回ですか? 1日おきですか?それとも毎晩?

どういうペースにしても、そのように“べき”で考えると、あなたは優れた労働者のように、自分の割り当てをきっちり果たそうとするでしょう。

こんなやり方では、せっかくのセックスもぶち壊し。

情熱の火花が飛び散ることもないし、興奮だって影を潜めてしまうでしょう。

また、こんなことを考えていませんか?

「さぁ、今日は木曜日だ! この前したのが火曜日だったから、週に3回するには、今夜の週末にしなくちゃならない。そうじゃないとノルマを果たせないぞ!」

こんな風に、いつも回数を数えているようではセックスが楽しいはずはありません。

楽しむよりも、自分がノルマを果たせるかどうかで頭がいっぱいなのですから。

→仮面夫婦の心の中

健康のためにセックスをするな!

健康のためのセックスという考え方にも、同じことが言えます。

あなたもきっと、週に何回かセックスをすることが、肉体的にも精神的にも望ましいという話を聞いたことがあるでしょう。

そういった話に影響を受けて、セックスそのものを楽しむためでなく、実用的な観点からセックスをする人もいるのです。

例えば、ある女性は、雑誌で若返りのために、オーガズムが役立つという記事を読みました。

それ以来、彼女は、美容クリームや、ビタミン剤や、エクササイズといった老化防止プログラムに、

新たに「セックス」という項目も付け加えたのです。

「美しさを保つためには、1日1回のセックスが必要だ」と彼女は言っています。

 

……セックスをこのように考えて、その結果、セックスライフが台無しになっているのだとしたら、考え方そのものを変えなければいけません。

 

あなたがもし、これに近い考え方を持っていたとしたら、今度、セックスをしようと思った時、少し考えてみてください。

「どうして今なんだろう?」と。

あなたは本当にしたいと思っていますか?

今夜のパートナーはあなたの気をそそっていますか?

 

自分に正直になるのです。

答えがNOだったら、無理にセックスしようとしてないかを考えてみましょう。

 

無理にやっているセックスが、楽しいわけがありません。

そしてそれは、パートナーとの関係に、良い影響を及ぼすはずがありません。

→誰も教えてくれなかったセックス・トレーニング

セックスを楽しめない人 3タイプ

以下に挙げるようなタイプの人は、セックスはつらい労働のように、疲れる行為でしかなくなってしまうでしょう。

①セックスの間、いつも自分を監視する人

セックスを仕事にしてしまう人は、大体このように考えるものです。

「彼女が好きなこと、彼女が興奮することは、すべてチェックするようにしています。だから、彼女が興奮しなかったり、イッてなさそうだったりすると、心配になってくるんです。僕に何が足りなかったんだろうって」

つまり、自分が監視人になってしまい、セックスの間中、楽しむのではなく、じっと監視しているのです。

この“セックス労働者”は、自分が恋人としてどんな成績をつけられるかばかりを常に考えています。

②最短距離でオーガズムを目指す人

例えば、ある女性の夫は、彼が前戯に時間をかけたがらなくなり、ベッドの脇に、3分間の砂時計を置くようになりました。

つまり、「あと残り時間は3分だよ」と彼女に伝えるためです。

その女性が急ぐようになったのは当然です。

オーガズムに達するまで、時計とにらめっこのような状態になっては、結局、セックスが仕事になってしまいます。

③行為そのものを楽しむのでなく、目標達成の手段にしている人

真面目さゆえなのか、さらなる喜びを求めるあまり、逆に、セックスを台無しにしてしまうケースもあります。

例えば、いろいろな本を買ってきては、まるで優秀な学生のように、貪欲にそこに書いてあることを実践しようとするカップルがいます。

彼らは、本の指示通りにエクスタシーを目指そうとしますが、当然、結果は失敗に終わります。

やはり、これだと、仕事になってしまっているからです。

仕事と思うな。前戯が楽しめないのなら、問題は他にある!

「セックスには前戯がつきものだけど、あれ、何となく気乗りしないんだよねぇ……」

みたいな気持ちがありませんか?

もしそうなら、パートナーと相談して、別の行為に変えることもできます。

例えば、口でペニスやクリトリスを愛撫するのに抵抗があるなら、手で代用をしてみたり、と。

でも、

そんな前戯も、面倒なだけで、パートナーにオーガズムを与えるのに必要なことをするのが、嬉しいどころか、うんざりだと思うのであれば、

あなた自身の姿勢を考え直す必要があるでしょう 。

→倦怠期がやってくる仕組み

あなたはもしかしたら、

何かに腹を立てていて、パートナーを喜ばそうという気にはなれないのかも知れません。

それともパートナーのために何かをしてあげなければならないと思うと、自分が支配されているように感じてしまう、と言う人もいます。

また、してもらうことは好きだけど、してあげなければならないのは嫌だという、自分本位な人もいます。

さらには、“結合”そのものは、子供を作るのに必要だから構わないけど、それ以外の行為は、罪深く感じるという人もいるでしょう。

(男性の中には、「女はベッドの中でも男に奉仕するもの」という意識を潜在的に持っていて、妻のために何かをすることを嫌がる人もいます。)

 

ですが、

前戯を仕事ではなく、嬉しい行為と思えるようにしなければ、セックスを楽しむことなどできません。

自分の中にどんな気持ちがあるのか、自分自身ではなかなか見えてこないこともあります。

そんな時は、占いに相談してみるのも、ひとつの手でしょう。

→相手と親密になることを恐れてしまう心理の正体

 

 

 

おすすめの記事