ただ話を聞いてもらうだけで得られる心理学的効果があるって本当?占いはその格好の場!
huweijie07170 / Pixabay

「話をする」イコール、「情報交換」といったイメージを持つ人が多いですが、

「話をする」というということは、

「情報を整理する」ということでもあります。

ここでは、悩みを人に話すことの効用について触れていきます。

話すだけで得られる「カタルシス効果」

概して、悩みというものは、“他人に対して”向けられる事が多いです。

 

あの人が、あんな態度だから、自分は困っている」
あの人は、どうしてこんなに私を不快にさせるのだろう?」
「どうしたら“あの人”の意見を変えられるだろう?」

 

といった具合に。

 

しかし、他人を変えようとして苦しむのは、何とも「時間」と「命」がもったいないことです。

 

そこに執念を燃やすよりは、自分の側が、新たな感じ方、見方に“気付く”ほうが、はるかにエネルギーが少なくて済みます。

気付くとは、何に気付くことか?

 

「事が起きるのには全て理由がある」

 

ということです。

 

ですから、

 

「あの人があんな風に考えるのは、あのことがあったから……」

「私がこう感じるのは、こんなことがあったから……」

 

ということに気付いてしまえば、途端に悩みは、フッと跡形もなく、消えてしまうこともあります。

身の回りで起きたことや、自分が感じたことなどを、人に話す(伝える)には、言語を構成しなくてはいけません。

そのためには、情報を整理しなくてはなりません。

 

すると、自分の中に、「客観的な視点」が生まれてきます。

 

そうです、他人の悩みは小さなことに思えてしまうような、アノ視点です。

 

このように、悩みを人に話しているうちに、ひとりでに癒されていくことを、心理学用語で「カタルシス効果」といいます。

 

当サイトでは、本来は、このようにあまりややこしい言葉は使いたくないのですが、そうした効果は学術的にもきちんと実証されている、ということです。

 

話を聞いてもらうだけではつまらない?

人間は誰しも、「自分のこと」を喋りたいものです。

 

ですから、自分のことを話すのではなく、「人の話を聞く」というのは、簡単なようで、実は、相当に偉大な行為と言えます。

 

例えば、徳川家康は、どんな部下の意見でも静かに耳を傾けて、信頼を得ることができたので、不要な反乱分子が生まることなく、天下を獲ることができたと言われています。

 

「そんな簡単なことで……」ではありません。

 

それができない人が多かったから、家康は抜きんでることができたのです。

もちろん、「聞いてもらうのはうれしいけど、ただ聞いてもらうだけじゃ、ちょっとつまらないなぁ……」という人もいるでしょう。

 

そこで、占いにスポットを当ててみましょう。

 

占い師は、話を聞くプロであると同時に、占い技術のプロでもあるのです。

聞いてくれるだけでなく、

「確かな裏付けをもとに、心強い言葉をもらえる」

といった意味では、きっとあなたの助けになってくれる可能性が高いはずです。

→占いとカウンセリングの違いとは?

 

……とは言いながらも、個人的意見としては、

やはり、話を聞いてもらうだけで癒されるという「カタルシス効果」のことも頭に置いておいたほうがいいと思っています。

(置いておくだけでよいのです。)

 

あまりに占い師の言葉に、頼り過ぎて(傾倒し過ぎて)しまうと)、“結果の責任”まで押し付けてしまいかねませんからね。

→あまり知られていない「占いの本当の役割」とは?

 

「自分の人生」の責任まで他人に押し付けてしまうと、

“人生という物語”の主人公が、自分ではなくなってしまいかねません。(それは恐ろしいことです。)

最後に一つ、おまけとして、

「自分を客観視するための裏技」をお教えしましょう。

 

それは、

 

悩んでいる・もしくは悩んでいた自分を笑う

 

ということです。

これができたら、あなたは自分をある程度、客観視できています。

 

「話を聞いてもらうことによる癒し」と、「占い師の心強い言葉」がもらえる電話占いですが、そうして心の重みが取れたあかつきには、“悩んでいた過去の自分”のことを笑ってみたいものです。

→そのためにも自分に合う占い師を選びましょう!

おすすめの記事