「ほんっと器の小さい男ね!」男が妻の成功を喜べない理由

夫婦やカップルというのは、本人たちが意識していようといまいと、必ずその間に、“権力闘争”があるものです。

自分が家庭をコントロールしたいばっかりに、いばり散らす夫や、口やかましい妻は、その典型と言ってもいいでしょう。

ここでは、

男性が妻(彼女)の成功を素直に祝福したがらない理由

について、解説します。

彼があなたの成功を喜んでくれないのは、あなたにも責任がある

男の側であれ、女の側であれ、

明らかに“支配者タイプ”の人間の「配偶者」は、

付き合って間もない頃に、すでに相手に降伏し、従順で消極的な役割を受け入れてしまっています。

自分からコントロールされることを望んだり、最初から勝てないと感じて降伏してしまうのです。

このようなカップルの場合は、

権力闘争が激化することは、ほとんどありません。

 

しかし、世の中には、

常に権力闘争を繰り広げているカップルがいます。

いえ、むしろ、現代ではそのようなカップルのほうが多いかも知れません。

もし、あなたと彼がそのようなカップルであれば、

彼が意見を述べて、あなたにやり方を指示し、一方的に何かを決めたりすれば、あなたは、すぐ抗議したり、自己主張しなければ、と思うでしょう。

おそらく、あなたの頭は、次のように働いていったはずです。

 

「彼は、私が彼ほど有能だとは信じていないんだわ」

⬇︎

「気に入らないわ。私と彼とは互角なのに」

⬇︎

「いや、私は彼と互角というより、それ以上かも」

⬇︎

「私がどれほど優れてるか、示さなきゃ!」

 

始終、権力闘争を争い続けているカップルの場合、目の前にある些細な問題が、衝突の原因ではありません。

結局のところ、2人が衝突する本当の理由は、いつも同じなのです。

つまり、自分がどれほど賢く、人として優れているかを証明し、自分のほうが偉いとパートナーに認めさせようとする気持ちが衝突を生んでいるのです。

 

したがって、夫があなたの成功を心から祝福してくれない原因は、ある意味、あなた自身にもあると言えます。

 

2人が微妙な権力闘争をし続けている限りは、男が妻(あるいは彼女)の成功を、心から喜ぶことは難しいと言えるでしょう。

なお、こうした権力闘争は、“ベッドの中”でも繰り広げられます。

例えば、女性のほうから求めてきても、男性は自分のほうだけさっさとイッてしまったり、わざと妻の気持ちが冷めるような話題を持ち出したりするでしょう。

→愛を取り戻す10時間セックス・トレーニング

妻の成功を目の当たりにした男の心理

妻が成功し、妻のほうの収入が多くなると、

妻は、もう自分なんか必要としていないのではないか?」と、ただ怯えてしまう男性もいれば、

自分の不安や恐怖を話そうとはせず、強気の風を吹かせ、妻の仕事を軽視しようとしてくる男性もいます。

ですが、

妻の態度いかんで、夫婦関係に波風を立てずに済ませることもできます。

それは、自分が成功しても、今までと変わりなく尊敬の念を持ち続けることです。

そうすれば、夫婦の間に無駄な緊張が生まれることはありません。

 

……とはいえ、男心としては、そう簡単に収まりがつくものでもありません。

 

妻に成功を見せつけられると、

「あの時、あの契約が取れていれば……」
「あのプロジェクトが、もっとうまく実行できていれば……」
「あのタイミングで起業すべきだったかな……」

などと、夫としても、これまでの自分の仕事上の失敗や取りこぼしを、つい思い出してしまいます。

それはまるで、自分が改めて責め立てられているかのような、鋭い痛みを伴います。

 

妻の気遣いが少なければ(夫を見下すような態度で接すれば)、夫は怒りを感じて、落ち込むようになるでしょう。

→結婚後に燃え尽きてしまう心理

 

ただ、少し補足しておくと、

結婚した(付き合いだした)時点で、すでに妻のほうが成功していた場合には、その後、カップル間の権力闘争において、新たな問題が生じることは、まずありません。

(権力闘争以外で、問題が生じる可能性は十分ありますが……。)

→年上女と年下男は必ず失敗する?!

男にとって仕事とは?成功とは?

権力闘争がどうあれ、

「パートナーの成功を喜べないなんて、何て器(うつわ)の小さい男なんだ」

と思う人もいるかも知れません。

ですが、

男性は、昔から、自分の価値を仕事で決めるように教え込まれています。

仕事での成功と、男らしさを混同してしまうのです。

 

「仕事で成功すれば、男としても成功したことになる」

⬇︎

「仕事で成功できないと、男としても負けたことになる」

 

と考える男性は、少なくありません。

この世の中、男らしさの定義のどこを探しても、「私生活で成功することが大切だ」なんて書いてないのです。

 

それだけ、男にとって「仕事は命」なのです。

 

それだけに、仕事における自分の野心がほとんど満たされていない状態で、パートナーの派手な成功を目にすると、自分の惨めさが想起されてしまうのです……。

彼との権力闘争を終わらせるには?

では、

どうしたって、女性が成功すると、男性との関係にひびが入ってしまうことは、避けられないのでしょうか?

 

上に挙げたように、自分が成功しても、今までと変わりなく尊敬の念を持ち続けることは基本ですが、

もう少し、具体的で効果的な方法をお教えしましょう。

 

それは、

 

家の中でしなければならないことを、夫婦で出し合って、リストを作り、それを公平に分けること

 

です。

どう仕事を振り分けるかは、それぞれの得意なことを考慮して決めなければなりません。

例えば、子供の算数を見てやるのは、夫のほうが得意なのに妻の仕事にするのはナンセンス。

夕食はどこで何を食べようとか、一緒に見る映画やテレビ番組の選択などは交互にすべきです。

家庭内の細かい仕事も公平に分けていき、責任分担を明確にしましょう。

こうしていくうちに、夫婦(カップル)という共同体が、どのように機能しているかが、客観的に見えるようになります。

→彼と腹を割って話す秘訣

そうして、

2人がれっきとした“運命共同体”であるということが、きっちり認識できるようになれば、

2人の間の権力闘争は、なりをひそめ、パートナーを尊敬するようになり、

きっと、互いの成功を素直に喜び合えるようになるでしょう。

→男は皆、何かを成し遂げたい生き物

 

 

 

おすすめの記事