最初は結婚のことは置いておこう!【付き合い始めの時に気をつけるべきこと】

「次付き合う人は、結婚を考えてくれる人じゃなきゃ嫌!」

と言う女性がいますが、恋愛の最初の段階から、それを“直接”、相手に告げるべきではありません。

「オレのこと、値踏みしてるな……」としか思われないからです。

では、どのようにスタートする恋愛が理想的なのでしょうか?

ここでは、

付き合い始めの時に気をつけるべきこと

について、解説します。

恋はまだ第1ステージが始まったばかり

私は絶対遊ばれたくないし、「結婚を考えてくれる?」って、最初にどうしても聞いておきたい!

 

という人もいると思います。

 

気持ちは分かるのですが、

この言葉で、彼の態度を見極めようというのは、あまりにも作戦として、短絡的過ぎます。

 

恋愛は、以下のような、5つのステージを順を踏んで進んでいくものです。

 

「出会い」から「結婚」までの5つのステージ
⚫︎第1ステージ惹かれ合う】

「あ、この人いいかも!」
⬇︎
⚫︎第2ステージが揺れる】

「本当にこの人なのかな……?」
⬇︎
⚫︎第3ステージ相手を1人に決める】

「私のパートナーは、きっとこの人!」
⬇︎
⚫︎第4ステージ親密な関係になる】

「何だかもう家族みたい……」
⬇︎
⚫︎第5ステージ【プロポーズと婚約】

「この人と結婚したい!」

 

付き合い始めの頃は、上の図で言うところの、

第1段階の『惹かれ合う』ステージ

です。

 

けっして焦ってはいけません。

 

この最初のステージの目標(クリア条件)は、

できるだけ良い印象を持ってもらうこと

です。

過剰に心配しなくても、独身者同士であれば、年齢がいくつであろうと、その恋愛のゴールは、結婚です。

そんな時に、先制パンチで、「結婚を考えてくれる?」と質問をすると、男は、いきなり、“採点ゲーム”が始まったように思い、冷めてしまいます。

 

あなたの肉体が欲しいばっかりに、冷めたことを隠す男性もいますが、必ず、後から効いてきます。

なぜなら、男性の側だって、あなたを“総合的に”見ているのです。

あなたの計算高い面より、あなたの人間間としての自然な魅力に触れたいのです。

長い関係を築いていくなら、当然のことです。

 

そうです、

付き合い始めの時に最も気をつけるべきことは、

“相手を知るほどに惹かれ合うような関係”の土台を作っていくこと

なのです。

→男をその気にする女の仕草

「恋は焦らず。」

――使い古された言葉ですが、これはまさに本質をついています。

何しろ、恋愛のステージは、このあと4つもあるのですから。

→こうすれば告白しなくても好意は伝わる

あくまでも男!女友達と同じように接してはダメ!

打ち明け話はまだ早い!

「結婚を考えてくれる?」

もそうですが、女性はとにかく、あるがままの自分を受け入れて欲しい一心から、

日頃のトラブルから、失敗、失望、愚痴などをざっくばらんに男性に話したがります。

しかし、

こうしたことは、女性同士なら良い印象を与えるかも知れませんが、男性にとってはそうではありません。

 

女性から日常の嫌な思いや問題をくどくどと聞かされると、男は、

「よくぞ隠さずに快く打ち明けたくれた!」

などと評価することはありません。

それどころか、

「何か、気難しい人だな……」

と思って終わりです。

こんな風に言うと、

 

男ってそんな薄情なの?!

 

と思う人もいるかも知れませんが、そうではありません。

ただ、まだ、段階として早すぎるのです。

→スピード婚を成功させるには?

 

恋愛の第1ステージで、女性はよく、

 

彼は将来のパートーナーとして、私のニーズを満たしてくれるかしら?

とか、

私のしてもらいたいことを、私がしてあげたら彼も喜ぶはず……

 

と思って、お互いに打ち明け話をしたがり、なるべく早く“感情面”で親密になろうとします。

 

しかし、

あまり早く親密になりすぎると、女性は依存的になり、男性が離れていってしまうということになりかねません。

 

男性“肉体的”に、早く親密になりたがるように、女性“感情面”ですぐに何もかも親密になろうとしますが、どちらも誤りです。

→男はいつ結婚する気になるのか?

付き合い始めの時は、こんなことを話そう

……じゃあ、付き合い始めの頃は、どんなことを話せばいいの?

 

という疑問に対してですが、これは、深刻になり過ぎず、肩の凝らない会話をすべきです。

 

例えば、最近、流行っていることや、自分の趣味や日常の出来事を中心にし、とにかく、前向きな態度で話すのがいいでしょう。

率直に話せば、暗い話題に突入していくこともあるかも知れませんが、

それらは、できるだけ、“もう片付いている問題”として、さっぱりと話すようにしましょう。

→スピード離婚を避けるには?

……ちょっと余談ですが、

昔はよく、メディアなどで、「お嫁さんにしたい女性有名人ランキング」というのがあり、そこでは決まって、明るく快活なイメージのタレントが選ばれていました。

もちろん、世の男性は、そのタレントが、心の奥に抱えている闇などは知りません。

ただ、テレビで見る限りは、明るく快活に見えたのです。

 

男性は、“まだ深く知らない女性”を見る時に、

 

この人と一緒にいると、これから先、楽しく過ごせそうかな……?

 

という見方をします。

繰り返しますが、

まだ、深く知り合わない段階では、深刻な打ち明け話などは、避けましょう。

 

あなたの、一番プラスの面、明るく快活な姿、楽しい未来を予感させるようなキャラクターを見せるようにしてください。

 

“別の面”は、後で分かってもらえます。

→男が大事にしたくなる女の特徴

お高くとまってるくらいがちょうどいい

『テイク』が『ギブ』になる

一般的に女性は、「自分ならこうして欲しい」と思うような応対を彼にしがちです。

何か手を貸してもらったら、何かお返しをしたがる女性も少なくありませんが、それは、逆効果です。

何度も言うように、女友達と同じように考えてはいけません。

 

男性は、あなたから受け入れられているだけで嬉しいのです。

 

⭕️あなたを喜ばせたい、あなたを幸福にしたい!

 

という気持ちでいっぱいなのです。

間違っても、

 

❌(あなたと持ちつ持たれつで、)お中元やお歳暮を贈り合うようなやりとりをしたい!

 

と思っているわけではありません。

プレゼントをもらったり、何か親切なことをしてもらったら、ただ、ニッコリ微笑んで、「ありがとう」と言えばいいのです。

(もちろん、お礼に、身体を許さなければならないわけでもありません。)

 

男性は、女性を幸福にする機会を熱望しています。

幸せにできれば満足なのです。

「彼女の幸せが、オレの幸せ!」というわけです。

 

女性は、男性を喜ばせる“義務”を感じる必要は、まったくありません。

彼に満足してもらうには、自分を喜ばせる機会をあげるのが一番です。

 

つまり、男女関係においては、

女性から見ると、

“もらう”ことによって、男性に喜びを“与える”という意味で、

『ギブ・アンド・テイク』の『テイク』が『ギブ』にもなっているのです。

→ズルイ悪女の特徴

男は追えば逃げる

いっそ、はっきり言いましょう。

女性が、『ギブ』に意識を置き過ぎると、男はダメになります。

 

ヒモ体質の男は別として、まともな男なら、あなたへの関心は薄れていくはずです。

それくらい、「彼女の幸せが、オレの幸せ!」というのは、男の本能なのです。

そんな男の本能を、頭では理解していても、

つい、ギブに走り過ぎてしまう女性がいます。

それは、どんな女性かと言うと、

 

・すぐにのぼせ上がる人
・彼に肉体的にのめり込んでしまう人

 

です。

 

「彼ったら何て素晴らしいの!」

といきなりのぼせ上がると、

「こんな彼に好きになってもらうために何をしたらいいだろう?」

と考えるようになってしまいます。

 

また、

「こんなに激しく求めるほど、私を愛してくれてるのね!」

という感じで相手にのめりこんでしまうと、「心」の結びつきがおざなりになってしまいます。

 

あなたが彼を追い求めるようになると、彼のあなたへの関心は薄れていきます。

あるいは、(もし素質があれば、)調子に乗って、ヒモになります……。

→デートの後、彼がLINEしてこない。なぜ?

男は、女とは、まったく違う生き物です。

自分と同じような思考回路・感情回路は持っていないのだということを、常に念頭に置いておくといいでしょう。

合わせて、不慣れな人も多いかも知れませんが、女性は彼に対して、少々お高くとまっているくらいがちょうどいい、ということも覚えておいてください。

→簡単に体を許すとかえって損する理由

男と女はまったく違う生き物

上に述べた、

 

男性と女性では思考回路・感情回路がまったく違う

 

ということは、付き合い始めの時だけでなく、男女関係すべてにおいて、言えることです。

当たり前のことですが、

あなたの将来のパートナーは、「1人の男性」であって、あなたの「女友達」とは違いますし、ましてやあなたの「父親」でもありません。

→男は1人になりたい生き物

 

付き合い始めの時は特に、なおさら、これを強く意識するべきでしょう。

 

『そろそろ結婚したいなぁというあなたが抱えている“問題”』を一緒に解決してくれる仲間ではなく、

1人の異性であり、
1人の人間であり、
あなたとはまったく違う生き物としての1人の男性

なのです。

→恋愛初期に男は必ずいったん冷める

 

他にもこんな記事があります