いい人なのに独身でいる女性の特徴とその対処法

人間が皆、自分の欲望のままに生きていたら、この世の中は成立しません。

それぞれが「理性」と「思いやりの心」を持ち寄っているからこそ、成立しています。

しかし、“いい人”であろうとするあまり、自分を律し過ぎてしまうと、今度は、なかなか良縁に恵まれません。

というわけで、ここでは、

いい人なのになぜか独身でいる人の特徴と、その対処法

について解説します。




いい人になろうとし過ぎて逆に孤独に…

ほとんどの人が子供の頃、親や先生から、

 

人の嫌がることはしないようにしましょう
人には親切にしてあげましょう
人の悪口は言っちゃいけません

 

といった“社会道徳”を教わりながら、育ちます。

これはもちろん間違っていません。

人の嫌がることをしたり、親切じゃなかったり、悪口ばかり言っていると、実際、人から嫌われます。

逆に、こうした社会道徳をきっちり守っている人は、

 

いやぁ〜、あの人は、何て“いい人”なんだ!

 

と周りから評価されます。

すると、その人自身も、

 

もうこのイメージを裏切れないな……。

 

となっていき、終始、かっこつけざるを得なくなっていくでしょう。

でも、人には、ガス抜きが必要です。

それが誰しも分かっているからこそ、いつも生真面目で、いつも正論で、いつもかっこいい人には、人間味を感じず、かえって魅力を感じなくなる

ということもあります。

“いい人なのにずっと独身でいる人”は、まさにこれです。

このような人は、

 

私が自分の本心を言えば、皆に絶対嫌われる!

 

と思い込み過ぎています。

だから、社会道徳はもちろんのこと、

いつも、

  • 辛くても明るく振る舞おう!
  • 人の助けを借りず、自分の力だけで幸せになろう!
  • 人に「短所」や「弱み」を見せないようにしよう!

とします。

これこそが、愛のチャンスを遠ざけてしまう原因です。

つまり、皆の愛を求めて、嫌われないように、かっこつけ過ぎた結果、逆に、孤独になってしまっているわけです……。

→好かれると逃げたくなる人の心理とは?

「パートナーがいなくても幸せ」は本当か?

いつも他人を喜ばせ、感謝し、暗い話はすべきじゃない……

 

というのは、もちろん、殊勝な心がけです。

ですが、あまりに自分を律し過ぎていると、

 

パートナーなんていないほうが、かえってラクで幸せかも……?

 

と考えるようになり、いつしか、

 

パートナーがいなくても、まったく不満はない!

 

とまで言い切るようになります。

この「満足感」が本物かどうかは、よく考えてみる必要があるでしょう。

自分の「短所」や「弱み」から目をそらし、「負の感情」を抑圧することに慣れてしまうと、それらに関する悩みからは、一見逃れられたように見えますが、いつまで経っても心が癒されることはありません。

苦痛からは解放されても、その分、“心のドア”を閉ざすことになるからです。

ずっと独身でいる、いわゆる“いい人”は、

 

私は一人でも大丈夫!

十分幸せだし、ちゃんとやっていけてるから!

 

と言っているうちに、自分でも本当にそう思い込んでしまいがちですが、それはまったくの“幻想”と言えるでしょう。

人生にまつわる、怒り、寂しさ、恐れ、悲しみを感じないふりをし、独善的に人生を理想化しているのです……。

同時に、これは、“逃げ”であるとも言えます。

人の幸せは、人のぬくもりの感じられるところにあります。

(けっしてファンタジーの世界にはありません。)

“いい人の仮面”は、そんなぬくもりすらも、自らシャットアウトしてしまっていることに気付くべきでしょう。

→恋愛はくだらないのか?

心を開くとは、かっこ悪いところを見せるということ!

さて、ここからは、いよいよ、いい人になろうとし過ぎて愛を遠ざけていることへの対処法です。

まず、大前提として、覚えておきたいのは、男も、女も、「この人と結婚しよう」と思うのは、相手のダメなところが見えた時だということです。

単なる恋愛だとそうではないかも知れませんが、結婚となると、

 

この人も完璧じゃないんだな……

 

と思って、ホッとした時に、

 

この人とずっと一緒にいても、辛くなさそうだな……

 

という安心感を持ちます。

ですから、恋愛をしていて、力が入り過ぎていると感じた場合は、何かを選ぶ際、必ず「かっこ悪いほう」を選ぶようにするといいでしょう。

「デートは流行スポットに行かなくてはいけない……」
「食事はオシャレなところではなくてはいけない……」
「服装はいつもビシッときまっていなくてはいけない……」

当然、どれも、力が入り過ぎています。

かっこつけ過ぎています。

喋る話題だってそうです。

いつも“聖人君子”のように、機嫌がよくて、弱音を吐かず、人の悪口は一切言わない……そんなのは、かっこつけ過ぎています。

「かっこいいこと」も「いい人であること」も、もちろん、いいことです。

しかし、人間、それだけだと、尊敬はされても、親しみが湧きませんし、ましてや、ずっと一緒にいたいなどとは思われません。

どうしても、心を開いていないように感じるからです。

炎上覚悟で言いたい放題言っている芸能人などに、人気が集まったりするのも、そんな「いい人であろうとし過ぎること」に疲れた人の支持が集まっているということでしょう。

ですから、

 

「心を開く」好きな異性に、自分のかっこ悪いところを見せることをいとわない精神」

 

と考え、どんどん力を抜いていくようにしましょう。

……もちろん、最初からカッコ悪いところをどんどん見せていくのではなく、タイミングは大事です。

ですが、きちんとタイミングも測った上で見せて、もし関係が崩れてしまったなら、

 

しょせん、長くいられる関係ではなかったんだな……。

 

ということで、それはそれで、あきらめもつきやすいでしょう。

→なぜかブスになりたいと思ってしまう女性の心理

せっかくの春なのに、暗い顔は似合いません

 

まさか、部屋にいながら、
ほんの30分程度で、
心のモヤモヤが吹き飛んでしまうなんて。
迷ってた時間がもったいなかった。

 

 

占いなんて、当たるかどうか分かんないし!

……なんてもう言わせません。

 

電話占いヴェルニhttps://vernis.co.jp)は、

この業界で20年ものあいだ、安定経営を継続中。

もちろん、顧客満足度も、高止まり。

占い師も1,000人以上揃え、ズラッと圧巻のボリューム。

どうしてこんなことが可能なのかと言えば……

ヴェルニは“占い師からの信頼”も厚いから。

私たちは、

占い師の「名前」と「顔写真」を見て、

「声を聴く」から声を試聴し、

自分とフィーリングの合いそうな

占い師をひとり選ぶだけ。

知り合いや友人に相談するのもいいけれど、

確かな技術を持ったプロの占い師に相談すれば、

こんなにも気分が晴れ、

いきいきとした顔になれるんです。( ◠‿◠ )


新規登録ならおトク全開!
鑑定料4,000円分無料!