えっ!そんなことで喜ぶの?男の正しい褒め方&男心をくすぐる仕草

恋のチャンスと掴むためにも、恋愛を進展させるためにも、相手の心を惹きつける必要があります。

その原点は、何と言っても、「褒めること」です。

ただ、女性が喜ぶ褒められ方と、男性が喜ぶ褒められ方は、根本的に違います。

ここでは、

男性の正しい褒め方と、

男心をくすぐる仕草

を合わせてご紹介しましょう。

褒め方の技術を知れば、人生そのものが前向きに!

最初に、「褒めるという行為」が、なぜ相手の心を惹きつけるのかを、軽く説明しておきましょう。

 

人間は、一人ひとりに尊厳があり、貴重な存在です。

「人を褒めるということ」は、その素晴らしさを認め、さらにその気持ちを言葉を通して(自分のエネルギーを消費して)、表現する行為です。

ですから、褒められて気分を害する人など、この世にいません。

 

はっきりと意識しようとしまいと、皆、人から褒められると、内心、こう思います。

 

あぁ、この人は、自分に興味を持ってくれて、自分のいいところを見つけようと努力してくれて、そしてそれを言葉にしてプレゼントしてくれたんだなぁ……

 

と。

 

そして、もっと言えば、

褒め方の上手な人が、モテないわけがありません。

モテる人とそうでない人との差は、実は、この“褒めるという行為”が得意かそうでないかだけの差だけなのです。

これからご紹介する、男と女それぞれの褒め方の技術を知っておけば、

恋人との仲を進展させるだけでなく、仕事運、金運、人間関係など、すべて面で前向きな人生が送れるようになります。

なぜなら、この世には、男と女しかいないのですから……。

→結婚は健康のためにもいい?!

男は“間接的”な褒め言葉を、 女は“直接”の褒め言葉を喜ぶ

男性が褒められたと感じるのは、

 

「自分の決めたこと」や「自分のやったこと」の結果が認められ、高く評価された時

 

です。

 

例えば、

男性に誘われて映画を観て、

「最高に面白かった!今まで観た映画の中で一番かも」

なんてふうに女性が言えば、彼はまるで自分がその脚本を書いたかのように喜びます。

彼女が満足するような映画を観せてあげられたことで、彼はその映画を、まるで自分が監督し、脚本を書き、プロデュースし、主演までした気になるのです。

 

また、彼のオススメのレストランの料理に、彼女が感激してくれると、まるで自分が作った料理を評価してもらえたかのように大喜びします。

 

このように男性は、

ストレートに自分自身のことではなく、言わば“間接的”に、自分の与えたものに対してプラスの反応を示してくれると、自分が褒められ、評価されたと感じます。

→男が大事にしたくなる女とは?

男性の褒め方の参考例

そんな男性の褒め方の例を挙げてみましょう。

 

男性を“間接的”に褒める言葉
・最高の時が過ごせたわ。
・すっごく楽しかったわ。
・今日は本当にいい夜ね。
・あなたの話は、本当に楽しいわ。
・本当にその通りね。
・これがたった◯分でできるなんてすごい!
・こうするなんて考えたことなかったわ。
・この映画、観に行って正解だったわ。

 

女性が男性を褒める時は、このように間接的な表現にすると、あなたを勝ち取るための能力に自信を持ち、ますます、あなたへの関心を募らせていきます。

女性が間接的に褒めている限り、2人の距離など放っておいても、彼が追いかけてきて、飛び越えてくれます。

 

もし、彼の決めたことや、やったことに、いくらかマイナス面があったとしても、できれば、目をつぶってあげるようにしましょう。

ことの本質よりも、相手を喜ばせ、あなたの人生を好転させることが目的なのですから……。

→恋愛の正しい進め方

女性の褒め方と参考例

ついでに、女性の褒め方についても、触れておきましょう。

 

女性が褒められたと感じるのは、男性と違って、

 

褒め言葉が“直接”自分に向けられた時

 

です。

 

褒め言葉であれば何でも嬉しいのですが、女性にとっての賛辞は、より個人的で単刀直入なのです。

そんな女性の褒め方の例を挙げてみましょう。

 

女性を“直接的”に褒める言葉
・君は最高だね。
・君といるとすごく楽しいよ。
・君の笑顔には本当に癒されるよ。
・君は本当に面白い人だね。
・君って頭がいいんだね。
・君って優秀なんだね、すごいよ!
・君、すごく冴えてるね。
・君、映画を観る目があるんだね。

 

男性が女性を褒める時には、このようにストレートに褒めることが、女性を大事に扱い、尊重したことになり、安心させることができます。

 

こうした褒め言葉は、女性の気持ちに直接響き、それを言ってくれた相手の男性に対して、さらに愛情が増すことになるでしょう。

すると、その女性は、相手の男性をまた褒めたくなるので、結果、『褒め、褒められのプラスの循環』になっていく、というわけです。

→結婚できない女性に足りないのは素直さ?!

男心をくすぐる仕草

こうして、正しい男性の褒め方を知ってみると、まったく意外だったというより、

 

何となくそういう気がしてたなぁ……

 

という感じではなかったでしょうか?

男女問わず、モテる人というのは、“本能的”にこういったことに気づいているものです。

→「浮気は男の本能」これってウソ?ホント?

 

本能と言えば、せっかくなので、男心をくすぐる仕草も、ここでいくつか紹介しておきましょう。

これもおそらく、本能的にうなずける部分が多いはずです。

 

男心をくすぐる女の仕草7つ
⚫︎「私もあなたに関心があるの」と言いたげに軽く微笑み、目線を5秒ほど合わせてから逸らす。
⚫︎目線を合わせ、「あなたみたいな人を待っていたの」と言いたげに、まばたきををする。
⚫︎目線を合わせ、「あなたは私の理想の人かも知れない」と言わんばかりに小首を傾げる。
⚫︎彼の体の一部をかすめて通り、「あっ」と小声で発する。これは「あら、あなたに触れるつもりはなかったの。でも嫌じゃなかったわ」という意味。
⚫︎話し合っている最中に、冗談めかして理屈をこねる。彼の意見に感心していることをあらわにしながら、あえて軽く反論してみせるのがポイント。
⚫︎何かを運んで欲しいとか、何かを手伝って欲しいと彼に頼む。彼が手を貸してくれている最中、「こんなに大事にしてもらえて本当にいい気分」と言わんばかりにホッと深呼吸し、緊張を解く。

⚫︎彼に何か質問をする。そして、彼のひらめきの良さに「あなたの考え方好きよ。あなたって本当に頼りになるわね」と言いたげに、はしゃいで喜ぶ。

 

……どうです?

「それは確かに、男の人、喜ぶかも」という気がしませんか?

特に4つ目までは、もしかしたら、人間と暮らしてきた歴史の長いイヌやネコも、人間に対してやっている仕草かも知れません。

→女らしい女こそモテる?

男が追いかけ、女が応えるのが世の常!

ここまで、正しい男性の褒め方と、男心をくすぐる仕草について触れてきましたが、

ぜひ女性は、これらを使いこなすレベルまでいかなくても、最低限、頭の片隅には置いておいて欲しいものです。

 

なぜなら、

男は、常に自分の力で女性を幸せにしたいと願い、その機会を伺っている生き物。

あなたが、男性を巧みに操り、恋愛(または恋愛ごっこ)を楽しんでいる時、男性のほうでも、本能的な衝動が沸き立ち、幸福感を覚えています。

そして、そのように男女がそれぞれの役割をきちんと演じている時こそ、愛が深まっていくものだからです。

→恋を愛に変えていくには?それにかかる期間は?

 

男が追いかけ、女が応える。

過去も未来も、この法則は絶対に変わりません。

 

女が男の好意をまるごと受け入れ、はしゃいで喜んでいる限り、惹かれ合う力が働き、恋愛は(人生も?)上手に進展していきます。

→デートの後、LINEをしてこない男の心理

 

他にもこんな記事があります