セックスレスや倦怠期の真の原因は、“相手への怒り”だった!

多くの人たちは、「セックスレス」や「倦怠期」の原因は、

相手への性的魅力を感じなくなった、飽きてしまった、などの「性的倦怠」だと思っていますが、

実のところ、その原因は、“相手への怒り”にあります。

ここでは、

夫婦・カップルのセックスレスや倦怠につながる

“怒り”

について、解説します。

「内向する静かな怒り」がセックスレスへとつながる

まずはじめに言っておきたいのは、ここで言う“怒り”とは、

目の前で起こっている事態に反応してカッとなる、といった、いわゆる癇癪ではありません。

また、時折、起こるささいな口論や、予期せぬ大ゲンカでもなければ、ドアをバタンと閉めて出て行くとか、腹を立てて涙をボロボロこぼすとか、罵り合いとかでもありません。

こういった類のことは、一方が相手を逆上させるような行動をとった時、多くの普通のカップルがよくやることです。

そして、このような怒りなら、むしろ、問題が表面化して、解決する方向へ動くこともあるでしょう。

 

ここで言う、怒りとは、内向する静かな怒りのことです。

セックスレスへつながる「内向する静かな怒り」の特徴は、

次の通りです。

 

怒りを口にしない
心の中ではぶつぶつ文句を言いながら、パートナーには何も知らせない。

 

怒りを認めない
相手に知らせないだけではなく、意識レベルにおいては、そんな怒りが自分の中にあることにすら気づいていない。あるいは、自分が怒っていることを否定する。
例えば、絶えず、夫にバカにされ続けているある女性などが、自分の憤りを認めようとせず、「怒ってなんかいないわ、ただちょっと気に触るだけ」と言い続けているケース。

 

怒りの裏側にある問題が解決されない
怒りの本当の原因が本人にも掴めていないので、2人の間の問題は、常に存在し続け、破局に向かって、時限爆弾のように時を刻むことになる。

 

このように、「内向する静かな怒り」とは、心の奥深くに潜んでいます。

そして、こうした怒りは、やさしさや欲望といった、あらゆる感情を排除します。

セックスレスや倦怠期の原因について、多くの人は、「性的魅力」を感じなくなった、飽きてしまった、などと言いがちですが、

本当のところは、

「内向する静かな怒り」を“怒り”と認めたくない人たちが、逃げるためにそう言っているだけなのです。

→倦怠期の乗り越え方

 

――ちなみに、

どちらかが口に出すのとは違った形で、怒りが表面化することもあります。

その中でも、

密かに腹を立てている夫や妻が、「性欲」を別の対象に向けてしまう

ということは、かなりよく見られる現象です。

自分の怒りを承知の上で、浮気に走る人もいます。

不倫に走る人が、その引き金となっているのが、怒りだということに気づかず、単に「新しい相手に恋をした」と思い込んでいるというのは、よくあることなのです。

→あなたを不倫に走らせた理由

考えられる「怒り」の原因6つ

少し話が逸れましたが、

セックスレスにつながる“内向する静かな怒り”の【原因】

には、どんなものがあるか、見ていきましょう。

①期待はずれ→「怒り」

結婚してみたら、考えていたのと違った、という人は大勢います。

例えば、結婚した時には、夫が仕事で成功すると思っていたとします。

ところが、10年経っても成功しそうにない。夫は2つの会社をクビになり、今の仕事でも出世の見込みはありません。

落胆した、などとおくびにも出さないあなたは、表面上は絵に描いたような協力的な妻を装うのです。

でも、内心では、いつも家計を切り詰めなくてはならない、友達の夫はどんどん出世していくのに、自分の夫はうだつが上がらない、と怒りを感じているのです。

約束をしながら、それを果たしてくれない夫に、心底腹を立てているのです。

夫への落胆が深くなるにしたがって、性的関心は低下します。

しかし、この2つの因果関係に、本人は気付かないでしょう。

歳をとったから自然だと思うか、あるいは、育児に忙しくて疲れているせいだと思うかも知れません。

→「男らしい男」は扱いにくい……

②おとぎ話を信じていてガッカリ→「怒り」

幼い頃聞かされたおとぎ話のせいで、正しい相手に巡り会えさえすれば、あとは、めでたしめでたしだ、と信じ込まされている人たちがいます。

自分の中の情熱が冷めてくると、何かが間違っていると感じて、がっかりし、不安になってくるのは、ある意味、“自然な成り行き”だということが理解できないのです。

そういう人たちは、いざ問題が生じ、めでたしめでたしどころではなく、夢に描いていたより、ずっと多くの問題を抱えていることに気づくと、自分が“過ち”を犯したような気分になってしまいます。

そして、「あぁ、相手を間違えた。桃じゃなくて、レモンを選んじゃったかも……」などと思い始めるのです。

→あなたはそもそも夫に何を求めていた?

③心の中に相反する思いがある→「怒り」

相反する2つの感情があることで、問題が生じることがあります。

例えば、妻が夫に対して、「もっと自分たち夫婦のことをコントロールして、受動的な態度を改めて欲しい」と思っていたとします。

けれど、本人も気付いていない心の奥では、そう思っていなかったため、いざ夫が積極性を出してくると、妻は、嫌悪感を覚えました。

なぜなら、夫のその姿は、何でも支配したがる彼女の母親を思い出させていたのです。

このように、当然のことながら、あなたの心が相反する2つのものを求めていたら、決して満足は得られません。

そして、相手は相手で、どうやってもあなたを満足させられないため、どうしてよいのか分からなくなってしまうのです。

④満たされない欲求→「怒り」

パートナーに対して求めていることがあるのに、その欲求が満たされずにいると、怒りは高まります。

例えば、妻が自分の気持ちを伝えたいと夫に話そうとするのに、夫のほうは聞こうとしなかったり、あるいは、夫は気ままに暮らしたいと思っているのに、妻は何でもキチンと予定を立てたがるというケースです。

他にも、一方がベッド以外のところでも抱いたり、キスしたり、手をつないだりという愛情表現を示したいのに、片方が拒むという場合もあります。

精神的に求めるものが満たされないでいると、遅かれ早かれ、問題はベッドルームにも波及します。

精神的に“損”をしていると感じているパートナーが、セックスから遠ざかるようになってしまうのも珍しくありません。

⑤ライバル意識→「怒り」

最近では、共働き夫婦の間に、ライバル意識が芽生えるのはよくあることです。

2人とも野心があるのですから、一方が自分より力を発揮すれば、気になったり、不機嫌になったりするでしょう。

例えば、作家同士のあるカップルの場合、2人とも下積みの頃は、すべてが円満でしたが、妻の小説が出版されたことで、状況が変わりました。

お祝いの電話や、インタビューの申し込みで、彼女が賞賛を浴びると、夫はどんどん惨めになりました。

彼女が成功していくうちに、セックスが減っていったのは、その妻にとっては、意外なことでした。

→妻の成功を喜べない男の心理

⑥価値観の違いが生まれた→「怒り」

年月とともに、夫婦の一方、あるいは両方の、外見や人生の目標成熟度などは変わっていくもの。

その変化のペースが狂うと、2人の間に、幻滅や怒り疎外感といったものが生じます。

例えば、バーで出会ったあるカップルは結婚し、しばらくはすべて順調に進みましたが、子供の誕生ですべてが変わりました。

妻が、家事や子育てに喜びを感じ、外へ出たがらなくなったのです。

何時間もバーで飲み続けていた生活は、もう昔の話。子供の誕生で、妻だけが成長してしまったのです。

しかし、夫のほうは、相変わらず、楽しい毎日さえ送ればいいと思っていました。妻のほうは、もっと堅実な暮らしを求めます。

夫が、妻のそんな態度に文句を言い続け、妻は次第に夫に腹を立てるようになりました。

そしてある日、彼女は夫に対して、性的関心が全くなくなってしまったことを自覚するのです。

ところが、自分がセックスに興味を感じなくなったのは、怒りと関係があるとは思っていません。

ただ、なぜだか分からないけど欲しくないだけだ、というふうに思っているのです。

→恋なんてくだらないもの?!

平和主義者の怒りは、かえって長引いてしまう

怒りへの対処の仕方は、人それぞれです。

 

怒ることを楽しむ人もいます。怒りによって、力を感じることが出来るからです。

このような人との生活は、いつも怒りに満ち溢れたものです。

 

それとは正反対に、平和を愛する人がいます。

このような人は怒りを表すことを嫌い、怒りに対して人一倍不安を感じます。

争うことを忌み嫌い、できるだけ喧嘩しないようにするのです。

ところが、

意外なことに、平和主義者の怒りのほうが、結果的には大きくなってしまうことがあります。

 

なぜなら、彼らは、まったく怒らないというわけではありません。

怒りはするけど表面に出さない、あるいは、怒っていることを認めようとしないだけなのです。

 

ですから、

いつまで経っても、相手が何に対して怒っているの分かりません。

自分ですら、その怒りの原因に気付いていない場合は、なおさらです。

→恋愛の基本は、自分の感情について相手に話すこと!

 

結果的に、問題は長い間、未解決のまま放置され、セックスへの影響もそれだけ長引くことになるでしょう。

 

そうした点から言えば、

本来、怒りというものは、静かに内向などさせず、癇癪を破裂させてしまうほうがよいのです。

怒っていることを認め、その原因が解決されるなら、結果的に怒りは、2人の絆を深めるための良薬となります。

不倫についても、セックスレスについても、倦怠期についても、本人も気付いていないような「静かに内向する怒り」を、まず、突き止めてみることが肝心と言えるでしょう。

→彼と腹を割って話すコツ

 

 

 

 

おすすめの記事