なぜ不倫のセックスは燃えるのか?深みにハマりそうな不安が格好の媚薬に

妻たちの大部分は、夫との生活では満たされない“心”の隙間を埋めようとして、不倫に走ります。

はじめからセックス(“肉体”)が目的で不倫に走る女性は、ごく少数です。

しかしながら、ひとたび禁断の果実の味を知ってしまうと、その魅力から離れられなくなってしまう女性が多いようです。

ここでは、

肉体先行の不倫をするタイプと、

なぜ愛人とのセックスは燃えるのか?

について解説します。

肉体先行の不倫をするタイプとは?

冒頭でも述べたように、多くの不倫妻は、セックスではなく、精神(心)の欲求が先行して、不倫に走るものです。

とは言え、

出会いの時からセックスが大きな意味を持っている女性もいます。

それは、以下の3タイプです。

①男性を夫1人しか知らなかった

今の時代、稀有な存在とも言えますが、このようなタイプは、10〜20代のはじめに若くして結婚したか、厳格で保守的な家庭に育った人がほとんどです。

若くして結婚したために、結婚生活に倦怠期が訪れた時、短すぎた青春を惜しむのはよくあること。

はじめは、ほんの一口のつもりで、禁断の果実を口にし、気づいた時には愛人にのめり込み、夫との板挟みに苦しむ女性は少なくないようです。

遅くして初めてセックスの悦びを知ってしまった女性たちには、すべてが今までとは違って見えることでしょう。

→不倫の苦しみの正体

②夫が冷めている

夫とのセックスでは物足りないと感じていたり、そもそも夫があまり求めてこないといった「セックスレスカップル」の妻たちも、肉体の乾きから不倫へと走るタイプです。

夫から相手にされないのは、女にとっては耐えがたい屈辱。

愛人はそんな彼女に性の悦びを与えてくれるばかりか、女としての自信を取り戻させてくれる存在なのです。

③夫じゃ燃えない

中には、妻のほうがその気になれないというケースもあります。

夫とのセックスでは燃えることができず、自分に火をつけてくれる男性を求めて不倫に走るのです。

愛人とのセックスが燃える理由

では、そもそもなぜ、愛人とのセックスは燃えるのでしょうか?

それには、次のようなことが挙げられます。

初めて知る官能の世界

夫との性生活で満たされずにいた女性にとって、愛人とのセックスは、初めて知る官能の世界。

これまで知らなかった性の悦びを知り、彼女たちはサナギが蝶になるように生まれ変わるのです。

女としての悦び

おざなりのセックスを繰り返すうち、冷め切った夫の態度に自信を失っていく女性も少なくありません。

そんな彼女たちは、愛人から激しく求められることによって、女としての深い悦びを噛みしめているのです。

愛人の涙ぐましい努力

愛人は、自分が“セックスパートナー”であることを自覚しています。そのため、少しでも彼女たちを喜ばせようと努力します。

実際、妻とはおざなりのセックスでお茶を濁しながら、浮気相手の人妻にはあらん限りの勢力とテクニックをつぎ込むという男性も多いのです。

親の呪縛からの解放

夫に、“父親”の影を重ね、ベッドの中でも思うように燃えることのできない女性は少なくありません。

その点、現実のしがらみから解き放たれた愛人とのひとときに、不倫妻を縛るものは何もありません。

思う存分エクスタシーを追い求めることができるのです。

→潜在意識が導く不倫

永遠の蜜月

どんなにアツアツのカップルでも、いざ現実に生活が始まってみると、甘い新婚気分を引きずってられるのは、せいぜい2〜3年が限度でしょう。

セックスそのものは悪くはないのに、日々の忙しさに追われて、次第に夫婦の営みが減っていってしまうのはよくあることです。

それに比べて愛人との逢瀬は、束の間のものだからこそ、新鮮さを失うことがありません。

自分のものにはできない歯がゆさ

愛人関係の男女の場合、どちらか一方あるいは双方ともに、家庭のある身です。

彼が誰かのものである限り、そのすべてを自分のものにはできない 、そうした歯がゆさが、さらに相手への思いを募らせるのです。

→一方、堂々と不倫する女性もいます……

禁じられた愛ゆえに

人目を忍ぶ関係には、いつ誰にバレるか、いつ別れの時が訪れるのか、といった緊迫感が常に漂っています。

どんどん深みに落ちていきそうな自分自身に不安を感じることもあるでしょう。

度を過ぎた不安は人を疲れさせるものですが、さじ加減ひとつでは、格好の“媚薬”となります。

心理学の実験でも、ある程度不安を抱かせる状況に置かれた男女が、一番性的な興奮を示すことが分かっています。

禁断の愛は、どこか閉ざされた扉を開くにも似た「快感」と「刺激」があるものです。

→女性が「不倫相手」に選ぶ男性のタイプ7選

肉体の渇きだけ癒しても夫婦の絆は取り戻せない

しかしながら、

愛人とのセックスで、肉体の渇きを癒せたとしても、それによって、夫との絆が取り戻せるなどということは、まずありません。

なぜなら、その奥には、往々にして自分でも気づかない「心の問題」が潜んでいるからです。

→これに当てはまれば、その愛は偽物です

 

セックスレスの原因が、夫の糖尿病などでなければ、次のような原因が考えられます。

 

・セックスを夫婦間のパワーゲームの道具にしている
・近すぎることへの恐れがある
・内向する怒りがある
・夫(妻)を親と同一視している

 

いずれにせよ、

夫婦生活が行き詰まると、外に答えを求めるケースは、男女とも少なくありません。

愛人との刺激的なセックスに、一時的にすべての問題が解決したような錯覚に陥るのは、よくあることなのです。

 

……あなたの場合は、どうでしょうか?

→あなたを不倫に走らせた理由は何?

 

 

おすすめの記事