好きなのではなくただ寂しいだけ?「復縁したい」という“執着”はあらゆる失敗のもと!

「別れた彼のことが忘れられない……」

という悩みは、どうしたら解決できるのでしょうか?

ごく単純に考えれば、「彼と復縁すること」ができれば、解決しそうです。

しかし、世の中、それほど単純にはできていない、ということは、ほとんどの人が知っているはず。

というわけで、ここでは、

復縁することの是非と、

彼が忘れられないという悩みの解決方法

について解説します。

解決方法は2択! “執着”をするか、しないか

復縁はいいことだ、
復縁はよくないことだ、

と、一言で片づけられものではありません。

 

ですが、ただひとつ、確実に言えるのは、

“執着”はいい結果を呼ばない

ということです。

→いつも同じパターンで別れる人は執着している?

復縁にまつわる“執着”の思考回路は、以下のような感じです。

 

「あ〜、彼のことが忘れらない」(悩み)

「それだけ、私、彼のことが好きだったのね」

「こんなに好きなのだから、忘れるべきではないわ」

「そうよ、彼と復縁するべきだわ」

「どうしたら復縁できるんだろう?」(転化した悩み)

 

これを見ると、まず、「べき」が出てきている時点で、冷静さを失っています。

何でも、「べき論」で語る人は、神経症にかかりやすいと言われています。

なぜなら、「べき論」こそが、執着そのものだからです。

 

「べき」と決めたのは、自分の心であって、勝手にそう決めただけ。そこに、公平さなどありません。

そして、「べき」と決めた以上は、そうならなければ苦しみます。

つまり、“執着”とは、自分で自分の首を締めるようなものなのです。

→ストーカーは皆ナルシスト?!

さらに、別の観点から、“執着”の話をしましょう。

どんなものでもいいのですが、あなたは、ギャンブルをしたことがありますか?

 

ギャンブルでは、負けが続いているときに、

「取り戻そう!」

と思って賭けると、必ずマズイ結果になります。

 

この「取り戻そう!」というのは、それまで負けた分に対して、

・悔しさを晴らそう!
・損失をゼロにしよう!
・この恨み、晴らさでおくべきか!

と「こだわっている」=「執着している」ということです。

そのような“執着”をしていると、神に愛されることは、まずありません。

→「引き寄せの法則」の真の意味とは?

さて、復縁の話に戻しますと、

「別れた彼のことが忘れられない……」という悩みを抱いた時点で、解決方法は、2択だったのです。

 

それは、

 

その彼のことは忘れる・諦める=執着しない

その彼にこだわる=執着する

 

という選択肢です。

 

なぜ、を選ぶことが難しいかと言えば、

それは、

⚫︎他に意中の相手がいない
⚫︎(男性以外の)女友達や家族と充実した関係が築けていない
⚫︎心の隙間を埋めるほど、夢中になれるものがない

……など、要するに、寂しいからではないでしょうか?

 

したがって、裏を返せば、

「別れた彼のことが忘れられない……」という悩みは、寂しさを解消することで解決できるわけです。

 

方法としては、そのまま、

⚫︎他に意中の相手をつくる!
⚫︎(男性以外の)女友達や家族と充実した関係を築く!
⚫︎心の隙間を埋めるほど、夢中になれるものを見つける!

ということになるでしょう。

→新しいことを始めると必ずいことが起きる?!

 

……どうでしょう?

上の3つのどれかよりも、「彼にこだわる道(執着する道)」を、それでも、あなたは選びますか??

ただ寂しいだけなのに、以前の別れを美談にしていませんか?

「復縁を望むこと」とは「執着すること」で、“執着”はあらゆる失敗のもと

 

……となると、「復縁」=「よくないこと」のように聞こえますが、前述のように、100%そうとは言い切れません。

 

なぜなら、

自分たちの意思ではないけれど、別れざるを得なかった(不可抗力的な別れ)

というケースもあるからです。

(例えば、親や親族の反対、病気、交通事故、2人の間に決定的な誤解があった、など。)

→別れても成長があれば、その恋は成功!

しかしながら、

復縁を望む人の多くは、実際、これに当たりません。

 

自分が「寂しさ」を感じるという根本問題から、目を背け、別れを無理やり美談にしようとしている人がほとんどです。

 

よ〜く、別れ方を思い出してみてください。

そこに不可抗力はあったでしょうか?

→復縁したさのあまり、押しまくると大失敗する?

たとえ復縁が成功してもうまくいく可能性は低い?!

人と人との出会いは、「偶然」です。

ですから、とても神秘的なものを感じます。

 

しかし、多くの別れは、「必然」です。

あなたの意思、もしくは相手の意思によって、2人は別れたのです。

神の差配などではありません。

→別れたほうがいい人ほど、なぜかその恋にしがみつく

ですから、

(別れが不可抗力でなかった以上、)

復縁が成功したとしても、

一度別れた2人がうまくいく可能性は、限りなく低い

と言えるでしょう。

 

お互いに何かが足りなかったり、あるいは何かが多過ぎて、「帯に短し、たすきに長し」だったわけです。

そこを改めようとしたって、人の資質というものは、そう変わるものではありません。

 

別れた彼には、もっとぴったりの女性がいて、あなたのほうには、もっとぴったりの男性がいるのです。

→「運命の人」とは笑うタイミングが同じ?!

元彼を忘れるとっておきの方法

それでも、

 

どうしても彼のことが、頭から消えない……

 

彼のことを思い出すことを、やめられない……

 

という人には、究極とも言うべき、とっておきの方法が1つあります。

 

それは、

 

私は、彼のことを、絶対に忘れてはいけない!

 

と心に誓うことです。

 

「彼のことを忘れよう」と思うから、逆に忘れられないのです。

ですから、「忘れてはいけない」と思えば、忘れられるものです。

→トイレ掃除で執着を掃除できる?!

「べき」で考えがちな人は、得意の「べき論」で、

 

私は、片時も彼のことを忘れず、一生覚えておくべきよ!

 

と心に誓ってください。

いや、誓うべきです。(笑)

 

そのような、ある種の工夫をしながら、“執着”をやめ、さらに、いくらかの“時”が過ぎれば、別れのつらさは、いつの間にか消えてしまうでしょう。

→失恋の処理方法は男と女でこんなにも違う!

 

 

 

他にもこんな記事があります