ずっとあいまいな態度で踏ん切りのつかない男の心理

「私以外に仲のいい女性なんていなそうなのに、なかなか付き合おうとしてくれない……」

「そろそろ結婚を考えて欲しいんだけど、どうも彼の意思が見えてこない……」

というように、“なかなか踏ん切りをつけてくれない男性”に対し、モヤモヤを感じている女性がいます。

こんな時、多くの場合、男性の「仕事」や「経済状況」のことが取り沙汰されがちですが、問題の本質は、実は、そんなことではありません。

ここでは、

ずっとあいまいな態度で踏ん切りのつかない男性の心理

について解説します。

彼らは“過去”を断ち切れていない!

それをする条件が整った時には、それをする時機ではない、というのが、人生である。

 

……これは、心理学者・加藤諦三さんの言葉ですが、とても、世の中の真理を突いていると思います。

 

人は何でも、準備が整ってからやっているように見えて、全然そうではありません。

 

あなたもこれまで、準備なんて全然できてないのに、テストを受けたり、うまく作れるかどうか分からない料理に、とりあえず挑戦してみたり、してきたことでしょう。

踏ん切りのつかない男性は、多くの場合、問い詰めたところで、ただ黙ってしまうか、「仕事」「お金」のことを言います。

それらは何となく、納得せざるを得ない理由のように思えますが、そんなことは、あなただって承知しているはず。

 

本当は、そこには、彼ら自身も自覚できていない理由があるのです。

 

彼らはなぜ、踏ん切りがつけられないのか?

 

それはズバリ言ってしまえば、

これまで付き合った女性たちの長所ばかりを思い出し、それらをすべて集めたような女性をイメージしているから

です。

→“生きる活力のない男”には近づくな!

当然、これだと、どんな女性であっても、不満を感じます。

 

あなたも、おそらく、

 

そんな、いるはずもない理想像と比べられるなんて、たまったもんじゃないわ!

 

と思うことでしょう。

 

しかし、これは、ちょっと気の毒な部分もあります。

彼らは、要するに、過去を断ち切れていないのです。

 

未練、と言えなくもないですが、そうした過去の恋が、なぜ破局に終わったのか整理できておらず、「また傷つくことになるのでは?」という不安が拭い切れないのです。

 

単に、甘ったれた贅沢な望みを抱いているのとは違いますので、どうかそこは、分かってあげてください……。

→「ねぇ、もう冷めた?」とは絶対に聞いちゃダメ!

悪い結果でもしっかりアドバイス。

電話占いって 何?

とにかく今すぐ 相談したい!

彼が誠実ならプレッシャーを緩めてあげよう

踏ん切りのつかない男性たちは、交際であれ、結婚であれ、相手と本格的な付き合いを考える段階になると、戸惑います。

 

それは、あなたの他に仲の良い女性が誰もいなくても、です。

 

もちろん、他にも仲のいい女性がいるからこそ決められない、というパターンもあるでしょう。

 

ですが、いずれにしても、過去を断ち切れていない、と言う意味では同じです。

過去を断ち切れていないから、1人に決められないのです。

じゃあ、どうしたら、そんな彼は、自分の過去を断ち切ることができるのでしょうか?

 

ここで、さきほどお話しした、事前に条件なんか整えなくていい、という話と繋がってきます。

 

相手を1人の女性に決めるには、

とにかく、1人の相手を選んで、その相手と付き合い通す

ことが必要です。

 

これは、他の女性を忘れることが目的ですから、もちろん、途中で浮気などしては、意味がありません。

他の女性に気のあるふりをしてもいけないし、連絡先を聞いてもいけません。

 

そもそも、心で「この人だ!」と直感するには、特別なつながりができあがっている必要があります。

一度でも、別の女性と関係を持つと、せっかくのつながりが切れてしまい、また最初からつくり直さなくはいけません。

ですから、

女性の立場からすると、

 

なかなか踏ん切りつけてくれなくて、ヤキモキさせる彼だけど、彼が私に対して誠実なのは間違いない……。

 

と思える彼なら、もう少しプレッシャーを緩めてあげましょう。

(彼にも、あなた自身にもです。)

 

逆に、

 

どう見ても、他の女性に気がありそうだ……。

 

という感じだったり、実際、もう浮気をしてしまった、というのであれば(誠実さが感じられないのであれば)、もう見切りをつけていいかも知れません。

あなたの心も、「この人ではないな」と直感するでしょうから……。

→運命の人とは笑うタイミングが同じ!?

彼は本当は別れたがってる?!

最後に、踏ん切りをつけてくれない彼のことを、ちょっと別方向から考えてみます。

 

彼は、もしかしたら、踏ん切りをつけてくれるどころか、本当は、あなたと別れたがっているかも知れません。

 

その可能性だって、ないことはないでしょう。

 

「付き合って欲しい」と言えない男性もいますが、「別れたい」と言えない男性もいます。

 

彼との関係が、“彼が前の相手と別れた直後”に始まったというなら、特に注意が必要です。

 

彼があなたに言い寄ってきたのは、あなたへ好意というより、前の彼女(もしくは妻)を忘れたい一心だった可能性があります。

この情熱が冷めると、彼は、身動きが取れなくなります。

自分にとって“最適な相手”ではないと感じているのに、自分ももう傷つきたくないし、あなたのことも傷つけたくないから、ズルズルと現状を引き延ばすしか方法がなくなってしまうのです。

→なぜか「疲れた」を連発する彼の心理

男であれ、女であれ、「自分の相手は、この人だ!」と決めるのは、頭でそう思うのではなく、心がそう直感するものです。

もちろん、逆の、「この人ではない!」と決めるのもです。

 

態度のあいまいな彼に、ただヤキモキするのではなく、自分の心を見つめ、その心に正直であるように努めてみましょう。

そうすれば、待つなら待つ、別れるなら別れる、といったように、決断はラクにくだせるのではないでしょうか?

→別れたばかりの男は、落としやすいが、すぐ飽きられる?

会員数20万人、月間鑑定数5万件以上
当たると評判の電話占いヴェルニ
 電話占いって
\ どんなサービス?/

初回最大5,000円分無料!
\ 当サイト限定 優先予約権付!/

他にもこんな記事があります