男選びが下手な女性必見!【男を見極める10の基準】

精神的にも経済的にも自立を勝ち取り、何万年と続いてきた女の生き方は、ここ50年で、すっかり変化したと言われます。

しかし、いくら社会が変わっても、女が男に求めるものは、遠い祖先の時代から変わっていません。

そこを見誤ってしまうと、男選びに失敗することになります。

では、男はどこを見て選べばいいのでしょう?

ここでは、

“いい独身男”を見極める10の基準

を紹介します。

“いい独身男”とは「資源」を持っている男!

セックスだけの軽い付き合いならともかく、一生をともにするパートナーを選ぶ際は、

 

「社会的な地位」を持っているかどうか?

 

は軽視できません。

 

ここでいう「社会的な地位」とは、名声、権力、財力のこと。

 

なぜ、これを重視しなくてはならないかというと、そうした、「資源」こそ、持続可能な豊かさの象徴だからです。

 

「学歴」が男の力量を判断する材料になりやすいのは、この「資源」を簡単に推し量れるからに他なりません。

(人それぞれ観点の違いはあれど、医者や弁護士がモテるのは、無理もない話なのです。)

 

つまり、

“いい独身男”とは、

 

自分と子供を養い、守ってくれる力量のある男
(もしくは、そうなる可能性の高い男)

 

と言えます。

ちなみに、

アメリカの心理学者トマス・ポレットの研究では、

女性が、セックスでオーガズムを得られる頻度は、相手男性の「銀行預金額などの条件」に比例する

ことが分かっています。

 

これは彼の説によると、

 

私、あなたに満足しているから、他の男に走ったりしないわ!

 

という、女性から男性に対するメッセージなのだそうです。

そして、このメッセージを受け取った男は、女とその子供に、喜んでお金と労力を費やすというわけです。

 

女性の生き方が、大昔とはだいぶ違ってきても、人間の本能”の部分は、このように、ずっと原始の部分を引きずったままなのです。

 

ですから、男を選ぶ際も、

“本能の欲求”を満たす選び方をしなくてはなりません。

→なぜ元彼を忘れられないのか?

【決定版】男を見極める10の基準

時代に関係なく、女が選ぶべき男は、「今、資源を持っている男」か、「将来、資源を持つ可能性のある男」です。

 

そこを大前提としながら、

「男選びの10の基準」

を順に見ていきましょう。

(1)その男は愛情深いか?

あなたが日頃から耳にしたいフレーズは、「愛している」を筆頭に

・「綺麗だね」
・「この料理、おいしいね」
・「いつもよくやってくれてるね」

など、無数にあるはず。

また、一般的に、カップルが離婚する際、妻の側が決まって口にするのは、

「私のやってることを当たり前だと思って、少しも感謝してくれない!」

というセリフです。

愛情深い男とは、女に対して、愛と感謝の言葉を、ちゃんと口に出して伝えることのできる男のことを言います。

(2)その男は誠実か?

誠実というのは、責任感があるということ。

つまり、「浮気をしない」ということです。

さらに言い換えると、「決まった女にしか“資源”を与えない」ということです。

しかし、世の男は責任を取ることから逃げたがるもの。

男にとって、1回のセックスはほんの数分ですが、女は、たった1回のセックスで、その後15年の人生が決まります

妊娠し、出産して子供を育てるのに、それぐらいかかってしまうからです。

誠実でない男を選ぶと、痛い目を見るでしょう。

→こんな男は必ず浮気する

(3)その男には知性があるか?

学歴だけが有効な物差しではありませんが、やはり、知性のある男は、職場でも出世する可能性が高いです。

金銭面も不自由しないでしょう。

ですが、働く女性も多いこの時代、必ずしもお金持ちでなくてよいかも知れません。

とは言え、ギャンブル好きの男、リスクそっちのけで投資に走る男、浪費癖のある男などは、避けましょう。

→男はギャンブルが好き、女は占いが好き

(4)その男は笑わせてくれるか?

笑うと、脳からエンドルフィンが分泌され、これは免疫システムを支え、病気から体を守ってくれます。

また、ストレスホルモンのコルチゾールが減り、血圧が下がるので、心臓病のリスクも減ります。

いい男は、そういうことをちゃんと意識的に知っているので、女を笑わせ、健康にしてくれます。

悲観的で根暗な男は、できるだけ避けましょう。

→しっくりこない相手とはポジティブに別れましょう

(5)その男は話を聞いてくれるか?

その男は、あなたの悩みや気持ちを打ち明けた時、ちゃんと耳を傾けてくれますか?

いい男は、あなたが秘密を明かしてくれた時、それを途中でさえぎることなく、じっと聞き、

それに呼応するかのように、自分の秘密のことも、少しだけ話してくれます。

そして、いっそう2人の信頼関係は深まるのです。

(6)その男は料理ができるか?

男は、狩りをして食べ物を手に入れ、女に与えるという生活を、100万年前から続けてきました。

現在でも、女のために食事を用意してやる男は、女の本能的な喜びに火をつけます。

実は、男が女をディナーに誘うのも、本能的に、自分は食べ物を提供できるという男なんだ、という能力を示そうとしているのです。

共同生活を送るのなら、料理ができる男を選ぶに越したことはありません。

→仕事と結婚生活の両立は無理なのか?

(7)その男はリズム感があるか?

古来より、「ダンス」の目的とは、異性に注目してもらうこと。

そして、その先には、セックスがあります。

リズムに合わせて動くことが上手な男とは、豊かな性生活を送れる可能性が高いです。

→セックスライフを邪魔する余計な思い込み

(8)その男は安心させてくれるか?

女が不安を感じる材料は、

・お金
・自分の容姿
・愛

です。

ちゃんとした稼ぎに加え、髪を切った時などにちゃんと気づくなど、容姿のことも普段から褒めてくれ、

帰りが遅くなる時などは、ちゃんと居場所を連絡してくれる男であれば、あなたは安心した日々を送れるでしょう。

→”悪い男”の心理とそのテクニック

(9)その男は子供が好きか?

圧倒的多数の女性には、自分の子供を守り、育てようという本能的特質「母性」があります。

ですから、子供をあやすのがうまいなど、子供好きの男といると、心地よさを感じられます。

(10)その男は健康か?

健康な男は、長い間、家族をしっかり養うことができますし、そうした男との間に生まれる子供は、健康に育つ確率も高いです。

男が体調不良を起こしていないかはもちろん、口臭など不健康のサインにも気を配りましょう。

→男が結婚を決意できるのは何歳から?

〈おまけ〉避けたほうがいい相手

問答無用で、避けたほうがいい相手も、少し紹介しておきましょう。

 

必死感ただよう男
相手を見つけようとなりふり構わず必死な人は、やめたほうがいいでしょう。
「家族から結婚しろとプレッシャーがかかっている」、「友人たちがみんな片づいたから」、「そろそろ落ち着かなければと思うから」といった理由でパートナー探しをする人は、問題ありです。
依存心が強い男
こっちがちょっと外出しただけで、何件も電話やメールをしてきたりする人は危ないです。
また、「オレを幸せにするのは君の役割」といった無言の圧力をかけてくる相手もやめたほうがいいです。
とにかくスタイルにこだわってくる男
雑誌の表紙みたいなスタイルを求めてくる男には、気をつけましょう。
そういう人は、自尊心が低く、内面に不安を抱えていて、それを隠すために、見た目が完璧なパートナーを選びたがっています。

 

→男が女の外見を重視する理由

“長い目で見て差がつきそうな要素”をしっかり見抜こう!

――いかがだったでしょうか?

 

これらの基準をすべて満たす男となると、なかなか見つからないかも知れませんが、

「自分が女性として、どんな視点で男を選ばなくてはならないのか?」

という点で、少なからず、新たな気づきがあったのではないでしょうか?

→理想の男性を見つけるための16カ条

前述のように、いい独身男とは、

「今、資源を持っている男」か、
「将来、資源を持つ可能性のある男」

ですから、

「向上心」を持っており、それを持ち続けられる男であれば、見込みがあると言えなくもないでしょう。

 

仕事を持つ女性が多い現代では、

もしかしたら、男の経済力をそれほど重視しない女性も少なくないかも知れません。

 

ですが、

 

・知性
・人間的な柔軟性と優しさ
・地位(社会的立場も含む)
・向上心

 

など、

 

“長い目で見て差がつきそうな要素”

 

は、見落とさないよう、しっかりとチェックするようにしましょう!

 

――「もっと自分のことを知りたい!」、「少し未来を覗いてみたい!」という場合には、『占い』の利用がオススメです。

 

 

他にもこんな記事があります