その不倫、本物の愛じゃないかも…。そもそもあなたは夫に“何”を求めていた?

不倫には、それを「本物の愛」だと感じさせる罠が多くあります。

しかし、そのほとんどは、幻想に過ぎません。

では、「本物の愛」とは、どんな愛のことを言うのでしょうか?

また、あなたを不倫に走らせた“結婚生活の不満”とは、どのように向き合えばいいのでしょうか?

ここでは、

本物の愛の条件

結婚生活の見直し方

について、解説します。

これが「本物の愛」の条件!

以下に挙げる条件をどれだけ満たせるかで、「本物の愛」かどうかが分かります。

✔️ 長い時間をかけて育まれていますか?

愛は、時間をかけて育つもの。

ひと目会った途端に惹かれることがありますが、それが愛に変わるかどうかは、時だけが教えてくれます。

「本物の愛」には、それを裏付けるだけの、共に過ごした長い時間があります。

✔️ 彼の“中身”を愛していますか?

外見や、地位、財産だけでなく、相手の人柄に惹かれているでしょうか?

相手の本質とも言える、見えない部分も愛しているのが、「本物の愛」です。

✔️ 彼の“等身大”の姿を愛していますか?

相手の長所や欠点、強さ、弱さ、すべてを受け入れられますか?

等身大の相手を見つめることができる、それが「本物の愛」です。

✔️ ケンカを乗り越えたことがありますか?

どんなに愛し合っていても、元は別の人間です。時には衝突することもあります。

そんな“衝突時の壁”を2人で乗り越えない限り、愛の夢はじきに冷めてしまいます。

✔️ 与え合う関係ですか?

愛は「ギブアンドテイク」です。

一方的に相手を追い求める関係は愛とは呼べません。

✔️ お互いに尊敬し合っていますか?

「ときめき」だけではなく、「尊敬」がなくては、長い間、信頼を積み重ねていくことができません。

✔️ 相手の身になって考えることできますか?

相手に対する誠実な態度とは、 何でも、相手の身になって考えられるということです。

✔️ そこに打算などない?

愛とは、報いを求めないものです。

夫を嫉妬させる手段、もしくは、夫に怒りを伝えるためなどに、不倫を利用しているのだったら、それが、愛であるはずがありません。

✔️ 現実的ですか?

地に足が着いていますか?

夢の世界に、真実の愛は育ちません。

✔️ 言葉を掛け合っていますか?

愛の力は万能ではありません。

愛していれば言わなくても分かる、などという思い込みは、単なる幻想です。

✔️ 彼を1人の人間として尊重していますか?

お互いを別個の人格として尊重していますか?

「ふたりはひとつだから……」なんて、それもまた愛の幻想です。

✔️ ありのままの姿を見せ合っていますか?

相手に裸の自分をさらけ出せますか?

恐れや不信など、負の感情をも率直に語ることができるのが、「本物の愛」です。

――いかがだったでしょうか。

 

チェックしていて、少し後ろめたい気持ちになってきた人もいるのではないでしょうか?

→不倫の誘惑に負けそうになったら

 

夫や、愛人との関係が、こうした「本物の愛」の条件を満たしているかどうかを判断するのは、誰でもない、あなた自身です。

これらの条件に答えることができないとすれば、それはあなたがまだ彼のことを充分には理解していない証拠と言えます。

→「偽物の愛」の判別方法はこちら

不幸な結婚生活は、あなたにも問題があったのでは?

どんな不倫妻も、必ず、夫への不満から愛人のもとに走ります。

言わば、

「家庭」は、不倫の原点です。

 

不倫の悩みから解き放たれるためには、愛人との間にあるのが、「本物の愛」かどうか、ということだけでなく、

あなたの結婚生活についても、見つめ直してみることが必要でしょう。

 

確かに、以下のように、本当にやり直しのきかないケースもあります。

・夫がアルコール中毒である
・夫が暴力を振るう
・夫が子供を虐待する
・妻を独立した人間と認めない
・夫が心を閉ざしている
・夫が愛情のかけらすらを示してくれない
・セックスを拒む
・話し合いの場に臨もうとしない

→現代の不倫事情

 

こうした場合、愛人はあなたの心の傷を癒し、人として、女としての自信を取り戻させてくれるでしょう。

あるいは、不毛な結婚生活にピリオドを打つ勇気を与えてくれるかも知れません。

しかし、

 

不幸な結婚生活を嘆く妻の心の奥に、“別の原因”が潜んでいることも少なくはないのです。

 

例えば、

夫婦生活に、かつての親との関係が大きく影を落としているのはよくあることです。

実は、夫婦そろって自ら不幸のシナリオ演じているケースだってあります。

また、夫の良さも分かっているのに、些細な欠点を許すことができない、そんな夫との近すぎる距離も問題です。

→あなたを不倫に走らせたのは何?

「心」ではなく、「頭」で自分を振り返ってみましょう!

不倫に走った動機を問われて、

「だって、今の生活は“退屈”なんだもん」

と答える妻は少なくありません。

 

ですが、往々にして、

その背後には、「怒り」「敵意」が隠されていることを、著名な精神分析医 オットー・ケーンバーグ博士は指摘しています。

 

あなたの“退屈”は、こんなふうにして発生していませんか?

 

夫に対する激しい“怒り”を胸の奥にしまい込む

目の前の問題に立ち向かおうとしない

何も言わないから、ますます夫との関係はなくなる

だから毎日が“退屈”……

 

どうしても我慢できないことがあるならば、きちんと夫と話し合うべきです。

 

不倫のスリルは、いっとき現実のわずらわしさを忘れてくれるかも知れません。

しかし、夢から覚めてみれば、問題は何一つ解決していないのです。

そもそも、結婚を決意した際、

あなたは夫に“何”を求めていたのでしょう?

 

彼の将来性?
家柄の良さ?
彼ならば自分の望むライフスタイルを叶えてくれると思ったから?

 

安定した生活を手に入れたとたん、今度は、夫に優しさや愛情や繊細さを求めたとしても、それはないものねだりかも知れません。

→やり直すのなら、性生活も真剣に見直す

現実の生活に夫がなくてはならない存在であることに、もっと目を向けるべきでしょう。

 

いたずらに思い悩むのはもうやめましょう。

急いで答えを求めるあまり、すべてをぶち壊しにしてからでは遅いのです。

 

夫からも、愛人からも、ほんの少し距離をおいて、

「心」ではなく「頭」で、

今のあなたが置かれた状況を眺めてみてください。

 

そうしてみて初めて、

自分が本当に求めていたものは何か?

が、見えてくるかも知れません……。

→不倫がバレた時の正しい対処法

 

他にもこんな記事があります