どっちが本当の自分?不倫しようか迷っている時の「天使の声」と「悪魔の声」

世の妻たちの夫婦生活が、無事に続いているのは、ただ、身近に心惹かれる男性との出会いがないけかも知れません。

出会いこそ、女性に不倫への扉を開かせる、1つめの鍵となります。

アメリカのある雑誌が行った調査によると、“チャンスが訪れた時”、実に、妻たちの約40%が不倫に踏み切ったと言います。

……では、そんな“チャンス”が訪れた時、あなたならどうしますか?

ここでは、

不倫しようか迷っている時に聞こえる「天使の声」と「悪魔の声」

を紹介します。

愛にマニュアルはない。「あなたはどうするか?」だけ

……と、その前に、

あらかじめ念を押しておきたいのですが、

不倫とは、そう簡単に、善・悪を割り切れるものではありません。

 

もちろん、現代社会(日本)において、不倫は、

“倫理的な罪”です。

しかし、“法律的な罪”ではありません。

→不倫はなぜ悪とされているのか?

 

また、「不倫は男性のもの」という感覚も、すでに過去のものです。

最近では、夫以外の愛人を持つ女性が増えつつあることを、多くの統計が裏づけています。

つまり、何を言いたいかというと、

 

人間社会に、倫理や法律はあるものの、

「愛」にマニュアルはない

ということです。

 

ただ、「あなたは、どうするのか?」だけです。

 

……それを踏まえた上で、

「天使の声」「悪魔の声」を見ていきましょう。

(人によっては、悪魔の声が、天使の声に聞こえたりもするかも知れません。)

【天使の声】6つ

①結婚生活にプラスの場合も

不倫がいいかどうかは、人によるね。

 

結婚生活にプラスに働く場合もある代わり、ご主人との関係にとどめを刺す結果にもなりかねないよ。まず、そのへんのことをよく考えてみて。

 

それから、オフィスラブには要注意だよ。

 

同僚や上司と関係したら、周りの人に気づかれないように、いつも息を詰めてなくちゃね。

 

それに、男と女の関係になってしまったら、せっかくの友情にヒビが入ったり、仕事がやりづらくなるかも知れないよ。

 

②家庭に不倫の臭いを持ち込まないこと  

うまくやるには、細心の注意が必要だね。

 

メールでのやり取りだって、その携帯をいつ見られるか分からないよ。

 

とにかく、家庭には、絶対に不倫の匂いを持ち込まないこと!

 

③止めはしないけど……

得るものと失うものとを、天秤に掛けてみて。それが一番言いたいこと。

 

離婚する羽目になったらどうする?

愛人と呼ばれることに耐えられる?

 

おそらく、同僚はみんな、鋭い目で、2人の関係を眺めているよ?

 

それでも、踏み出す価値があると思えるなら、止めはしない。

 

胸を張って、堂々と生きていこうね。

 

④無理に愛だの恋だの言わなくていい

今の自分に必要だと思うなら、迷わず突き進めばいい。

 

ただし、避妊には気をつけること。

そして、堂々と顔を挙げて、生きて欲しい。

 

夫以外の男性とセックスがしたい、男友達が欲しいというなら、それはそれでいいじゃない。無理に愛だの恋だの言う必要なんかないよ。

 

くれぐれも、相手にのめり込み過ぎないようにね。

 

→不倫のセックスが燃える理由

⑤人生の輝かしい思い出かも知れないけど

あなたにとって、不倫は、人生の輝かしい思い出になるかも知れない。

 

だけど、そのために夫や子供をどれほど傷つけるか、そのことだけは、いつも胸に刻んでおいて。

 

⑥いつ別れてもいい覚悟を

相手と関係を持つ前に、それがどういう結果を招くか、よく考えることだね。

 

世間の非難を浴びるし、村八分にされるかも知れないよ。

 

あなたの夫、そして彼の妻には、何を言えばいい?

 

自分を見失わないように、そして、いつ彼と別れてもいい覚悟だけは、しておくことだね。

 

 【悪魔の声】7つ

❶楽しければいいじゃない

たとえ、不倫だろうと、誰も傷つけずに、うまくやれるならいいんじゃないかしら?

 

人生は楽しまなきゃ。

 

❷自分を高めたいなら当然

前進あるのみよ。

 

結婚生活で得られないものは、よそで手に入れるしかないでしょ?

 

満たされたい、もっと自分を高めたい、と思うのは、人として当然だわ。

 

自分を認め、必要としてくれる人間が必要なのよ。

 

ただし、秘密は隠し通すこと。夫に思い知らせてやりたいなら別だけどね。

 

幸運を祈るわ!

 

→夫に不倫がバレた時の正しい対処法

❸女としての自信が取り戻せるかも

不幸な結婚生活を送っていて、もうどうしようもないというなら、不倫もいいかもよ。

 

さんざん落ち込んだ後だもの、きっと天にも昇る心地よ。女としての自信を取り戻せるかも知れない。

 

だけど、夢を追いすぎてはダメ。相手にも家庭がある場合、2人の関係に未来はないわ。

 

不倫をしたところで、夫との問題は何も解決しないけれど、新しい一歩を踏み出すきっかけにはなるんじゃないかしら?

 

もしかしたら、結婚生活にピリオドを打つ勇気が出るかも知れないし……。

 

→不倫は本物の愛じゃない?!

❹幸せは自分の手で

人生は1度きり。不幸なまま我慢してちゃダメ!

幸せは、自分の手で掴み取るものよ。

 

慎重にさえやれば、きっとうまくいくわ。

❺思い出は永遠にあなただけのもの

火遊びに火傷はつきものよ。

 

それでもいいと思える相手なら、彼を精一杯愛しなさい。

 

胸いっぱいの思い出を作るの。それは永遠にあなただけのもの。誰にも奪うことはできないのだから……。

 

❻エンジョイあるのみ!

束の間の幸せだっていいじゃない。

 

お互い、最高の気分になれるように頑張って、あとはエンジョイあるのみよ!

 

→不倫相手と幸せになれる??

❼恋する女は美しい

不倫だって、恋は恋。きっとあなたは、それによって、また輝き始めるわ。

 

何とも言えない緊張の中で、彼があなたの心と体を燃え立たせてくれるはずよ!

リスクは大きい。やるなら慎重に…

 ――いかがだったでしょうか?

 

先述したように、どうするのがいい・悪い(善・悪)ではなく、あなた自身が選ぶだけです。

 

ただ、間違いなく言えることは、

 

不倫が発覚した時の代償は大きい

 

 ということと、

 

うまくやるには、細心の注意を払わなくてはいけない

 

ということです。

→「不倫妻」からのアドバイス

天使が言っていたように、

「得るもの」と「失うもの」を天秤にかけてみる

と判断がしやすいでしょう。

 

また、精神衛生の観点から言うと、

「どちらへ進んだら、好きな自分でいられるか?」

というのも、判断材料になるでしょう。

→自己嫌悪は神からの啓示?!

話を聞いてもらうだけでも大丈夫
安くて安心 電話占いヴェルニ
 電話占いって
\ 実際どうなの?/

初回最大5,000円分の
\ 無料鑑定 /