トラブルを最小限に!不倫が夫にバレた時の正しい対処法

不倫がバレてしまった……!

そんな時、あなたならどうしますか?

男性ならこんな時、あくまでしらを切り通そうとしますが、女性は多くの場合、すべてを告白してしまうようです。

……でも、ちょっと待って。

ここでは、

不倫が夫にバレた時の正しい対処法

を『3段階』に分けて解説します。

【第1段階】
《反撃せずに、夫の言葉を聞く》

まずは最初の段階です。

「夫に不倫がバレてしまった直後」、どのように行動すればよいのでしょうか?

 

あなたの裏切りを知った夫は、怒り狂うことでしょう。

いくら夫に罵倒されても、今度ばかりは仕方がないと、あなた自身にも分かっているはずです。

この時は、しばらく、夫のなすがままにして、嵐が静まるのを待つのが得策です。

女性の場合、夫に責められると、とにかく反撃に出がちです。

自分を不倫にまで追い詰めたのはあなたなのだと、これまでの積もり積もった不満を、涙ながらに訴える人も多いでしょう。

しかし、そんなことをしても、お互いを責め傷つけ合うだけの“泥仕合”になるだけ。

 

もし、夫とやり直すことを望むのなら、どれだけ罵倒されようとも、言いたいことをグッとこらえて、夫の言葉を辛抱強く聞くことです。

 

夫は、怒りに任せて、離婚を叫ぶかも知れませんが、いざそれが現実となれば、慰謝料や子供の問題など、簡単にはいかないことにも気づくはずです。

夫が冷静さを取り戻してくれるには、おそらく数日、あるいは数週間を要するでしょう。

結論を急がない!そして素直に謝る!

どうか、結論を急がないでください。

一番大切なのは、2人がこれからどうするかを話し合うことです。

頭に血が上っている間は、2人とも、離婚を考えることでしょうが、時間が経つにつれて、“本当の気持ち”が見えてくるはずです。

 

そして、素直に謝るようにしてください。

彼を傷つけてしまったことで、あなた自身も苦しんでいることを知れば、同じ痛みを分け合うこともできるかも知れません。

→不倫を不倫でなくしてしまう“奥の手”とは?

【第2段階】
《やり直すための“覚悟”を決める》

続いて、次の段階です。

まだ、夫の気持ちが離婚に傾いているとしても、話し合いにまでこぎつけたら、まずは最初のハードルをクリアしたと言えます。

ここでは、とりあえず、夫に「前向きに話し合うことの大切さ」を理解してもらいましょう。

夫婦の話し合いを始める前に、不安に震える子供には、こう話してください。

 

「パパとママには今ちょっと困っていることがあるけど、これから一生懸命話し合ってちゃんと解決するからね」

 

と。

 

あなたの情事のことまで話す必要はありません。

できれば夫婦揃ったところで、お子さんに声をかけてあげるのがいいでしょう。

夫の疑問には誠実に答えること!

あなたの不倫をした夫が、2人の関係に興味を持つのは、当然のことです。

・相手はどんな男か?
・どうして出会ったのか?
・関係はどのくらい続いていたのか?

などといった夫の疑問に対しては、辛いでしょうが、ありのままに応えてください。

 

中には、あなたと愛人とのセックスについて、根掘り葉掘り聞きたがる夫もいるでしょう。

その時には、あまり夫のプライドや自身を傷つけないように言葉を選んで答えるようにしてください。

 

そして、

自分と愛人との関係について語るならば、その精神的な部分にまで踏み込んで話すことが大切です。

 

例えば、

・相手の男性とは何でも打ち明けられる関係だった
・自分の話しに耳を傾け理解しようとしてくれた
・1人の人間として認め、自信を与えてくれた

といったことです。

 

こうしたことは、裏返せば、今までの夫との関係に欠けていたもののはず。

夫はきっと、あなたの言葉から、今後の課題を見出してくれることでしょう。

→不倫は言わば「偽物の愛」

家族や友人を巻き込んじゃダメ!

第三者を巻き込むと、かえってこじれます。

双方の親戚や知人が、それぞれの味方につけば、あなたと夫は、話し合い以前に、“敵対関係”となってしまいます。

 

また、一番避けて欲しいのは、子供を味方につけようとすることです。

子供をだしにして夫に許しを乞うのも、いけません。

これ以上、子供の心に深い傷を残すようなことだけは、避けてください。

愛人との関係は清算する!

たとえ体の関係は絶ったとしても、愛人を心の支えにしている間は、夫との再出発は望めません。

愛人であり、一番の友であった彼を失うのは、さぞかしつらいことでしょうが、ここは、はっきりとけじめをつけるべきです。

「私たちはもう男と女の関係じゃないから」 と言ったところで、それを夫に理解しろというほうが“酷”というものです。

夫の求めは拒まないように!

奇妙に思えるかも知れませんが、妻の不倫を知ったとたん、激しく求めてくる夫は少なくありません。

愛人への対抗意識もあるでしょうし、妻がほかの男に抱かれている所を想像して刺激された部分もあるでしょう。

そこにはあなたを“所有したいという意識”が、働いているかもしれません。

 

中には、夫に対する罪の意識から、すぐには求めに応じられない女性もいるでしょうが、

たとえベッドの端と端で寝ることになっても、寝室を別にすることだけは避けてください。

 

ただし、夫が自分を求めてきたからもう安心だ、などとは思わないことです。

→不倫がバレた後の性生活の送り方

卑屈にはならないで!

自分の犯した過ちを認めるのは大切なことですが、だからといって、夫の言いなりになる必要はありません。

言うべきは言い、聞くべきは聞く、あくまでも対等の立場で話し合わない限り、結局は元の木阿弥になってしまいます。

 

特に、“暴力”に対しては、毅然とした態度で応じてください。

夫が、すぐに逆上するタイプであれば、あなたや相手の男性に危害を加えないとも限りません。

自分を責めないで!

愛人との関係は精算すべきです。

しかし、それはすべてを忘れろということではありません。

 

たとえ許されない恋ではあっても、真剣であればあっただけ、心は痛んで当然です。

夫との話し合いを続けながら、彼のことを思ったとしても、自分を責めることはありません。

 

恋の痛手を癒すのに、時に勝る薬はないのです。

いつかは悲しみを忘れ、彼との日々を過去のものにできる日がきます。

夫との関係がうまくいくようになれば、彼を頼る気持ちも薄らいでいくことでしょう。

気を緩めないで!

話し合いの末、離婚だけは免れたとしても、それで2人の絆が戻ったわけではありません。

夫は、子供や世間体を考えて、“形だけの結婚生活”を選んだのかも知れないのです。

一度ヒビの入った関係の修復は、そう簡単にはいかないのが、当たり前です。

→男は基本、女の浮気を許さない?

「心の準備」ができたかチェック!

次の段階へと進む前に、ご主人と2人で、次の質問に答えてみてください。

 

⚫︎2人の思いは共通していますか? 経済的にも、精神的にも、ひとりで生きるより、一緒にいたいと思っていますか?

⚫︎2人とも、本当にやり直したいと望んでいますか?

⚫︎2人とも、行動や考え方を変える気持ちはありますか?

⚫︎相手の立場に立って物事を見ることができますか?

⚫︎自分でも過ちを犯すことはあると、認めることができますか?

⚫︎“自分の心”を見据えることができますか?

⚫︎つらいことでも話し合う勇気を持てますか?

⚫︎“本当の自分”をさらけ出すことができますか?

⚫︎不倫を“夫婦双方の問題”として受け止めることができますか?

⚫︎遠いゴールを目指すために、自分の感情を抑えることができますか?

⚫︎2人の絆を取り戻すために、時間と努力をつぎ込む覚悟はありますか?

 

……準備が整ったら、次へ進みましょう。

 

最終段階は、あくまでも、

“やり直すための”努力を、積み重ねていく期間です。

【第3段階】
《2人協力して傷を癒していく》

いよいよ最後、第3段階です。

ここまでで、すでに、

 

これからの生活をより良いものにするために、努力を惜しまない

 

という、お互いの意思確認はできたはず。

 

この最終段階は、どれくらいの期間を要するかは分かりません。

すべて2人次第です。

 

ここから2人は、

「自分たちはまたやり直すんだ!」

という意思を強固に持ち、お互いの傷を癒していくのです。

愛人への未練は断ち切る

何度も言うようですが、愛人を想う気持ちには、ここでけじめをつけてください。

「情事の楽しさ」と「充実した結婚生活」、その両方を手に入れることはできないのです。

彼と会えば、一時的に心は安らぐでしょうが、何の解決にもならないことを胸に刻んでください。

 

もし、誘惑に負けそうになったら、行動へ移す前に、自分の気持ちを夫に打ち明けること。

お互いにとって、今向き合うべき相手は、目の前にいるのです。

ヒートアップしない

話し合いを続けるうちに、どちらかが過去のことを蒸し返したり、お互い感情を爆発させそうになることもあるでしょう。

しかし、一方的に相手を責めることだけは控えてください。

 

原因を一つに定められるほど、この問題は単純ではないのです。

 

どうしても感情の高ぶりを抑えられなくなった時には、それを相手にぶつけるのではなく、違う方法で発散させてください。

クッションに顔をうずめて思い切り叫んでみたり、手にタオルを巻きつけて壁を殴ってみたり、また、散歩やジョギングをしたりして体を動かすのもいいでしょう。

 

馬鹿馬鹿しく感じるかも知れませんが、ここにも“努力”が必要なのです。

このトラブルも“前向き”に考えてみる

あなたは今、自分たちは不幸のどん底にいると思っているでしょう。

 

けれど、「不倫」という辛い出来事も、考え方ひとつでは今後の教訓に生かすことができます。

 

この際、多少、傷口を広げても、思い切って、溜まった膿を出すことです。

 

今までの結婚生活に何が欠けていたのか、2人で率直に話し合ってください。

 

元はといえば、あなたが不倫に走ったのも、

「夫婦の問題を解決したい」

と思ってのことだったはず。

→不倫するか迷っている時に囁いてくる天使と悪魔

 

ただ、

そのやり方を間違ってしまった

というだけなのですから……。

 

 

おすすめの記事