えっ!現代人はみんな不倫してる?!現代の不倫事情とその背景

不倫は悪いことだと分かっていても、それによって表立った問題になっていない場合、

「どうしてこれを、わざわざやめる必要があるんだろう……?」

と考え、一人で葛藤している人も少なくないでしょう。

ここでは、不倫というものをより深く考えるために、

現代人の不倫事情とその背景

について解説します。

浮気はもはや男だけのものではない!?

昔から「浮気」と言えば、男性のものと相場が決まっていました。

統計によれば、現代の男性が“不貞”を働く確率は、約50%、高収入層に限って言えば、何と60〜70%にものぼるそうです。

 

一方、女性の社会進出が進んだ影響か、女性が浮気をする確率もそれに追いついてきているようです。

 

アメリカの調査によると、

1950年代では、「火遊びの経験あり」と回答した女性の割合は26%だったのが徐々に増えていき、

1980年代の時点で、ついに2人に1人の割合となったことが確認されています。

(1953年キンゼーリポート、1989年『ニューヨーク・ウーマン』)

 

また、アメリカ国立科学財団による「総合社会調査」では、1998年と2008年を比べると、すべての年齢層で、浮気率が上がっており、

フランスに至っては、女性の浮気率が男性を上回り、何と87%が、「現在または過去のパートナーを裏切った経験がある」と回答しています。

近年の日本の調査でも、

浮気率において男女差はほとんどなく、男性33%女性30%であったようです。

(http://www.goods-koubou.com/article/archives/date/2010/12)

 

これらの結果から、ひとつ確実に言えるのは、

今や、女性も、男性並みに火遊びを楽しむ時代になっている

ということです。

→とは言え、不倫の責任はやっぱり男?

不倫女性の胸の内は?

女性たちは、そうした自らの情事について、たとえ同じ女であっても、語ろうとはしません。

自らの不倫をひた隠しにし、どうしたらいいか、何の答えも得られぬまま、行き場のない思いを持て余しているのです。

 

女性の社会進出を背景に、女性の不倫が増えたのは確かです。

しかし、彼女たちはそれによって、「女としての自由」を獲得したとは感じていません。

 

「人知れぬ恋」と言えば、一見、華やかでロマンチックなイメージもありますが、実際のところは、

 

彼に会うたびに、混乱は深まるばかり。

もう自分でも、どうしたらいいか分からない……

 

といったように、不倫女性の多くは悩み、苦しんでいます。

→男よりも辛い女の不倫

 

また、不倫をしていなくても、

 

夫を愛しているのに、どうして彼との関係を夢見てしまうのか、自分でも分からない……

 

といった思いに苦しんでいる女性も、少なくないようです。

→そもそも不倫はなぜ悪か?

人はなぜ禁断の果実に触れたがるのか?

現代のような大量生産、大量消費の「消費社会」では、テレビをつけても、街を歩いても、ネットを見ても、いつだって広告の嵐。

現代人は、常に、欲望を掻き立てられる毎日を送っています。

ドラマや映画、ポップスなどでは、恋愛至上主義が横行し、そこに出てくる女性はみんな華やかで、恋(情事)を重ねるごとに、いっそう輝きを増すかのように描かれています。

おそらく、そのような“つくられたイメージ”が、知らず知らずのうちに心の中に忍び込み、不倫への好奇心を掻き立てているのでしょう。

 

有名人の不倫スキャンダルもまた、そうした“禁断の果実”への憧れを増幅させる役割を担っているでしょう。

(批判されながらも、やはり華やかに映るものです。)

 

さらには、

何かトラブルが生じるために、特効薬を探そうとする現代人のせっかちさも、不倫へ誘引しているかも知れません。

結婚生活で何か問題が生じたら、別の男性に慰められるほうが、手っ取り早く感じるのです。

こうした不倫の誘因には、どれも、

「自分さえよければいい」という、現代人の利己的な生き方

があります。

→男の不倫と女の不倫は何が違うか?

 

言うなれば、

 

あの人はあんな風に生きている、いいなぁ、幸せそうだなぁ……。

でも、私にだって、私なりの幸せを掴む権利があるはず。

これくらいやったって、バチは当たらないでしょ……

 

といった感じです。

 

不倫は、もはや男性だけのものでなくなりつつある今、女性は、不倫というものに対して、ただ後ろめたさだけでなく、

 

・何が自分を不倫へと駆り立てたのか?
・それによって自分は何を感じているのか?
・家庭生活とはどうあるべきなのか?

 

など、もっと自分の不倫の“本質”について考えていく必要があるかも知れません。

 

それは言うなれば、ただ不倫の悩みを解決すればいいというのではなく、その奥に抱えている本当の問題に取り組み、自分の生き方を根本から見直すきっかけにする、ということです。

→あなたの不倫指数は?

他にもこんな記事があります