テクニック?それともマナー?人気占い師のトーク実例を公開!

プロの占い師は、プロである以上、ビジネス的な観点も持っています。

あなたの話を聞いてくれますし、相談にも乗ってくれますが、「金銭の授受がある関係」であるということは、利用する側として、けっして忘れてはいけません。

どんな時も、常に、頭はクールに保っているべきです。

その意味でも、ここで紹介する、

占い師が使用するテクニック

を知っておくことは、あなたの役に立つでしょう。

不人気占い師のほうが誠実?!

『占い』に限らず、どんなビジネスでもそうですが、まずは軌道に乗せることが大切です。

そのためには、全力で、1人目のお客さんを獲得しに行きます。

 

1人目のお客さんが、よい評判を流してくれれば、それを聞きつけて、違うお客さんがまたやってきて、そうやって次第に、ビジネスは軌道に乗っていく、というわけです。

 

飲食店や美容室、マッサージ店などなら、同じ人が何度も同じ店に通っても、まったく普通のこと。

 

しかし、『占い』の場合には、ちょっと様相が変わってきます。

 

『占い』は、通常、迷っている時や、悩んでいる時など、心の弱った時に利用するものなのです。

したがって、利用する側が、“依存”してしまうと、いつまで経っても、成長できないのです。

 

つまり、ややもすれば、人として最も大切な「人格の向上」を阻害してしまう可能性もある、ということです。

→占いに依存してしまう心理とは?

例えば、こんな実例を挙げてみましょう。

 

私が以前、勤めていた占い事務所に、あまりお客さんの多くない不人気な”占い師さんがいました。

この占い師さんは、とっても誠実に、「この相談者には、この時だけ!」といった心づもりで占いをするため、基本的には、どのお客さんも、“一回で終わらせるつもり”で占っていました。

そのため、リピーターがほとんどつかないのです。

 

一方、その同じ事務所に、連日、大人気の占い師さんがいました。

この方は、リピーターがすごく多いのです。

 

……さて、どちらの占い師さんに対して、好感が持てますか?

 

(あえて、どちらが「いい占い師」であるかには言及しません。)

 

難しい問題ですよね?

 

何度も利用を繰り返すお客さんも、自らの意思でそうしているのですから、特に非難される言われもありません。

前者の占い師さんが、不人気だったのは、必ずしも、リピーターがつかないという理由だけではなかったのかも知れませんし……。

ところで、なぜ私が、電話占いの利用を考えている方に、このようなお話をするかというと、

とにかく、冷静な思考を失って欲しくないのです。

 

複数回利用するならば、せめて、冷静に計画を立てて、利用するべきでしょう。

 

『占い』は、やはり、飲食店、美容室、マッサージ店などというサービスとは、ちょっと違う意識を持って、利用すべきサービスなのです。

→占いの“受け止め方”にもテクニックが必要?

人気占い師のトーク実例

多くの人が、占いをしてもらうとなったら、

 

やっぱり、有名な人、人気のある人に占ってもらいたいかなぁ。

 

と思うことでしょう。

 

ですが、もう少しよく考えてみるべきです。

 

その参考材料として、以下のトーク実例を見てみましょう。

①かなりキワドイ台詞

これは、私がいた占い事務所の先輩から聞かされた言葉です。↓

 

「人気占い師」と「不人気占い師」の違いは、たった1つ。

それは、占いの最後に「またいらっしゃい」と言うか、言わないか。

 

「またいらっしゃい」くらいの言葉であれば、単なる別れ際の挨拶としては、普通と言えなくもありません。

また、相談者としたら、結果報告をしたくなる気持ちもあるでしょうし、前回、話しきれなかったことを話してみよう、ということもあるでしょう。

 

もちろん、何度も重ねて利用すること自体は、悪いことではありません。

定期的に自分を振り返るために、占いを利用するなら、それは、とても賢い使い方と言えます。

 

しかし、この言葉は、非常にキワドイです。

 

アウトではないですが、かと言って、絶対にセーフとも言い切れない言葉、という感じがします。

 

……ただ、世に言う「人気占い師」というものが、このような理由から生まれていくこともある、ということは、あなたの頭の片隅にでも、入れておくとよいでしょう。

→「いい占い師」と「悪い占い師」の見分け方

②絶対に外れない話術-1

また、具体的なテクニックとして、こんな言葉の使い方があります。

 

あなたのお母さんは、死んでいませんね?

 

という聞き方をするのです。

 

これは、「死んでもうこの世にいない」という意味と、「死んではいない」という2つの意味に取れますから、絶対に外れることはありません。

 

……分かりますか?

③絶対に外れない話術-2

応用編で、もう1つ紹介しましょう。

 

自宅の庭に、柿の木が植えられていますか?

 

という聞き方をするのです。

 

そして、お客さんが「はい」と答えたら、

 

その柿の木が元凶です。

 

と答え、

「いいえ」と答えたら、

 

ああ、よかった。あったら大変なところでしたよ。

 

と答えるのです。

 

このように、どちらの返事が返ってきても、うまく答えるテクニックというのは、確かにあるのです。

 

(日常会話なら、「いい天気ですね」に対して、「少し曇っていて過ごしやすいですね」とも答えられるし、「雲ひとつない快晴ですね」とも答えられますよね。あれと似ています。)

→もし、占いで怖いことを言われたらどうすればいい?

話術もマナーのうち

このような、

・「またいらっしゃい」
・外さない返答テクニック

などは、それ自体が悪いものとは言えないでしょう。

 

冒頭で述べたように、占いは、あくまでも、接客業であり、サービス業なのです。

 

ですから、例えば、洋服屋で、

 

お客:「この服、私に似合ってるかしら?」

店員:「十分似合ってますよ」

 

といった会話があるように、このようなテクニックも、占いサービスにおける、1つの“マナー”と呼べる部分もあります。

 

実際、いかにも自信なさげな占い師や、外しまくる占い師に、自分の心の深い部分を話してみようと思う人は、あまりいないでしょう。

→「いい占い師」と「悪い占い師」を見分けるのは簡単!

したがって、

最後に念を押してお伝えしたいのは、

占い師をカリスマ、あるいはメンターと呼んだりして、心の支えにしてもよいのですが、

 

相手(占い師)にとって、占いは「ビジネス」であり、自分は「カスタマー」であるということも、けっして忘れてはいけない

 

ということです。

 

何よりそれは、あなたの冷静な思考を保つためです。

 

※ちなみに、どのような返事が返ってきても対応できるような話術のことを、「ストックスピール」、「コールドリーディング」という言葉で表現することもありますが、私は、あまり積極的には、これらの言葉を用いません。

→占いには、“聞く側”のテクニックも必要?!

話を聞いてもらうだけでも大丈夫
安くて安心 電話占いヴェルニ
 電話占いって
\ 実際どうなの?/

初回最大5,000円分の
\ 無料鑑定 /