【本当にあった怖い話!?】人気占い師がよく使う巧妙な話術

プロの占い師は、プロである以上、ビジネス的な観点も持っています。

あなたの話を聞いてくれますし、相談にも乗ってくれますが、

「金銭の授受がある関係」であるということは、忘れてはいけません。

それは何も、カスタマーとして威張っていいということではなく、逆です。

傾倒し過ぎても(頼り過ぎても)いけないということです。

常に頭はクールに保っておきましょう。

その意味でも、ここで紹介する、

占い師が使用するテクニック

を知っておくことは役に立つでしょう。

誠実だからこそ人気が出ない占い師もいる!?

占いに限らず、どんなビジネスでもそうですが、まずは軌道に乗せることが大切です。

そのためには、全力で、一人目のお客さんを獲得しに行きます。

 

一人目のお客さんが、よい評判を流してくれれば、それを聞きつけて、違うお客さんがまたやってきて、次第に、ビジネスは軌道に乗っていきます。

 

飲食店や美容室、マッサージ店などなら、同じ人が何度も同じ店に通っても、全く普通のことなのですが、

占いの場合には、ちょっと様相が変わってきます。

 

占いの場合、迷っている時や、悩んでいる時など、心の弱った時に利用するものなので、

(はっきり言います)“依存”してしまうと、いつまで経っても、成長できないのです。

→占いに依存してしまう心理とは?

こんな実例を紹介しましょう。

 

私が以前に勤めていた占い事務所に、あまりお客さんの多くない不人気な”占い師さんがいました。

この占い師さんは、「この相談者にはこの時だけ!」といった心づもりで占いをするのです。

ですから、基本的には“一回で終わらせるつもり”で占っていました。

ですから、リピーターがほとんどつかないのです。

 

一方、連日、大人気の占い師さんがいました。この方は、リピーターがすごく多いのです。

 

……さて、どちらの占い師さんに対して、好感が持てますか?

(どちらが「いい占い師」であるかには言及しません。それこそ、いろんな要素がありますので。)

 

難しい問題ですよね。

 

何度も利用を繰り返すお客さんも、自らの意思でそうしているのですから、特に非難される言われもありません。

前者の方も、不人気だったのは、必ずしもリピーターがつかないという理由だけではなかったのかも知れませんし……。

なぜ、電話占いの利用を考えている方に、このようなお話をするかというと、

とにかく冷静な思考を失って欲しくないのです。

 

複数回利用するならば、せめて、冷静に計画を立てて、利用するべきでしょう。

→占いの“受け止め方”にもテクニックが必要?

【トーク実例1】「またいらっしゃい」

ついでに、私が現場で実際に聞いた、

具体的な話術テクニックもお教えしておきましょう。

 

その職場の先輩から聞いた言葉です。

 

人気占い師と不人気占い師の違いはたった一つ。

それは、占いの最後に「またいらっしゃい」と言うか、言わないか。

 

先ほどの話と関連するのですが、これはある意味、占いの現場の“真実”を言い当てていると言えるでしょう。

これくらいの言葉であれば、単なる別れ際の挨拶として言うぶんには、普通と言えます。

また、相談者としたら、アドバイスを実行してみた結果を、また伝えたくなる気持ちもあるでしょうし、今回話せなかったことを次回に話したくなる、ということもあるでしょう。

 

もちろん、何度も重ねて利用すること自体は、悪いことではありません。

定期的に自分を振り返るために占いを利用するなら、それはとても賢い使い方と言えます。

しかし、この言葉は、非常にキワドイですよねぇ……。

→「いい占い師」と「悪い占い師」の見分け方

【トーク実例2&3】絶対に外れない話術

占いの価値は、当たるか当たらないかだけではない、

と、当サイトでは何度も申し上げているのですが、

やはり、思いっきり外してしまうと、格好がつかないものです。

 

カリスマと呼ばれる占い師は、技術もさることながら、トークも一級品です。

 

例えば、こんな有名なテクニックがあります。

 

「あなたのお母さんは、死んでいませんね?」

 

という聞き方をするのです。

これは、「死んでもうこの世にいない」という意味と、「死んではいない」という2つの意味に取れますから、絶対に外れることはありません。

応用編でもう一つ。

 

「自宅の庭に柿の木が植えられていますか?」

 

という質問では、お客さんが「はい」と答えたら、

「その柿の木が元凶です」と答えるパターンと、

「ああよかった。あったら大変なところでしたよ」と答えるパターンがあります。

どちらの返事が返ってきても、うまく答えるテクニックというのは、確かにあるのです。

占い師にとっては、話術もマナーのうち

今回紹介した「またいらっしゃい」にしても、外さない返答テクニックにしても、それ自体が悪いものとは言えないでしょう。

冒頭で述べたように、占いは、あくまでも、接客業であり、サービス業なのです。

 

ですから、例えば、美容室で、

「この髪型似合ってるかしら?」
→「十分似合ってますよ」

といった会話があるように、このようなテクニックも、一つのマナーと呼べる部分もあるかも知れません。

(自信のない人や外しまくる人に、心の内を話したいと思う人はあまりいないでしょうし。)

まとめとしてお伝えしたいのは、

占い師をカリスマ、あるいはメンターと呼んだりして、心の支えにしてもよいですが、

相手にとっては「ビジネス」であり、自分は「カスタマー」であるということも、忘れてはいけないとうこと。

……何よりそれは、あなたの冷静な思考を保つためです。

→では逆に、占いを“聞く側”のテクニックとは?

おすすめの記事