占い依存=責任回避!?それを防止・克服するには?

電話占いを利用する上で、最も警戒しなくてはいけないことは、

占いに依存してしまうことです。

そのような状態に陥らないために、当サイトでは数々の情報や知識をお伝えしているのですが、

ここではもっと直接的に、依存の怖さ、依存状態にならないための考え方についてお話しします。

人生の責任者はあなた自身

そもそも、なぜ、占い依存症の人が生まれるかというと、

「精神的に弱っている人」と、
「それをビジネスに結びつけようとする占い師」

が、いるからです。

 

ですから、

その片側(50%)を担っている相談者側が、正しい認識と心構えを持っていれば、依存状態は、間違いなく回避できるのです。

 

つまり、占い師のせいばかりではない、ということです。

本当に迷って、悩んで、どうしてよいか分からない時、人の心にはスッと、こんな考えが忍び込んできます。

 

「いっそ、自分以外の誰かに決めてもらおう……」

 

と。

 

この考えの裏には、

 

「自分で決めたのではないのだから、うまくいかなかった時も、自分のせいじゃないということになるな……」

 

という魂胆があります。

 

要するに、責任回避の企みがあるのです。

 

しかし、あなたの人生は、あなたしか生きられません。

舵取りをするのはあなた以外、いません。

その舵取りを人に任せて、おまけに、責任まで取らせようとする考えが、どれだけ浅ましいことかに気付いてください。

 

そもそも占い師は、あくまでも“相談相手”であって、あなたの人生の“責任者”ではありません。

 

また、

あなたの人生が「映画」とするならば、

占い師が「映画監督」でしょうか。

他人が、あなたの人生を監督すれば、あなたの人生は、きれいな映画になるのでしょうか?

(……そんなわけがありませんよね?)

 

世の中は、不確定要素だらけだということは、これまでの人生でさんざん見てきたことでしょう。

どんな分野であれ、「こうすれば必ずこうなる」という保証はどこにもありません。

 

ケースバイケース……、そう、未来は、さまざまな不確実性のもとに決定します。

 

いっそ、はっきり言ってしまえば、

そもそも、“未来を予測する”という行為自体が、「未来」に影響を与えるのですから、“予測”などできるはずがないのです。

……では、占いは何のために存在するのか?

 

(このサイトでは何度も申し上げておりますが、)

あなたが元気になるためです。

希望を持って前進する力を得るためです。

→占いでもし落ち込むようなことを言われたら?

 

「この人の言う通りにすれば、何でもうまくいく」……

なんてことはあり得ません。

 

「いや、私はこの人の言う通りにやって、全部うまくいっている!」と反論する人もいるでしょう。

でも言わせてもらいます。

あなたは“一人でも”その結論・決断にたどり着くことはできました。

……けれど、“その背中を押してくれる誰かの力”が必要だっただけです。

→「占い」と「悩み」と「自尊心」の関係性

いい悪いは、その時は分からない

こんな話があります。

 

規則正しい暮らしを送っていたある女性が、その日、たまたま寝坊をして、いつもとは違う電車に乗りました。

すると、なぜか、いつもの電車で見かける男性が乗っていました。

女性は、普段、男性に自ら話しかけるような性格ではないのですが、その時ばかりは不思議に思って、その男性に話しかけました。

すると、その男性もたまたま寝坊をして、遅い電車に乗ったということでした。

二人は、それをきっかけにして交際を始め、その後、結婚しました。

 

人生において、何が本当の意味で、よいことなのか、悪いことなのかは、あとになって分かるものです。

「あの占い師の言う通りにして、全てうまくいっている」

というのは、あまりにも短絡的な見方であるということに、どうか気付いていください。

“あやしい人”にならないよう、常に客観的な視点を!

人の悩みを打ち明けただけで、心が軽くなるのは、自分の考えが整理されるからです。

他人に聞いてもらうためには、物事を順序立てて、論理的に説明しなくてはなりませんから。

つまり、話すことによって、「自分だけの体験」が、「客観的事実」となるわけです。

 

この、「客観的視点」というのが、非常に大切なのです。

→占いとカウンセリングの違いとは?

「客観的視点」があるからこそ、冷静さを保ったり、冷静さを取り戻したりすることができます。

 

「客観的視点」があるからこそ、冷静に判断・決断することができます。

 

そして、「冷静な判断・決断」だったからこそ、結果を受け入れることができます。

結果に「納得」することができます。

 

もし、依存状態に陥りそうになった時には、自分を“客観的に”見つめてください。

(他の人の目に、あなたはどう映りますか?)

何でも占い師の言う通りにしている人……

占い師に聞かなきゃ何も決められない人……

占い師に悪霊がついていると言われたから、占い師にベラボーな額のお金を払っている人……

 

そんな人、一言で言って、“あやしく”ないですか?

 

あえてこの言葉を使います。

どうか、「あやしい人」にはならないでください。

 

シンプルにこれだけ気をつけれていれば、依存状態に陥ることはかなりの確率で回避できます。

……最後に少し補足しておきます。

 

「計画的利用」と「依存」は別物です。

ただ、複数回利用するのでしたら、いつ、どれくらいの間隔で利用するのか、しっかりと計画を立てましょう。

(占い師さんにそれを直接、お伝えするのもいいでしょう。お金ならいくらでもあるから大丈夫……? それは関係ありません。)

→何事も執着し過ぎは願いの実現を遠ざける?

 

 

おすすめの記事