なぜ彼は冷めたのか?そんな時は理由を聞かずに何かお願いをしてみよう!

「上々に滑り出した恋だと思ってたのに、何だか最近、彼が冷めたみたい……」

そんな時、絶対にしてはならないのは、「ねぇ?冷めた?」と聞くことです。

そんなことをすれば、彼は、あなたのことを、“めんどくさい女”だとしか思いません。

それに男性は、女性と違って、自分の気持ちを「言葉」で表すことが苦手です。

じゃあ、男性はどうやって気持ちを表そうとするのか?

それは、「行動」です。

ここでは、

冷めた男の心理と、そんな時にあなたができること

について解説します。

なぜ「ねぇ?冷めた?」と聞いちゃダメなのか?

まず、大前提として、

男性と女性とのコミュニケーションは、

女性同士のコミュニケーションとは、まるで違う

ということを、理解しておかなくてはなりません。

 

女性は、自分の気持ちを言葉で表すのが得意ですが、

男性は、苦手です。

もちろん、男性にもいろんなタイプがいます。

しかし、草食系であれ、肉食系であれ、クールであれ、情熱的であれ、男性である以上、“遺伝子”の縛りから逃れることはできません。

 

男という生き物は、自分の遺伝子を後世に残すために、パートナーの身の安全を守り、喜ばせてあげること、つまり、“結果”がすべてなのです。

 

その結果が、何によってもたらされるかというと、「行動」です。

 

言葉だけで、あーだこーだと言っていても、現実は変わりません。

彼の「行動」こそが、現実を動かしますし、あなたを喜ばせることができるののも、彼の「行動」によってのみです。

 

ですから、

女性が、男性に、

 

ねぇ?冷めた?

 

と聞くのは、野暮中の野暮(=King of YABO)なのです。

男性にとっては、そこで一生懸命、何か言い繕ったところで、虚しさに襲われるだけ。

 

なぜ虚しくなるかと言えば、それは、

「言葉」だけでは、

あなたを幸せにするという“結果”を、

呼び寄せることができない

からです。

→男性とは“餅つき”のような会話をしよう!

彼はあなたを喜ばせ、男として成長したいと思っている

何だか最近、彼が冷めたみたい……

 

と感じてる女性は、一つ、重大なことを見誤っています。

 

それは、

彼は、あなたへの愛情が冷めたのではなく、

あなたを喜ばせていない自分をもどかしく感じている

ということです。

 

そして、この先、あなたを喜ばせていく自信を喪失しているのです。

ここから先は、男でも女でも同じです。

 

あなたは、自信をつけようと思ったらどうしますか?

 

まずは、小さなことでも、どんなことでもいいから、何かをやり遂げてみようと思うのではないでしょうか?

実績をつくれば、自信になり、自信がつけば、ますます実績を作れるようになっていきます。

 

特に、男性は、女性よりも、この回路が強力にできています。

男性は、約束をして、その約束を果たすために全力を尽くすことで、人間的にも成長します。

 

したがって、

「冷めた彼」に気持ちを聞いちゃいけないのですが、

あえて、言葉にするなら、こんな感じです。

 

君のことは好きなんだけど、ここのところ、君を喜ばせて、男として成長することが、できずにいるんだ……

 

(↑ここまで、自分の心理をはっきり分かっていて、しかも、これだけはっきりと言葉にできる男性は、まずいません。だから、聞いてはいけないのです。)

でも、

このことが分かってくると、もう、あなたが「冷めた彼」に対して、何をすべきか?が見えてきませんか?

 

……そうです。

 

小さなことでも、どんなことでもいいから、

何かをお願いをして、それを彼に叶えてもらう

のです。

 

そうやって、彼に実績をつくらせ、彼の「男としての自信」を増大させていくとよいのです。

→彼を男らしくするとっておきの言葉とは?

彼の心のブレーキを緩める「女性の感謝」

彼は、もともと、クールですか?

 

そんな彼も、どこか、

 

もしかしたら、そんなにクールでもなさそう……。

 

という雰囲気を漂わせていませんか?

 

そんな風に、

「何となく情熱的な面を出せていない男性」や、
「冷めがちな男性」

には、共通点があります。

 

それは、

過去に、女性を満足させられなかった経験がある

ということです。

→踏ん切りのつかない男の心理

そんな男性は、

 

もう、あんな絶望感に苛まれるのも嫌だし、

あんまり、夢中にならないでおこう……。

 

といったように、自分の中に“ブレーキ”をかけています。

 

そのブレーキを緩ませるためには、あなたが、彼に自信をつけさせてあげればいいのです。

 

このことは、お願いすると、彼に悪いかな……?

 

とか、

 

彼ができなそうなことを頼むのも、可哀想よね……。

 

などとは、一切考える必要ありません。

それこそ、失礼というものです。

 

たとえ、

「あなたがお願いした通りの結果」が得られなくても、

『あなたが喜んでくれ、感謝してくれたという結果』があれば、

彼は、男として、無上の喜びを感じる

のです。

こうした「女性の感謝」というのは、男という生き物にとって、最大のエネルギーとなります。

男は、本能的に、これを求めていて、これがなくては生きられないのです。

 

あまりにもこのエネルギーを、あなたが与えてくれないと、下手すると、彼は、冷めるどころか、別の相手に走ってしまうでしょう。

それは単に、浮気として、責められるようなことではありません。

感謝のエネルギーをくれる相手を、別で探した、ということです。

→夢のある男は女のどんな言葉に傷つくか?

少し待ってみるのもいい手

でも、今現在、冷めてる彼に、何かお願いしようったって、できないわ……

 

とお思いでしょうが、それは、そうでしょう。

 

そんな時は、ちょっとの間、(距離を置くと)いいです。

 

彼のことばかり考えず、いったん何か、別のことに夢中になってみるのです。

どれくらいの期間かは、あなた自身が決めてください。

でも、本当に彼が好きなら、そんな期間を過ごしても、ふとした拍子に、彼のことを思い出すでしょう。

 

……その時には、きっと自然に、彼に何か、お願いができるはずです。

 

――『電話占い』には、恋愛相談を得意とし、相手の気持ちを見通してくれる占い師さんも、多くいます。

「もっといろんな角度から、自分の気持ちを見つめ直したい!」という時には、利用してみるのもアリでしょう。

ズバリ言い当てられることで得られる、新たな気付きも多いです。

→彼の前では素直な犬になれ?!

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らは、“ちょっと不可思議な力”を持っています。

 

本来のあなたは、もっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっともっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります