デートの後、彼からLINEがこない…。男女の連絡感覚の違いと女性が取るべき態度とは?

メールアドレスやLINEなど連絡先を聞いてきたくせに、その後、相手に連絡しようとしない男性は、結構多いものです。

また、実際にデートをして、そのデートがかなりうまくいった場合でも、男性が連絡をしてこないことはよくあります。

これは何も、あなたに関心がないわけではありません。

ここでは、

LINEなど連絡全般に関する男女の“感覚”の違い

女性側が取るべき態度

について、解説します。

連絡感覚は男と女でこんなにも違う!

デートの翌日にLINEや電話などで、「昨日は楽しかった」と言われるのは、女性にとっては嬉しいものです。

彼からそのような連絡が来ることを期待していた女性は、いっこうに連絡がないと、

 

何かまずいことがあったのかな? 私何か変なこと言ったっけ? もう連絡こないのかな? 他の人とデートしてもいいのかな?もっと好きな人がいるのかな……?

 

と、心が乱れてしまいます。

 

しかし、男女の連絡に関する感覚は、まったく違うのです。

それをこれから説明していきましょう。

連絡がなければ不安になる女性

女性にとっては、絶えず連絡を取り合うことが、友情や信頼の証となっています。

例えば、

女性の友人同士が数ヶ月、または数年間、音信不通で再会すると、まず互いにご無沙汰したことを謝ったりします。

 

セックスに関する感覚も似ていて、例えば、

夫が1週間、家を離れ、帰ってくると、すぐにセックスをしたがる夫に反して、妻は、

 

ただ、セックスがしたいだなんて、よく言えるわね。私たち、何日も会話すらしていないのに。私がどう思っているかなんて、気にもならないわけ?

 

という気持ちになるものです。

連絡すると自分の株が下がると考える男性

一方、男性の感覚は、女性とまったく違います。

 

まず、男性同士では、長らく連絡し合わなかった場合でも、実際に会った時には、ただ喜び合うだけです。

相手に無沙汰を詫びようなどとは、思いもしません。会った瞬間に、まるで昨日まで一緒だったかのように、昔の2人に戻ります。

セックスに関しても、会わなかった間に生じた、互いの心のブランクを埋めようなどという女性の作法は、男性にはまったく理解できません。

 

出張中の連絡にしても、デート後の連絡にしても、

男は、むしろ、連絡をしないほうが、関係がうまくいくと信じています。

あまり、相手への関心をあらわにすると、自分の株が下がると思い込んでいるのです。

彼からの連絡が遅くなっても優しく受け入れよう

男性の本能には、“独立独歩”の精神が、女性よりも強く刻みつけられています。

 

相手との関係において、過度に不安げな態度を見せれば、

「こちらが相手に頼っているように見えるのでは?」

といった気持ちが起こり、自分が不利になってしまうと考えがちです。

 

こうした本能は、ビジネスの世界では、上手に作用しますが、女性と親密な関係を築く上では、役に立ちません。

 

しかしながら、ひとつ確実に言えるのは、

デートの後、女性が連絡をもらって、ホッとしたいと思うように、男性も、彼女を喜ばせることができたと実感できる言葉を待っています。

ですから、

男性が意を決し、やっと連絡をしてきた時、それに対して、拒絶した態度を取ったり、不信感をあらわにしたりしてはいけません。

 

女性の声の調子から、

「あなたのせいで私は不愉快なのよ!」

といった気持ちが伝わると、男性はがっくりし、以後、2人の関係は、悪循環を繰り返し、下降線を辿ってしまうでしょう。

→男を見極めろ!男選びの10の基準

それきり本当に連絡がなかった場合、その理由は?

とは言え、本当に以後、まったく連絡がなかったというケースもなくはないはず。

この場合の、考えられるパターンを2つ紹介しましょう。

2人の関係の自然消滅を望んでいる

男性側から積極的に誘い、デートを何度かした後に、正式に別れる時には、当然、男性側が、その意思を告げなければなりません。

この感覚は、ほとんどの男性がちゃんと持っています。

しかし、中には、連絡をしないほうが、スマートな別れ方ができる、と思いこんでいる男性もいます。

 

理由は大きく2通りあって、

「自分が振られる場合でもそうして欲しい」と思っており、連絡をしないことこそ相手への優しさだと思って、このやり方を取る男性もいれば、

正式に別れを告げないことで、「将来、自分の気持ちが変わった時に、またデートできるかも……」と思っている男性もいます。

自分の気持ちを決めかねている

男性が、自分の気持ちを決め兼ねていて、単に電話をかけるのを先延ばしにしている場合もあります。

交際を続ける前にじっくりと考えたいのです。

というのも、相手を騙すことになったり、がっかりさせたくないからです。

男というものは、女性を喜ばせても、失望はさせたくないのもの。

時には、「この相手とは2度とデートしたくない!」とハッキリ自覚することもありますが、それでも、その女性を振ったり傷つけたりはしたくないと思うのです。

→男はなぜいちいち女に小さな嘘をつくのか?

「ど〜しても彼の真意を知りたい!」という場合は?

男にとっては、「もうデートすることはないと思うんだ」と相手に告げるのは、あまりにもきまりが悪いことです。

彼女から、「なぜ私と付き合いたくないの?」と聞かれることを想像しただけで、男は狼狽してしまいます。

「あなたを好きになれないのは、〜〜で、〜〜で……」と、その理由を並べ立てて伝えることなど、無粋極まりないと本能的に知っているからです。

 

女性がどうしても、男性の真意を知りたい場合には、友達から伝えてもらうのがいいでしょう。

特に、男性側に付き合う意思がない場合には、本人が伝えるべきではありません。

→毎日がバラ色になるだけではない「恋の3つのリスク」

……まぁ、本来なら、

「付き合うには、相性がいまひとつだと思うから」

とはっきり伝えるのが一番です。

相性のよしあしは、相手への評価とは全く関係がないものですから。

 

デート後に連絡が来なくて、ドキドキするのも、言ってみれば、恋の醍醐味。

「今、自分はそういった駆け引きを楽しんでいるんだ」と考えられなくもありません。

トランプゲームだって、駆け引きを楽しむものです。デートすらしていなかったら、そのドキドキすらなかったわけです。

 

“ズルイところもあれば、やさしいところもある複雑な男心”

に理解を示すとともに、“自分へのダメージ”も考慮し、最低限で収まるよう何とか工夫してみましょう。

→彼に久しぶりに連絡するならこんなことに気をつけて!

 

 

 

 

おすすめの記事