男と別れる時は何と言えばいい?フラれた男の心理3タイプから導く“正解の言葉”とは?

物事は何でも、始める時は「ノリ」でいいのですが、やめる時にはしっかりした「決断」が必要です。

なぜなら、決断しない限りは、“慣性の法則”のごとく自動的に続いていくからです。

それは、恋愛でも同じ。

ただ、恋愛の場合、個人的に何かをやめたり、組織を抜けたりするのとは違い、“一対一”の関係ですから、なるべく相手の気持ちを気遣ってあげる必要があります。

というわけで、ここでは、

男性と別れる時、何と言えばいいか?

について解説します。

フラれた後の男の心理【3タイプ】

そもそも、

 

自分としては、もう彼と別れたいんだけど、彼には何て言えばいいのかなぁ?

 

と考えるのは、なぜでしょうか?

 

それは、あなたが、優しいからです。

 

極端な話、「自分と別れた後は、不幸のどん底に落ちて欲しい」と思っていたら、こんなことは考えません。

「好きだった彼だけど、また別の人と幸せになって欲しい」と思っているから、このようなことを考えるのです。

それならば、

なるべく彼が、あなたへの想いを、きれいにフッ切れる言葉

をかけてあげるのが、正解となります。

 

いまいちモヤモヤの残る言葉で終わらそうとしてしまうと、彼は、あなたと別れた後、

・いつまでもウジウジと暗く悩み続けるか、
・憂さ晴らしに女漁りに夢中になるか、
・不気味なストーカーへと変貌を遂げる

やも知れません……。

 

では、いったい何と言えばいいのか?

 

……結論を言うのは簡単なのですが、“フラれた後の男の心理”が分かっていれば、なおのこと、気持ちを込めて言うことができますので、

まずは、

フラれた後の男の心理【3タイプ】

をご確認ください。

①ひたすら相手を非難する男

別れた相手を非難することで、自分の辛い気持ちを抑える男性は、わりとよくいます。

 

しかし、男女の問題は、どんな問題であれ、どちらか一方だけに責任があることは滅多にありません。

2人の問題をすべて別れた相手のせいにしていては、過去から学ぶことができないため、成長することもなく、結果、同じ過ちを繰り返す確率が高くなります。

 

新しい相手とスタートを切るには、以前の恋における「相手の過ち」だけでなく、「自分の過ち」も丁寧に探っておく必要があります。

②余計に情熱的になる男

相手に自分が求められていないことが分かると、いっそう情熱を燃やす男性も、わりとよくいます。

 

このような男性は、過去から否定的な感情を引きずっている確率が高いです。

例えば、あなたと出会う前にも、愛を失って傷ついた経験があり、心の中で、「またかよ……」と絶望しながらも、「いや、今度こそ何とかしてやろうかな……」と奮起する気持ちが交錯しているのです。

 

あるいは、もっと過去に原因がある場合もあります。

それは、母親の愛情に対する不満です。

自分のもとを去っていった女性が、ちょうど子供の頃、愛を満足に与えてくれなかった母親の姿と重なり、その影をずっと追い続けてしまうのです。

 

「過去の辛さと、現在の辛さは、まったく別物である」と、きちんと認識すると同時に、「これからくる未来に、自分はきっと素晴らしい愛を見つけることができる!」と確信できれば、きれいにフッ切ることができるでしょう。

③ずっと理解できずにいる男

このタイプの男性は、「何か決定的なことがない限り、男女が別れることはない」と思っているため、いつまでも腑に落ちないでいるのです。

 

当然、別れた理由が理解できずにいるため、新しい人生にも踏み出せません。

そして、「振られた」というよりも、「見捨てられた」という感覚が強くなっています。

 

こうした男性は、自分が愛を注げば、まったく同じように相手からも返ってくると勘違いをしています。

それは、“本当の愛”ではありません。

 

相手は自分の所有物ではないのですから、相手の決めた道を尊重し、思いやることも愛なのだ、ということに気づけば、新しい人生を切り開くことができるでしょう。

→恋愛マニュアルなんて意味ない?!

男に別れを告げる時、欠かせないニュアンスとは?

――いかがだったでしょうか?

 

ちなみに、男性の場合は(特に成人男性の場合は)、「経済力」が自信につながるケースが多く、「経済力」のある男性ほど、上記のような、割り切れない・フッ切れない気持ちになることが多いようです。

 

もちろん、経済力意外にも、

・向上心がない
・センスがない
・気難し過ぎる
・計算高い
・身勝手過ぎる
・気持ちに余裕がない

など、細かく挙げれば、別れる理由などいくらでも出てきます。

 

ですが、これらはどれも表面的な理由に過ぎません。

 

丁寧に説明すればするほど、

 

じゃあオレ、そういうところ、直すから!

 

という言葉が返ってくるのが関の山でしょう。

 

あなたが、彼と別れたいと思ったのは、何よりも、

自分に一番合う相手ではないと感じた

からではないでしょうか?

 

男性と別れる時には、このニュアンスを伝えることを、けっして忘れてはいけません。

 

これを伝えないから、相手は、

 

オレがあの間違いさえ犯さなければ……

 

とか、

 

もっと早くに会っていれば……

 

とか、

 

彼女があの男にさえ、出会わなければ……

 

などと、いつまでもウジウジとフッ切れない男になってしまうのです。

→元カノと別れたばかりの男と付き合うのは要注意!

彼に別れを告げる時はこう言おう!

さて、大変お待たせいたしました。

 

以上を踏まえると、あなたが彼に別れを告げる時に、

なるべく彼が、あなたへの想いを、きれいにフッ切れる言葉

は、こうなります。

 

あなたは、私に一番合う相手じゃないの。

 

もしくは、

 

あなたのことは、愛しているけど、ずっと一緒にいるほどの愛はないの。

 

……これが、男性にこちらから別れを告げる時の“正解”の言葉となります。

言うまでもなく、ドラマのように、たった一言で終わり、というわけにはいかないでしょう。

 

しかし、

こうした言葉を何度も続けて伝えれば、

彼はきちんと現実に向き合い、

あなたへの想いを、きれいにフッ切ることができるでしょう。

 

――「今後の運勢や、諸々の注意事項を知りたい!」、「もっと自分のことを知りたい!」、という場合には、『電話占い』を利用するのがオススメです。

ズバリ言い当てられることで得られる、新たな気付きも多いでしょう。

→仕事にのめり込んでいる男の恋愛観

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らは、“ちょっと不可思議な力”を持っています。

 

本来のあなたは、もっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっともっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります