【電話占い体験談・転職】占い師との対話から今まで考えたこともなかった職業が浮上!

「電話占い利用前に最低限知っておきたいこと(D.R.S)」にご訪問いただき、ありがとうございます。

ここでは、当サイトに寄せられた

30代女性の『転職に関する悩み』

の「電話占い体験談」をご紹介します。

転職に関する悩み(30代女性)

 

私は、介護士という自分の職業について、非常に悩んでいました。

介護の作業を日々進める中で、入居者の方々のことや、身内の対人関係などで、思い悩むことが多かったのです。

いつも些細なことで報告書を書かされ、深夜の業務では、50人の入居者を見なければなりません。

仮眠時間すらロクに取れない状況で、上司から少し呼ばれただけでも、かなりビクつく始末。

私は疲労困憊で、何もできないような状況になり、次第に、転職を意識するようになっていました。

「まだ私の浅い考えと年齢では、介護業界は向いていないのではないか……」とも思い、1人悩んでいた時に、電話占いで占って頂こうと思いました。

私が聞いたのは、転職の適切な時期です。

今、転職活動をすべきなのか、それとも、もう少し時期をおくべきなのか、といったことです。

選んだのは、霊視のできる占い師さんでした。

霊視して頂いた結果、転職活動に最適な時期はなく、今自分が行動すべきだと感情が高まっている時こそチャンスだと、捉えることができました。

中でも、私が一番聞きたかったのは、介護士から異業種に挑戦してもうまくいくか?ということです。

お話の中で、私が学生時代に最も打ち込んでいたことを、占い師さんから聞かれました。

私は昔から体を動かすことが好きだったので、そこから連想して、いろいろと話すうちに、占い師さんの口から、私の理想とも言うべき職業が伝えられました。

それは、自衛官の仕事です。

今まで考えたこともなかった職業ですが、聞いた途端、ずっとスポーツに打ち込んできた自分にはぴったりだと思い、それが分かっただけでも本当によかったと思いました。

占い師さんは、非常に真剣に、真心を持って、誠意を持って、接してくださり、終わった後は、非常に晴れやかな気分になりました。

思わぬ将来の指針を指し示して頂く形となり、非常に満足できました。

電話占いは、家族にも友人にもなかなか話しづらい内容を、とても親身になって対応して頂けます。

また今後も、悩んだり、苦悩したりした際に、活用させて頂きたいと思いました。

 

D.R.S管理人よりひとこと

 

D.R.S管理人

この体験談を読んだ人の中には、「占いで仕事を決めてもらうなんて……」と思った人もいるかも知れません。

 

ですが、小さい頃のことを思い出させるというのは、精神療法でも使われる手法です。

 

そう言うと今度は、「じゃあ、占いじゃなくてもよかったんじゃないの?」という人がいるかも知れません。

 

しかし、転職の相談で、心理カウンセリングを受けることが一般的でしょうか?

 

このサイトでは、「日本の占いは、日本独自の発展を遂げ、日本独自の活用法がある」ということを繰り返し申し上げておりますが、まさにこのことです。

 

霊視や占いの技術は、“説得力の後押し”になります。

 

最終的に決めるのは、自分です。

 

後押しを求めるのに、心が強いも弱いもありません。

 

心に納得が生まれれば、その占いは、その時点で、十分に役に立ったと言えるのです。

 

長い人生、時には、鏡を見て身だしなみを整えるかのように、占いを活用してみるのもいいかも知れません。

 

このたびは、貴重な体験談をお寄せいただき、ありがとうございました。

 

 

他にもこんな記事があります