霊的世界や超常現象とか“目に見えない世界”とはどう接したらいいの?
himanshugunarathna / Pixabay

占いはよく、超常現象や、霊的世界・霊的能力と一緒くたにされて語られますが、

「占いを利用すること」イコール、「超常現象を信じる、肯定すること」ではありません。

ここでは、

“目に見えない世界”(いわゆる、スピリチュアルの世界)との接し方

について、解説します。

気にしすぎて振り回されてはダメ!

これについては、個人的な感性や考え方が色濃く反映しますので、まず、私の個人的な見解を先に述べます。

 

「目に見えない世界」は間違いなくあると思っています。

「霊能力」も、ある人には、あるのだと思っています。

 

しかし、それが単なる思い込みなのか、本当の力なのかは、誰にも線引きすることはできないと思っています。

 

そして、いつも心に置いている結論は、

 

自分の目に見えないことや、自分がどうすることもできないことに対しては、気にし過ぎる必要はない

ということです。

占いの話に立ち返ると、

例えば、霊視によって、未来の自分の姿を見てもらったとします。

そしてそれが、理想の姿だったとします。

 

そんな時、誰だって喜ぶのは当然でしょうけど、そこで努力することをやめてしまっては、その理想の姿になれるはずもありません。

 

それが霊能力だったにせよ、占いの技術であったにせよ、

未来の姿を見通してもらうことは、

それによって、楽ができるということではありません。

 

「努力」はするのです。

未来の姿を見通してもらったとしても、その未来には、“自分の力で”たどり着かなくてはいけません。

→占いは人を助けない?占いの本当の役割とは?

 

これはつまり、

「未来は変えらる」ということになりますし、

 

霊視や占いがすべててなのではなく、

「あくまでも“主導権”は自分にある」

ということになります。

ですから、

“目に見えない世界”があったとしても、なかったとしても、

先を見通す霊能力を持っている人がいたとしても、いないとしても、

結局、自分次第、受け取り方次第なのです。

 

それをどう利用するか、活用するか、ということですね。

 

占いは、不安を軽くし、前進する力を得るためにあります。

反対になってしまったら、元も子もありません……。

※ちなみに、「スピリチュアル」とは、もともとキリスト教用語で、霊的であることや、霊魂に関することを指す言葉です。

いつだって違う見方は必ず存在する!

世の中には、科学では解明されていない不思議なことが、たくさんあります。

 

目に見えない世界が、果たして本当にあるのか、ないのか、

そこに“結論”を出すことが大事ではないのです。

 

例えば、

自分の身に起きた不幸な出来事を、悪霊のせいにするのは簡単です。

悪霊のせいにさえしてしまえば、自分の責任はなくなりますからね。

 

しかしだからと言って、そんな“ある意味、自分に都合のいいこと”を言ってくれる占い師に、喜んで多額のお金を払ってはいけません。

不思議なこともあるけど、説明のつくこともある

確かに、世の中には不思議なこともありますが、

その一方で、「事が起きるのには必ず理由がある」という合理的な考え方は捨てないでください。

 

例えば、たびたび、悪霊のせいだとされる“金縛り”だって、その人たちの生活習慣をよくよく調べると、

・寝つきが悪く、夜中によく目覚める人
・睡眠のリズムが不安定で、よく居眠りをする人
・睡眠時間が足りないと感じている人

だったりします。

規則正しい生活で睡眠不足を解消したり、仰向けより横向きになって、筋肉を少し緊張させて眠るようにすれば、金縛りなんてものは、ある程度避けられるのです。

 

どの考え方が正しい、というのではなくて、

 

自分とは違う「見方」や「考え方」も存在する!

 

ということを、常に認識しておくことによって、あらゆることに対して、冷静に対処できるようになります。

→占い師のカモにならないために知っておきたい考え方

(追記)どうしても霊が怖いあなたへ……

武士の心得を説いた江戸時代の書物、『葉隠(はがくれ)』には、こんな話が載っています。

 

鍋島藩の殿様が、不義密通した男女を手打ちにしたら、彼らが夜な夜な幽霊になって出てくるようになりました。

これでは、藩内の人たちも、怖くて外を出歩けません。

祈祷師を読んでお払いをしてもらいましたが、それでも霊は、なかなか退散しません。

困り果てた家来たちは、殿さまのところへ相談に行きました。

すると、殿様は、笑い飛ばしてこう言いました。

「あの2人は、殺しても殺しても飽き足りぬほど憎き奴らであった。それが成仏できずに幽霊としてさまよっているとは、多いに結構な話ではないか。ハッハッハ、よかったよかった、いつまでもいつまでも、幽霊のままで成仏しないでおればよい」

そうしたら、その翌日から、幽霊は出なくなったということです。

 

……この話を挙げて、何が言いたいかというと、

結局、霊とか幽霊とかいうのはその程度のものだと見ておけばいい

ということです。

 

頭では判断できない不思議な話によって、あなたに新たな気付きや視点を与えてくれたなら、そこは、上手に活用したらいいのです。

しかし、翻弄されてはいけません。

 

上でも申しましたが、

普通の生活にしっかりと向き合う覚悟のない人ほど、目に見えない世界に、責任を転嫁したがるものです。

 

霊は思念だけ、あなたには思念もあれば肉体もあります。

どうぞ自信を持ってください。

未来は、あなたのその手で、あなた自身がつくるのです。

→きちんとした占い師は人を脅したりしません

 

 

 

おすすめの記事